ブログ


HomeTown パリ blog offers you a selection of articles devoted to the destination パリ, its news, culture, activities and of course, its people

ナイトライフ

パリ最高のスピークイージー(もぐり酒場)バー

5 月前 - Léa D.

このミステリアスな場所の起源 コインランドリー、ピッツェリア、はたまた小さな裏口の後ろに隠されている禁酒法時代に影響された特別なトレンドがあるこのようなバーについて絶対に聞いたことがあるはず。実際に、米国では1920年にアルコールの製造・販売が禁じられ、複数の秘密のバーの開店へとつながりました。アルコールを購入する時に、バーデンだーがお客さんに「スピークイージー」と尋ねました。フランス語でそっと言ったので、それでこの表現が現在でもフランス語になっています。 2007年、このコンセプトはニューヨークのプリーズ・ドゥ・ノット・テルバーで繰り返されます。原則はシンプル:店に入り、小さなレストランの電話ブースから電話をしなければなりません。店はあっという間に成功して流行し始め、2011年にパリのマレ地区のカンデリアが登場しました。このパリジャンのスピークイージーは、メキシコ料理店の下の小さなドアからしか入ることができません。すばらしいナチョスを提供しますが…それだけではありません!現在、この場所はトレンドのポップミュージックをバックに、ヨーロッパ最高のカクテルの場所のひとつとして知られています。地図はオリジナルで定期的に更新されます。この場所はかっこいい。値段と質のバランスがすばらしく、確かにマレで最も避けがたい場所です。2016年にTimeout賞を受賞しています。 ここだけは、隠れたバーは、定義上は…hidden! 次回のパリ滞在の時に試してみる最高の場所はこちらです! お気に入りの場所 シンジケート 目立たない外観、壁のポスター:これは、このスピークイージーのほっこりとしたシックなインテリアとはっきりとコントラストを成しています。10区のフォブール・サン・ドニ通りにうまく隠れています。カクテルバーで、意外な材料、珍しいフレンチリキュール、そして特に特殊な使命で成り立っています:青-白-赤の精神主義を守ること。メニューは、フランスのウィスキー、洋ナシ、リンドウ、カルバドスをベースに提供されます。すべて100%のオリジナルで新たなフレーバーを作り上げるために丁寧に正確に務めました。友人と一緒でもカップルで来ても、この場所は、セントラルバーがある最初の部屋で飲むのを楽しむのにピッタリ。または、2番目の部屋があるカーテンの裏のもっとソフトな雰囲気の中でも楽しめます。 ムーンシャイナー 英語のムーンシャイナーの意味は、アルコール密輸業者。禁酒法時代に地下のバーを供給する役割だったことが分かります。このスピークイージーは、自然な成り行きで名づけられました。本当にうまく隠れているのです。11区のスデーヌ通り5では、ピッツェリア・ダ・ヴィートを見つけます。ひんやりとした部屋を抜けると、ついに30年代のバーの抑制された雰囲気の中にいることが分かるでしょう。壁にステンシルで描かれた金色の模様、バーテンダーにブルーノート。おかわりしたいカクテルのバリエーションの中で、ウィスキーは、この驚きの場所の最高の飲み物。この場所の秘密は、禁煙室の金庫:コードの組み合わせを見つけて、そこでボトルを獲得しましょう。 もちろん、お望みであれば、最初にピッツェリア・ダ・ヴィートに気軽に立ち寄って、おいしいこと間違いなしのおいしいピザ、ブッラータや、その他の手作りサラダで味蕾を満足させましょう! スピークイージー このグルメのピアノバーは、パリ滞在中に絶対に逃せない場所。2011年にパリ16区の目立たない通りにオープンしました。オーナーは画商で、20年代にさかのぼってこの場所を魔法の場所にしました。このほっこりとした雰囲気の中に入り、コニャック、リコリスリキュール、ライム、ジンジャーエールベースのシグネチャーカクテル「スピークイージー」や、マンゴージュース、オレンジ、パッションフルーツ、バナナを混ぜたアルコールフリーのカリビアンを楽しみましょう。他のメニューも選ぶには事欠くことはありません:トリュフピザ、ビーフテンダーカット、サーモンフィレ。料理は洗練されていて美味です。 裏では、世界中のアーティストがやって来て、ピアノやサクソフォンを演奏しています。ハーレムのキャバレーやブロードウェイの雰囲気を思い出させます。ここにはDJはいません。最もエキサイティングな趣とボヘミアンな雰囲気の中、ライブと本物があるだけです。 最新 ラヴォマティック 首都の新しいスピークイージーは、ラヴォマティック。10区のコインランドリーの1階に隠れています(レネ・ブーランジェ通り)。コインランドリーに入ったら、カムフラージュのボタンを探して、ラヴォマティックに行きます!ここはポップ、カラフル、オリジナルの装飾が癒してくれて、馴染みやすい雰囲気を与えています。クッションに快適に座って、メニューを見ましょう。フルーティでカラフルなサプライズをたくさん用意しています。「バジル・インスティンクト」は生のバジル、キュウリ、ライムジュース、コーディアル・エルダーフラワーベース。「デトックス・オマティック」はもっと冒険的。ビーツ、ブラックカラント、アーティチョークリキュール、ジン、レモン、グレープフルーツで作られています。その他多数の100%オリジナルカクテルがあなたを待っています。上質な素材と季節を取り入れた小皿料理をお伴にカクテルを楽しめます:ザクロのキャラメリーゼ・フィレミニョン、ジンジャーセビチェ、ジンジャーキューカンバー、カンタロープ・オーガニックファーム・ハム… 待たずに発見してこの個性的な場所を楽しみましょう! バラナーン インド料理好きの方には、このナーンバーがピッタリの場所。入り口には名前が書かれておらず、最初はインドスタイルの喫茶店に近づいている感じがします。場所の本当の中心に到着したら、ウェイターの所に行って”Where is the train?”と、尋ねましょう。その後に、すてきなお香の香りを伴って本物の旅に乗り出します。2015年にオープンしたこの魅力的な場所ではインドのカクテルだけでなく、ナーンやケバブのような特性料理も提供しています。 お店は、長さがビンテージの列車のようなデザイン。革のシートに「窓」、または風景をスクロールするスクリーンがあります。私達の本日のお薦めは、「タージマ」。ラムとパイナップルジュースと混ぜ、生のココナッツに入れて提供されます。

さらに読む
パリ最高のスピークイージー(もぐり酒場)バー

パリ最高のスピークイージー(もぐり酒場)バー

シークレット

エキゾチックなパリ:首都を離れずに世界を回る

7 月前 - Valérie D.

パリはいろいろな意味でも世界の首都。街では人々の出会いやさまざまな伝統の融合を見てきましたが、5大陸からのこの影響の痕跡を維持しています。パリを離れずに世界を回ることは、地下鉄のチケット費用または数歩先でアクセスできる冒険。海外の影響に感化された建築物や庭園、さまざまな所から取り入れた味や香りなど、パリは、エッフェル塔の風景を損なわずに世界の四つ角につながる多数のスポットを提供します。あまりに多すぎてすべての場所を載せることはできませんが、我々が特に注意を払っている一握りの場所をご紹介しましょう… さあ、シートベルトを締めてください。すぐに出発します! 至る所の文化 「パリは大きなかたまりの価値がある」国王ヘンリー4世は言っていました。それを祝うために、パリにはノートルダムがありますが、それだけではありません。1861年以来、フランスの首都には聖アレクサンドルネフスキー大聖堂があって、西欧州にあるロシア正教会の大司教区の所在地です。ビザンチウム=モスクワスタイルの教会は、18世紀末以来フランスにおいてロシアの存在の証人。その特徴的な後陣は、黄金の球で飾られた矢で囲まれていて、ロシアの八端十字架で覆われています。ここにガーゴイルはないものの、パリの8区にいながらロシア気分。 恐らくもっと有名なのは、パリの大モスクの33メートルの高さのミナレット。北アフリカの建物をモデルにして1922年に建立されました。パリジャンは、スペイン=ムーア風の建築物の陰に、首都最高のミントティがあることを知っています。有名なティールームでオリエンタル風のペストリーに飲み物を添えて、ハンマーム(公衆浴場)を楽しんではいかがでしょう。訪問者は祈りの部屋をちらりと見て、それからアンダルシアンに影響を受けた庭園を散策する前にパティオを訪問しましょう。白い大理石、マルチカラーの柱にゼリージュ、東洋のヤシにカーペット:レバノンのスギのドアを抜けると、5区中心の景色の変化が約束されます。 もっと遠くからの精神的な旅には、ヴァンセンヌ大塔やそのカギュ・ゾン寺院を発見することもできます。この禅の隠れ家はタイから寄贈された欧州最大の金箔の仏像。パリの反対側には、ラ・シャペル駅付近のスポットライトにある最も大きなヒンドゥー教:インドとスリランカの文化が広がっている「リトル・ジャフナ」というあだ名の近郊に歓迎されています。sarisショップとタミル・グロッサリーストア間、ガネーシャに奉納されたガネーシャ神寺院にあります。シヴァの息子の象の頭の神は、ここでは9月の盛大でカラフルなパレートの間にお祝いされます。 エキゾチックな緑樹のオアシス パリの大きなメトロポリスの少ない青々とした緑樹の中に並外れた庭園が少しあります。最大のものは、ヴァンセンヌの森にあるアグロノミー・トロピカル庭園。1907年の植民地博覧会に向けて正式に開かれたこの緑のスペースは、2006年に大衆向けに再オープンされました。熱帯植物が点在する植物の中心ではアフリカやアジアのパビリオンの残りを見ることができます。 アルベール・カーン博物館の公園は好ましいものです。旅する博愛主義者の旧地は、博物館の周りにイギリス・フランス・日本庭園が寄せ集めています。2つのデッキ間の島ではセコイア、桜、竹、小石、鯉も欠けていません:まるで日本のようです。 国立アジア美術館にあるエデルバック館の庭園 – パリ16区のギメ – も理想的な自然な方法で日本式の庭園技巧を反映しています。訪問するなら春がベスト。マスター大工のヤマモト・タカアキ氏が建てる伝統的な茶会が専用パビリオンで開催されます。 変わった建築物 異国情緒のタッチでパリを飾るこの変わった場所では、パリ国際大学都市に触れることを忘れないでしょう。RERシテ・ユニヴェルシテール駅を出ると世界のすべての言語がすでに聞こえてきます。というのは、このキャンパスでは140か国から12,000人の生徒を迎えているから。世界建築の有名人(ルシオ・コスタ、 ル・コルビュジエ、クロード・パラン)にデザインされたいくつかの40階建ての建物にいることができてすごく幸運です。ここでは、すべての国のスタイルがイラン、韓国、日本、アルゼンチンの家やスペインの大学と融合しています。 8区に孤立していて一層華やかなメゾン・ローは、赤い屋根で見物人を驚かせます。中国に影響された塔で、国を懐かしんだ画商M.ローの旧私邸は、今では私立博物館となり、民営化にできる展示会やサロンを提供しています。驚きの外観と同様にエキゾチックなインテリア装飾を発見する機会。 遠くからやって来た味わい もちろん、レストランは美食の世界の中心地では欠かせません。でも、味蕾に味の変化がほしい場合には、パリのどこで食事をしますか?もちろん、洗練されたアジア料理を楽しんで春巻きやお寿司以外のものを発見するためには、パリジャンはオペラ地区のサンタンヌ通りにある最高の日本食レストラン、または最も本物の中国料理には13区の「チャイナタウン」地区のショワジー通りに精通しています。 ファラフェル好きな人はマレで食品を探しましょう。本物のマリのマフェを味わいたい?グット・ドール地区、地下鉄シャトー・ルージュにはアフリカ製品に特化した食料雑貨店が揃っています。インドの香りをお探しですか?それなら、パサージュ・ブラディで見つけることができます。この「リトル・インディア」では、カラフルな軒先の裏に最も辛いスパイスが隠れていますよ。 よく知られていない、選択肢が多い近郊があり、パリにはオスマンの景色にほとんど変名で融合している多数の食事場所があります。タイ料理、メキシコ料理、アルゼンチン料理、ペルー料理。セーヌ川から遠くない場所で全部見つかります。パリにあるすばらしいエキゾチックなレストランの中から、皆様のためにインドネシアの美食をテストしました:よく知られているインドネシアはルクセンブルク庭園の近くにあります。ほとんど秘密の入り口の後ろでは、火山列島の文化を呼び起こすパペットやマスクで飾られた竹の装飾を見つけます。ここで提供される国の料理にはナシゴレン(チャーハン)やサテ・アヤム(ピーナッツソースを添えたチキンの串)はジョグジャカルタやウヴドへ気持ちを運んでくれます。伝統的なガムランの音に…信じて!

さらに読む
エキゾチックなパリ:首都を離れずに世界を回る

エキゾチックなパリ:首都を離れずに世界を回る

ナイトライフ

パリで夜に一杯飲む5か所のバージ

8 月前 - Valérie D.

パリで夜に一杯飲む5か所のバージ パリはパーティ!‥はい、でも、首都のすべてのルーフトップには行っていますよね。水辺であなたのアイデアをリフレッシュする時!セーヌ川沿いを散策することはパリジャンのお気に入りのスポーツ。セーヌ川の岸は歩行者に開かれているので、この趣味は長い夏の夜にピッタリ。以前にも増してもっと楽しくなっています。セーヌ川沿いの公園では、パリの波止場沿いにドリンク、食事ができるテラス、ダンスができるバージ、パーティをする浮かぶダンスフロアを楽しめる多数のバーを見つけます。トレンディな場所またはのんびりとした気分転換など、パリのバージは今ではすべての経験を満足させる幅広い選択肢を提供しています:こちらが我々の「トップ5」。川の近くにあります。 ローザ・ボヌールの眺めでひんやり ローザ・ボヌール・シュル・セーヌは、フランス首都の住民に人気の他の場所の一群に3番目に設立されました。2014年以降、美しく飾られたアレクサンドル3世橋のたもとにあるローザ・ボヌールは、すでにクラシックなパリの夜。パリが荘厳で贅沢な場所である中心には、フラミンゴが飾られた親しみやすいバージがセーヌ河沿いを散歩している人にリラックスできる憩いの場を提供します。構造を尊重してユネスコ世界遺産に分類されていて、タパスや薪で焼く有名なピザを堪能しつつロゼワインを飲む人もいれば、ダンスパーティの時にリズムの波へとダンスフロアを楽しんだり、2つのサッカーの試合の間のポップロックコンサートの音に乗っている人もいます。コツを得ましょう。夕日は後ろに沈みますが、それは知られていることです(ひとりにならないように計画しましょう…)。 ローザ・ボヌール・シュル・セーヌ - Port of the Invalides, 75007 パリ 営業時間 :  バージ: 日曜日:11:30 ~ 22:30、月曜・火曜:正午~22.30 、水曜:正午~0:30、木曜~土曜:正午~1:30  テラス: 毎日正午~夜中(天候次第)  ピザ: 水曜~日曜のランチとディナー マクローでシーサイドの雰囲気 船の準備完了!別の岸、別の雰囲気、浮かんでいるバーレストラン、レ・マクローは5月1日にテラスを再オープンしました。10月まで海の雰囲気を運んでくれます。サン=ルイ島を見渡しながら、毎週招待したDJと共にレストランが提供する音楽の雰囲気、高いテーブルとソファは、ゲストに現代風と温厚な確実性を絶妙に融合して提供します。ブルターニュの新鮮な牡蠣、ユー島の貝やスモークフィッシュを堪能することができます:一言でいえば、プラタナスの木の下のこの美しいバージで夜を過ごしましょう。ちょっとバケーション気分。シーフートを味わった後にはカクテル。ダンサーが夜中の2時まで出航して、ハウスボートはクラブとなるので、夜が終わるまでボートをお楽しみいただけます。 レ・マクロー - Quai de l'hôtel de ville, 75004 パリ 営業時間: 火曜~金曜: 17:00~ 2:00、土曜:12:30~2:00、日曜:12:30~21 :00 プチ・バンで大きな文化の融合 「バージ」とは実際には呼べないお気に入りのボートを入れて、ちょっと一杯食わせましょう…でも自然で日焼けすることなく、セーヌ川で日向ぼっこをする回り道の価値があります。アンコール・ウールーの建築家集団がデザインし、都会の環境に停泊されたプチ・バン バージは「浮かぶ文化施設」と定義されています。この小さな船のプログラム全般(出航したことはありません)は、2011年にLa Guinguette Pirate協会のクリエーターの発案から生まれました。協会は1995年にセーヌ川の所有権を手に入れた最初の文化的関係者のひとつで、コンサートホールに遺産のボートを修復しました (Pirate GuinguetteとBatofar)。 プチ・バンは社会・文化・経済を一緒にもたらす最初のアイデアを維持してまま…川岸を楽しむ喜びです。この場所はいわゆるオフロードスペースで、ビブリオテーク・フランソワ・ミッテランのたもとでおいしい食事をしてドリンクを飲み、音楽を聴き、展示会を称賛して楽しむことができます。パリ13区の本物の文化の中心、プチ・バンは新進芸術家のコンサートに450名収容することが可能で、レストランには70席あって、さまざまな影響を受けた季節の料理を発見できます。この心地よい場所の他の魅力的な所:ループトップテラスと水生園はカラフルなランタンの下でパリの夏を楽しむ理想的なセッティングを提供しています。 プチ・バン - 7 Port de la Gare, 75013 パリ 営業時間: 火曜・水曜:18 :00~夜中、木曜~土曜:16 :00~2 :00、日曜:16 :00~夜中 Marcounet乗車で誰もが言う「アイ・ラブ・ユー」 歴史あるパリの右岸に戻り、マリー橋のたもと、市庁舎とサン=ルイ島の間にある1925年に建てられたハウスボートMarcounetはウッディ・アレンのParis by nightや50年代のハリウッド映画にゲストを夢中にさせます。実際にすべてそこにあります:セーヌ川とその島々、真っ赤なダンスパーティ、ポップやブルースのコンサート。小さなワインバー、小さなジャズクラブ、悪くないボボ、完璧なカクテル。フランスの首都のエピナルのイメージで遊ぶのにすばらしいパリジャンの場所。190名まで収容できる美しいテラスの準備が整ったら、Marcounetは「氾濫」して、テーブルに変わった木製のパレットの波止場に水が流れます。コンサートのために予約された橋の控えめな雰囲気は、パリの舗道にある夏のアペリチフのお祝い騒ぎとは対照的。中のように外でも、人は温かくてすぐに自宅にいるように感じます…サンデー・ブランチに戻って来てもいいほど、いかがでしょう? Marcounet バージ - Port des Célestins, マリー橋のたもと, 75004 パリ 営業時間:午前10時~夜中 La Balle au Bondでパリの魂をとらえる 夕日を称賛しながらルーブルと向かい合ってパリで一杯飲みましょう。人々が求めているものは?これは伝説のポンデサール界隈で La Balle au Bondバージが提供しているもの。プチ・バンとして、大衆はセーヌ川の岸によるにリラックスするためにやって来ます。コンサート、展示会またはその他文学的な会議の豊富なプログラムの場所を堪能することで楽しみはさまざまです。料理の祭典としては、オープンエアの大きなテラスまたは中のリビングルームで、もっぱら新鮮な食材を取り入れた融合と季節の料理を味わうことができます。特に場所が良く、白いボートはパリで最もエンブレム的ないくつかの地域の一部に広がることができます:テュイルリー、ルーブル博物館、カルチェ・ラタン、少し離れたパリのノートルダムなど。 The Ball at the Bond - Port des Saints-Pères 3 Malaquais wharfの反対側), 75006 パリ営業時間: 水曜~日曜:11:30 ~19:00

さらに読む
パリで夜に一杯飲む5か所のバージ

パリで夜に一杯飲む5か所のバージ

イベント

パリの印象派の海外を見る

11 月前 - Julie D.

印象派はフランスだけでなく世界中の芸術史に跡を残してきました。19世紀の終わりには多数の若い画家がパリのエコール・デ・ボザールでつまらない古典主義の教えに飽き飽きしていて、新しい見方を考えだしていました。最新の科学の発達、特に光学に感化され、光の効果、水のきらめき、日光の回析、木の葉がまだらの影を作る方法、つまり特色を再現したいと思っていました。 思考が想像するように現実を表すということは、彼らにはまったく関心がなさそうです。彼らがしたいことは、視覚的な感覚の即時性、輝く反射が目に触れる方法です。デジタルピクセルに似ていて、印象派がキャンバスに描く色のシミは現実により近づける方法でイメージを再構成します。タッチを加えるごとに我々の経験により近い印象が明らかになり、水がきらめく明るい午後、床に木の葉が作り出す暗闇などが青や緑の予期せぬ色調を表します。 少女の頬の緑色の反射?!スキャンダル!しかもそれが私たちの資格認知の現実。 クロード・モネが「印象・日の出」と呼ぶ絵画はその正式名に動きを与えます。Salon Officielで何度も拒否された後、印象派は徐々に勝ち取って行きます。それが怠惰または道楽であるとみなすことの前で大衆は愚かではありません:急いでキャンバスにかけた色のシミ、野外にて数時間で描かれた絵画。スタジオでの想像・現実化・仕上げの代わりに日光が美しい限り、古代神話からではなく毎日の生活から引き出されるテーマなど、すべて新しく、より古典派に馴染んで来た見物人が溢れます。 現在、印象派には雪辱の機会があります:世界中で賞賛された彼らの絵画は思い出、コーヒーカップ、Tシャツ、冷蔵庫のマグネット、キーホルダーの小さなものを飾ります。それでも品質を落とした複製とはかけ離れていて、芸術史を改革したこの傾向の多数の絵画をパリで賞賛することができます。現在、パリの印象派の名作を保有している3つの主要美術館を見学してみましょう。 パリの印象派の絵画を見る:オルセー美術館 美術館は、セーヌ川岸辺の旧オルセー駅の厳選された場所にあります。壮大な建物は1900年のパリ万国博覧会のために建てられたものです。 絵画はもちろんのこと、写真、彫刻、装飾芸術、グラフィックアートなど印象派のコレクションが揃っています…オルセーでは多数の印象派の有名な絵画を見つけることができます。ほんの少し例を挙げればギュスターヴ・カイユボットの「床の鉋かけ」、ポール・セザンヌの「カード遊びをする人々」、カミーユ・コローの「The Willows at the Water's Edge」のほか、複数のクールベやドガの作品があります。アルルの「ファン・ゴッホの寝室」もあるほか、「農夫の休息」や「オーヴェルの教会」もあります。 言い換えれば、美術館はフランスや欧州の19世紀後半の絵画などの絵画好きな人には欠かせません。時間を取って、カフェやミュージアムショップで休憩するとさらに良いでしょう。 オルセー博物館 - 月曜以外毎日開館 9:30~18時、木曜は21:45まで - 1, rue de la Legion d'Honneur, 75007 – メトロ12 ソルフェリノ駅 – PER C ミュゼ・ドルセー駅 – 入場料 12ユーロ、割引料金 9ユーロ – ご注意、チケットは持っていてください:8日以内にギュスターヴ・モロー美術館、ガルニエ宮、ジャン=ジャック・エンネル美術館を訪問すると割引料金が適用されます。 パリでモネの水蓮を見る:オランジュリー博物館 オランジュリーに来る人は最初に目玉作品を見ます:クロード・モネの巨大なフレスコ画「水蓮」です。クロード・モネは30年以上の間、ジヴェルニーの所有地の水蓮の池の影を休むことなく描きました。結果は250枚以上の絵画で、オランジュリー博物館の記念碑的なフレスコ画は最も人気があります。ガラスの屋根で持ち上げられた2つの楕円形の部屋に広がっていて、終日、四季の池を表しています。瞑想の時と桁外れな美しさを提供しています。 美術館には19世紀後半から20世紀初期の豊富なコレクションも備えています:セザンヌ、ゴーギャン、マリー・ローランサン、マティス、モディリアニ、シャイム・スーティン、ピカソがずらっと並んでいます。 特別展 2018年8月20日まで このすばらしい展示会では1955年にニューヨークで展示された大きな水蓮のキャンバスや、ポロックやロスコの作品などのニューヨーク抽象派学校の作品を紹介しています。   2018年10月17日~2019年1月14日 ポーラ・レゴはティーンエージャーの時に故郷ポルトガルを離れロンドンに移りました。スレイド美術学校でフランシス・ベーコン、ルシアン・フロイド、フランク・アウアバーク、デイヴィッド・ホックニーに会います。妥協しない絵画で、ポーラは権力闘争と女性の境遇を呼び起こす残酷なシーンを描いています。 オランジュリー博物館 - 火曜日以外毎日開館 9~18時 - Tuileries Garden, 75001 – メトロ1、8、12 コンコルド駅 – 入場料 9ユーロ、割引料金 6.50ユーロ - オンラインでチケットを購入して家で印刷することが可能です。 パリのその他の印象派絵画を見る:マルモッタン・モネ美術館 オルセー美術館は訪問者の「獅子の分け前」を受けるかもしれませんが、マルモッタン・モネ美術館には印象派芸術の非常に豊富なコレクションがあります。すばらしい寄付で少しずつ築かれました:「医者の娘」、「印象派」、ジョルジュ・ド・ベリオ、クロード・モネの次男はそれぞれの父親のコレクションを遺言で譲り、この基盤が長年に渡って豊かになりました。 美術館は、複数の最も美しい古代の絵、ジョルジュ・ウィルデンステインコレクションのほか美術館設立者のポール・マルモッタン(ところで明らかに印象派を嫌っていた・・)のものである第一帝政の絵画やオブジェクトのコレクションの本家です。 特別展 マルモッタン美術館の特別展を発見するためには、ウェブサイトの「Exhibition in progress(開催中の展示会)」と「Exhibition to come(今後の展示会)」ページを訪問しましょう。 2018年7月8日まで カミーユ・コローの有名な風景画は彼がすばらしい肖像画家でもあったことを思い出させます。彼の絵画ではファッショナブルなキャラクターや控えめな特徴のない人を表現していて、いつでも当世風が多々備わっています。この展示会ではヨーロッパ(チューリッヒ、リオン、マドリードなど)および米国(ワシントン、ニューヨーク)全土からの一般および個人コレクションから約60点の絵画が揃っています。 2018年9月13日~2019年2月10日 この桁外れな展示会は、通常は一般に公開されていない個人のコレクターから借りた作品を約60点揃えています。これは、モネ、ドガ、カイユボット、ヴュイヤール、ボナール、ドラン、ヴラマンク、マティスなどの印象派やフォービズムのすばらしく有名な画家の絵画を初めて見る貴重な機会です。 マルモッタン・モネ美術館(ダウンロードする美術館通知) - 月曜以外開館 10~18時、火曜日は21時まで  - 2, rue Louis Boilly, 75016 – メトロ 9 ラ・ミュエット駅、PER C ブランヴィリエ駅 – 入場料 11ユーロ、割引料金 7.50ユーロ

さらに読む
パリの印象派の海外を見る

パリの印象派の海外を見る

カルチャー & アート

違う方法でベルサイユを訪問:宝探し!

11 月前 - Julie D.

ベルサイユはパリ訪問時にはどんな状況でも逃せない目的地のひとつ。だって、お城は大きくて美しい。しかもその歴史はすごすぎるようで…でも圧倒されずに訪問を楽しむ方法は? 例えば宝探しはいかがでしょう?ここには歴史あるベルサイユを代表する物が4つあります。お城のギャラリーで見つけられるでしょうか? ベルサイユ訪問:役立つヒント ベルサイユは旅行者にとても、とても、とっても人気… 切符売り場では、こちらのオンラインでチケットを購入しない限り、列を作って時間がかかります。しかし、ガイドツアー付きのベルサイユへの小旅行を催すにはHometownにお任せください。そうすれば行列ともおさらばです! お城自体は、ハイシーズンには月曜を除く毎日午前9時から午後6時半まで営業しています。小トリアノン宮殿と馬車ギャラリーは正午から午後5時半までと午後だけの営業となります。 混むので、火曜日と週末を避けることをお薦めします。混雑予想を見るためには、お城のカレンダーを確認することもできます。 公共機関でベルサイユに良くこともできます。以下の複数の方法があります: ベルサイユ・シャトー・リブ・ゴーシュ駅までPER Cを利用 モンパルナス駅からベルサイユ・シャンティエ駅まで サン・ラザール駅からベルサイユ・リヴ・ドロワ駅まで ポン・ドゥ・セーヴル駅(メトロライン9の最終駅)からRATPバス路線171でお城まで行く あらかじめお知らせしておきますが、バスを除くこのすべてのオプションは、到着まで歩かなければなりません(駅から10~20分)。シャトルのベルサイユ・エクスプレスもあり、ベルサイユ宮殿まで直接向かいます・シャトルはエッフェル塔近くのケ・ブルドネから出発します。 お城のゴールデンゲートを通り過ぎたら、4つの物を見つけましょう! マリー・レクザンスカの肖像 マリー・アントワネットに比べて知名度の低い、ルイ15世の妻マリー・レクザンスカですが、注目すべき運命以上のものがあり、マリー・アントワネット同様悲劇的なものでした。 1725年、ルイ15世は病弱なことをとても心配していました:跡継ぎなくして死んだらフランスの王座はどうなるだろうか?再び病気で寝込み、王の側近はパニックになって子供を授けることができる年齢の妻を探しました。複雑な法廷の策略の末、ポーランド王女のマリー・レクザンスカが選ばれました。マリーは将来の夫よりも7歳年上でした。 これは最初の選択です:家柄に十分に名声がなかったので、王女は最初除外されていました。しかし、ベルサイユ法廷でどの党を脅かすこともなかったので、ついに選ばれました。王女は法廷では支援がなく、隔離されたことが分かりました。ルイ15世との間に8女を含む10人の子供をもうけましたが、息子はひとりしか生き残りませんでした。 マリーは内気というよりも非常に信仰深くベルサイユで自分の場所を見つけることができませんでした - 多くの才能に欠けていて、フランス語の「軽快さ」をマスターしなかったからです。 この肖像を見つけたら、ヴィクトワール・アパートメントに行きましょう!この肖像は本当に女王を喜ばせ、その複製を何枚か持っていました。女王としてのステータスを示さずに、街の衣服を着て控えめに見えます。 <<ルイ14世>>の振り子 1706年、時計屋のアントワン・モランは王に自分の作ったすばらしい時計を見せます。ルイ14世を喜ばせるためにモランは王に気取って差し出しました:時計は正時に鳴って2つのプットがメッキ金属を打つと、王が現れて名声の女神が冠をかぶせます。時計は精巧な寄木細工の箱に据え付けられています。 ベルサイユ宮殿の他の物と同じように、時計は革命時に多数の変遷を経験しました。革命の時計屋は、共和制のエンブレムに交換するために王室紋章を取り外し、「自由の振り子」の時計を作りました。ルイ18世が購入して1819年にベルサイユに返還されました。宝探しのステップ2:時計はメルクリウスの間にあります。 非常に美しい精密さがある、ぜんまい仕掛の宝、天文時計を見逃さないようにしましょう。 <<アメリカ独立の>>枝付き燭台 この燭台は当時、欧州の法廷にしっかりと根付いていたトレンドを表しています:多数のシンボルで特別な日を祝う、または記念する物です。宝探しのステージ3では、元の場所の王のインナーキャビネットにこの枝付き燭台を見つけることができます。 燭台は、ヨークタウンの勝利(1781年)を祝って1784年に作られました。ブロンズに精巧に彫刻された戦闘のさまざまな主導者を象徴化した動物やエレメントを見つけることができます:ヒョウ、オンドリ、人魚、船。 ヨークタウンの包囲戦はアメリカ独立戦争のターニングポイントで、アメリカ反政府軍に対して英軍を戦わせました。これはフランス軍の支援と強化で戦いました。アメリカ側ではロシャンボー公とワシントン将軍がニューヨークを進軍することにしましたが、イギリス側は、コーンウォリス将軍がヨークタウンで燃料補給をするために軍を率いました。 ロシャンボーは戦略を変えることにして、ワシントンには知らせずにコーンウォリスを戦うためにヨークタウンを進軍することにしました。賭けは危険でしたが、英軍戦士の数は多くなく、マラリアで衰弱していました。チェサピーク湾にフランス船隊を強化して、アメリカの勝利は確実となり、英軍は1781年10月19日に降伏しました。 小トリアノン宮殿のマリー・アントワネットのアームチェア ベルサイユ訪問で一番驚くことのひとつは家具。世界中で真似られ賞賛される18世紀のベルサイユの家具はファッションへの影響も止みません。この素敵なアームシェアはマリー・アントワネットが寝室を仕上げるために注文したもので、小トリアノン宮殿で見つけることができます。宝探しの最終ステップ! 革命のわずか2年前の1787年に王妃が注文した小麦の穂・スイカズラ・ジャスミンで装飾されたセットの一部です。マリー・アントワネットはあまり長く堪能することができませんでした… 植物の装飾はマリー・アントワネットが小トリアノン宮殿に与えたかった田園風のインスピレーションにうまく合っています。この城は堅苦しいベルサイユの雰囲気に息が詰まった時の王妃の憩いの場でした。 ここはマリー・アントワネットが自分の好みで作りたかった場所:洗練されたシンプルさは、当時大流行した「スイス・シャレー」のスタイルに感化されていいます。法廷の洗練された洗練さと大都市の堕落に反して、多数の貴族がシンプルライフを熱望していました – または少なくともシンプルライフとは何であるかを思い出させるスタイルでした! まあとにかくあまり多くを押しつけるべきではありません:この「自然に帰る」は非常に洗練され、快適な家具一式に特にはっきりと表れています!アモー・ド・ラ・レーヌ農場が農場としてうまく機能していたにも関わらず、マリー・アントワネットはまったく女性羊飼いではありませんでした。ドレスアップ以外は… 訪問の仕上げ:違う方法でベルサイユを見ましょう コンテンポラリー・フォトグラファー兼アーティストであるJean-François Rauzierは驚くべき賭けを始めました:ベルサイユの写真を何千枚も撮り - 一緒に縫って宮殿の夢のような眺めを手に入れるというものです。無限の階段、万華鏡のギャラリー、迷路の図書室… 成果は息を呑むもの。ベルサイユを壮大な本Hyper Versaillesに捧げました。(ここから見ることができます) このビデオでは、アーティストがベルサイユのパリ市庁舎の階段のすばらしいラインに適用させるテクニックを説明しています。

さらに読む
違う方法でベルサイユを訪問:宝探し!

違う方法でベルサイユを訪問:宝探し!