カルチャー & アート


セクションカルチャー & アートのすべてのHomeTown ブログ記事をこのページで見つけられます。

カルチャー & アート

首都中心の日本の文化

8 月前 - Léa D.

19世紀、日出ずる国が世界に開放されました。その後、フランスと日本は密に文化的につながり、相互の魅力を開花させてきたと言えるでしょう。世界の反対側にあるこの国に対する日本の称賛は日本の洗練さのお陰で誕生しました:映画、料理、芸術。すべて日本が卓越しているものです。 日本文化に感化された欧州芸術をジャポニスムと言いますが、フランス人がこの美しい国に関して情熱を持っているならば、日本人は無視されません。アラン・デュカスなどのフランス人シェフや映画は、すべて日本の範囲にあります。 しかし今日のトピックに戻ると、日本の文化はパリジャンの日々の生活にすっと入って来ることになったようです… 日本の芸術、視覚的な楽しみ 日本の創作性は多数の展示会、映画、ショー、カンファレンス、ワークショップを通じてパリのスポットライトにあります…誰にでも何かがあるのです。ノウハウや物に対する精通さのほか、伝統的な芸術は日本文化の中核にあります:日本人にとって、芸術は美、エレガンス、平静、禅の精神を意味します。 パリのLa Maison de la culture du Japan は複数のイベントにハイライトを当てていて、多様で洗練された文化に没頭することができます:人気絵画の展示会、東洋から西洋に渡るカンファレンス、ショーや菅野潤のピアノなどのさまざまな楽器コンサート。指圧クラスなどの多数のワークショップを利用することができます。 The Guimet Museumは19世紀からアジア芸術に専心していて、日本に捧げられた多数のコレクションや展示会があります:何十年もの間、日本芸術の多様なパネルを提供しています。展示会は期間限定です:前述の博物館のウェブサイトに進んで、「展示会」タブをクリックするだけです。お子様向けのヨガクラスのほか、物語を語るワークショップが学校の休暇の間に時々催されます:お子様に日本文化の美しさを紹介するとても楽しい方法です! 料理の秘密 パリにある日本料理レストランの数を不思議に思う必要はありません…無数にあります!首都の通りをすでに散策している、すぐにそうする計画があるなら、この事実を確認することができます。 パリの日本の味を味わうためには、サンタン通りに向かいましょう。お寿司、とても有名なラーメン(このおいしい1杯のどんぶりを味わうために時に1時間待つことも)など日本食レストランが山ほどあります。多数のレストランが集まっている長所がありますが、首都のどこにでも隠された小さな宝物がありますよ… こちらは、私達が選んだパリにあるベストアドレス: ラーメン・ボウル 絶対的なファンでもただのファンであっても、おいしいラーメンを楽しむ究極の場所をあなたのために見つけました。洗練された温かい装飾、軽木材の家具、明るいバー。ラーメン・ボウルは現代の日本の屋台。オープンキッチンから、日本人シェフやチームがこの有名なスープのレシピを準備する所を見ようと好奇心がそそられます。 44 rue de Ponthieu Such. : 09 81 27 77 16 札幌 サンタン通りにあるこの日本食レストランはいつでも混んでいます。ここの名物はラーメン。それで、この人気の親しみやすい雰囲気があって、だしから作られたこの伝統的なとても有名な料理、「ヌードルスープ」を楽しむためだけにあらゆる所から人々がやって来ます。料理は12~15ユーロのお手頃な価格で本物のごちそう。 37 rue Sainte-Anne やすべえ 言われる所によると、ランチタイムに日本人がいる日本食レストランは、良い日本の場所だそうです!これは、伝統的な料理のレストランやすべえのこと。非常に禅の雰囲気がある装飾で、落ち着いて洗練されています。お気に入りの料理は、ほかならぬ有名な弁当。中で食べる本物のタップリ入った日本のピクニックランチです。 9 rue Sainte-Anne The 3 chocolates 甘い物が欲しい人全員のために、マレーに西洋とアジアの味わいを融合したショップがあります: The 3 chocolates。あらゆる種類のチョコレートやフルーツスイーツがあって、最高の技巧で作られています。 45 rue Saint-Paul アキ・ブーランジェ 甘い物の締めくくりなら、日本伝統芸術の中で最高のフランスのクラシックを立ち返らせたこのベーカリー。商品の品質はオリジナルで厳密です。 16 rue Saint-Anne 漫画、避けられないもの 漫画は日本のコミック。漫画という言葉は、拡大して、人気の日本の作品のコードを尊重する日本のコミックでない続き漫画を呼ぶために時に使用されます。フランス語に翻訳された漫画は普通、オリジナルのままで読まれます。つまり右から左です。 フランスは日本について世界第2の漫画消費国:漫画が大好きです。パリではハッピーを見つけるでしょう。我々の一番目のお薦めは:manga coffee(漫画喫茶)。日本のコンセプトで、大きな漫画図書館を利用できるようにしたストレスフリーの、くつろぐ場所です。読書やビデオゲームをして楽しむこともできます。テーマのある夜やその他のアニメーション、イベントが時間通りにカフェの生活に活気を与えます。 2019年には第27回Paris Mangaが開催されます。このイベントは漫画とSFの点から紹介するものです。に音のアニメ、映画スター、TVシリーズ、コスプレ、ショーケース、ビデオゲームが集まった場所:世界中からゲストがやって来て、デモや手ほどき、クイズやカンファレンス、アニメやショップのスタンドが2,000。日本や米国から直接最新トレンドを見つけることができます.... Paris Japan Expo: パリから30分の所にあるこのイベントは日本と日本文化を好きな人には必須。漫画から武術、ビデオゲームから日本の民間伝承、Jミュージックから伝統的な音楽…伝統と斬新さの融合を発見して楽しむ場所です。

さらに読む
首都中心の日本の文化

首都中心の日本の文化

カルチャー & アート

違う方法でベルサイユを訪問:宝探し!

1 年前 - Julie D.

ベルサイユはパリ訪問時にはどんな状況でも逃せない目的地のひとつ。だって、お城は大きくて美しい。しかもその歴史はすごすぎるようで…でも圧倒されずに訪問を楽しむ方法は? 例えば宝探しはいかがでしょう?ここには歴史あるベルサイユを代表する物が4つあります。お城のギャラリーで見つけられるでしょうか? ベルサイユ訪問:役立つヒント ベルサイユは旅行者にとても、とても、とっても人気… 切符売り場では、こちらのオンラインでチケットを購入しない限り、列を作って時間がかかります。しかし、ガイドツアー付きのベルサイユへの小旅行を催すにはHometownにお任せください。そうすれば行列ともおさらばです! お城自体は、ハイシーズンには月曜を除く毎日午前9時から午後6時半まで営業しています。小トリアノン宮殿と馬車ギャラリーは正午から午後5時半までと午後だけの営業となります。 混むので、火曜日と週末を避けることをお薦めします。混雑予想を見るためには、お城のカレンダーを確認することもできます。 公共機関でベルサイユに良くこともできます。以下の複数の方法があります: ベルサイユ・シャトー・リブ・ゴーシュ駅までPER Cを利用 モンパルナス駅からベルサイユ・シャンティエ駅まで サン・ラザール駅からベルサイユ・リヴ・ドロワ駅まで ポン・ドゥ・セーヴル駅(メトロライン9の最終駅)からRATPバス路線171でお城まで行く あらかじめお知らせしておきますが、バスを除くこのすべてのオプションは、到着まで歩かなければなりません(駅から10~20分)。シャトルのベルサイユ・エクスプレスもあり、ベルサイユ宮殿まで直接向かいます・シャトルはエッフェル塔近くのケ・ブルドネから出発します。 お城のゴールデンゲートを通り過ぎたら、4つの物を見つけましょう! マリー・レクザンスカの肖像 マリー・アントワネットに比べて知名度の低い、ルイ15世の妻マリー・レクザンスカですが、注目すべき運命以上のものがあり、マリー・アントワネット同様悲劇的なものでした。 1725年、ルイ15世は病弱なことをとても心配していました:跡継ぎなくして死んだらフランスの王座はどうなるだろうか?再び病気で寝込み、王の側近はパニックになって子供を授けることができる年齢の妻を探しました。複雑な法廷の策略の末、ポーランド王女のマリー・レクザンスカが選ばれました。マリーは将来の夫よりも7歳年上でした。 これは最初の選択です:家柄に十分に名声がなかったので、王女は最初除外されていました。しかし、ベルサイユ法廷でどの党を脅かすこともなかったので、ついに選ばれました。王女は法廷では支援がなく、隔離されたことが分かりました。ルイ15世との間に8女を含む10人の子供をもうけましたが、息子はひとりしか生き残りませんでした。 マリーは内気というよりも非常に信仰深くベルサイユで自分の場所を見つけることができませんでした - 多くの才能に欠けていて、フランス語の「軽快さ」をマスターしなかったからです。 この肖像を見つけたら、ヴィクトワール・アパートメントに行きましょう!この肖像は本当に女王を喜ばせ、その複製を何枚か持っていました。女王としてのステータスを示さずに、街の衣服を着て控えめに見えます。 <<ルイ14世>>の振り子 1706年、時計屋のアントワン・モランは王に自分の作ったすばらしい時計を見せます。ルイ14世を喜ばせるためにモランは王に気取って差し出しました:時計は正時に鳴って2つのプットがメッキ金属を打つと、王が現れて名声の女神が冠をかぶせます。時計は精巧な寄木細工の箱に据え付けられています。 ベルサイユ宮殿の他の物と同じように、時計は革命時に多数の変遷を経験しました。革命の時計屋は、共和制のエンブレムに交換するために王室紋章を取り外し、「自由の振り子」の時計を作りました。ルイ18世が購入して1819年にベルサイユに返還されました。宝探しのステップ2:時計はメルクリウスの間にあります。 非常に美しい精密さがある、ぜんまい仕掛の宝、天文時計を見逃さないようにしましょう。 <<アメリカ独立の>>枝付き燭台 この燭台は当時、欧州の法廷にしっかりと根付いていたトレンドを表しています:多数のシンボルで特別な日を祝う、または記念する物です。宝探しのステージ3では、元の場所の王のインナーキャビネットにこの枝付き燭台を見つけることができます。 燭台は、ヨークタウンの勝利(1781年)を祝って1784年に作られました。ブロンズに精巧に彫刻された戦闘のさまざまな主導者を象徴化した動物やエレメントを見つけることができます:ヒョウ、オンドリ、人魚、船。 ヨークタウンの包囲戦はアメリカ独立戦争のターニングポイントで、アメリカ反政府軍に対して英軍を戦わせました。これはフランス軍の支援と強化で戦いました。アメリカ側ではロシャンボー公とワシントン将軍がニューヨークを進軍することにしましたが、イギリス側は、コーンウォリス将軍がヨークタウンで燃料補給をするために軍を率いました。 ロシャンボーは戦略を変えることにして、ワシントンには知らせずにコーンウォリスを戦うためにヨークタウンを進軍することにしました。賭けは危険でしたが、英軍戦士の数は多くなく、マラリアで衰弱していました。チェサピーク湾にフランス船隊を強化して、アメリカの勝利は確実となり、英軍は1781年10月19日に降伏しました。 小トリアノン宮殿のマリー・アントワネットのアームチェア ベルサイユ訪問で一番驚くことのひとつは家具。世界中で真似られ賞賛される18世紀のベルサイユの家具はファッションへの影響も止みません。この素敵なアームシェアはマリー・アントワネットが寝室を仕上げるために注文したもので、小トリアノン宮殿で見つけることができます。宝探しの最終ステップ! 革命のわずか2年前の1787年に王妃が注文した小麦の穂・スイカズラ・ジャスミンで装飾されたセットの一部です。マリー・アントワネットはあまり長く堪能することができませんでした… 植物の装飾はマリー・アントワネットが小トリアノン宮殿に与えたかった田園風のインスピレーションにうまく合っています。この城は堅苦しいベルサイユの雰囲気に息が詰まった時の王妃の憩いの場でした。 ここはマリー・アントワネットが自分の好みで作りたかった場所:洗練されたシンプルさは、当時大流行した「スイス・シャレー」のスタイルに感化されていいます。法廷の洗練された洗練さと大都市の堕落に反して、多数の貴族がシンプルライフを熱望していました – または少なくともシンプルライフとは何であるかを思い出させるスタイルでした! まあとにかくあまり多くを押しつけるべきではありません:この「自然に帰る」は非常に洗練され、快適な家具一式に特にはっきりと表れています!アモー・ド・ラ・レーヌ農場が農場としてうまく機能していたにも関わらず、マリー・アントワネットはまったく女性羊飼いではありませんでした。ドレスアップ以外は… 訪問の仕上げ:違う方法でベルサイユを見ましょう コンテンポラリー・フォトグラファー兼アーティストであるJean-François Rauzierは驚くべき賭けを始めました:ベルサイユの写真を何千枚も撮り - 一緒に縫って宮殿の夢のような眺めを手に入れるというものです。無限の階段、万華鏡のギャラリー、迷路の図書室… 成果は息を呑むもの。ベルサイユを壮大な本Hyper Versaillesに捧げました。(ここから見ることができます) このビデオでは、アーティストがベルサイユのパリ市庁舎の階段のすばらしいラインに適用させるテクニックを説明しています。

さらに読む
違う方法でベルサイユを訪問:宝探し!

違う方法でベルサイユを訪問:宝探し!

カルチャー & アート

アメリ・プーランからスチームパンクまで:キャロとジュネ

1 年前 - Julie D.

 アメリ・プーランの足取りにはモンマルトルに行ったことでしょう…2018年7月までに、アール・サン=ピエールを訪問して、その足取りをみましょう。マルク・キャロとジャン=ピエール・ジュネが作ったオブジェクトの展示会が開催されます。その後に、パリ発見の宝物ハントを続けますが、別の足取りの前述の「スチームパンク」も発見しましょう。 「キャロとジュネ」は、風変りな世界の映画で知られ、奇想天外なオブジェクトで有名な才能豊かなふたり組。コミカルなものもあれば、不安にさせるものもあります。一番知られているコラボは、映画「デリカッセン」と「ロスト・チルドレン」。ジャン=ピエール・ジュネは、もちろん、「エイリアン4」と「アメリ」の監督でもありました。 展示会では楽しさあふれる彼らの夢の世界に飛び込み、映画で人気の変わったオブジェクトを見つけることができます。 誰もがアメリ・プーランのベッド横のランプを覚えています:ランプスタンド、ガウンのおっとりとしたブタ、所有者の波乱に富んだ愛の人生に関する彼女の賢明な格言を共有するようにリンクされています。ランプは、アメリ・プーランの近所の中心にあるアール・サン=ピエールの展示会の一部です ― だから、我が家で話します!たくさんの口実の後に所有者にアメリが戻すDominique Bretodeauのおみやげの箱も見ることができます。 しかし、展示会ではキャロとジュネの世界の暗い部分も思い出させます。スチームパンク・キュプクロスが進化し、多関節の腕の端の片目鏡「オプタコン」で飾られ、エイリアンが骸骨の胎児の恐ろしい面を利用した部分です。 アール・サン=ピエール、外部の芸術と桁外れな芸術 「最も意外なクリエーションフォーム専用」のアール・サン=ピエールは外部の芸術と桁外れな芸術専用のスペース。アメリ・プーランが、すてきな宝物ハントでニノ・カンカンポアを連れて行ったサクレ=クール庭園付近のモンマルトルの丘のふもとにあります。 ホールにはアートショップの本屋とカフェもあります。キャロとジュネの展示会と並行して、ホールの上階で開催される、この地域の外部芸術の最新の発展を専門とした展示会「urbulences in the Balkans」を逃さないようにしましょう。 興味深いことに、ジャン=ピエール・ジュネはホールへの熱心な訪問者で、過去に展示したクリエーターとアーティストは、彼の映画に多数の要素を提案してきました。展示会にはアール・サン=ピエールコレクションの作品やキャロとジュネに影響を与えて、彼らが選んだ作品があります。 アール・サン=ピエール, rue Ronsard, 75018 - アンヴェール駅またはアベス駅 - 毎日営業, 11~18時、土曜日 11~19時、日曜日 12~18時 – ご注意:チケットオフィスは博物館閉館時間の1時間前に閉まります – 料金 9ユーロ, 15歳以下 6ユーロ スチームパンク、将来のノスタルジア しかし「スチームパンク」とは何でしょう?テクノロジーの過程に魅了し、その行き過ぎを心配した両方で小説家と芸術家の抑制のない想像力で生まれた世界。H.G.ウェルズとジュール・ヴェルヌの小説から、恐ろしい生き物で人気のパリのアデル・ブランセックの放浪にいたるまで、スチームパンクは想像力を深めて、ベル・エポック ファッションと巧みに作られたギアを織り交ぜています。ルダンゴット、クリノリン、タイムマシンが明るいトーンになっています。 「スチームパンク」はファンの非常にイキイキとしたコミュニティでもあり、フランスでは「vaporists」と呼ばれています。 未来派とノスタルジアが混ざったこの変わった詩的なオブジェクトは人気のクロモ石板のシリーズで見ることができます:Villemardで見る「2000年」。1910年にデザインされた、ベル・エポックの高さでは、この上なく時代遅れなスキットは、当時を描いていたので、超技術的な将来を表していました:ホログラムの電話の会話、輸送のスーパーソニックな方法、髭剃り機、女性のヘアスタイリング。私たちが毎日使用する物の祖先を認識できるとしても、多関節のアーム、蓄音機パビリオン、1900年代の衣類はまだ微笑ましいものです… 世紀が代わり、19世紀後半から20世紀初期にかけては、ジュール・ヴェルヌ大成功の時代。ネモ船長の潜水艦「ノーティラス」は、作り話がいつでも明確ではなかったものの、拒めない外観があるこれらの複雑なマシンの輝かしい例です!さらに、ディズニーランド・パリのアトラクションの「海底2万マイル」も発見することができます。 ジュール・ヴェルヌはキャロとジュネのインスピレーションの見逃せない根源でもあり、パリと世界中のスチームパンクの守護神のままです。 海底2万マイル - ディズニーランド・パリ – RER Aマルヌ=ラ=ヴァレ/シェシー駅、またはパリ北駅、オペラ座、シャトレ座からディズニーランド・パリ・エクスプレスで。 レストラン・ル・ジュール・ヴェルヌ(アラン・デュカス) - エッフェル塔の2階 - avenue Gustave Eiffel, 75007 – メトロ 6 ビラケム駅, RER C エッフェル塔 美術工芸博物館の自動装置コレクションとルイ・ブレリオの航空機 発明的な機械に対するこの魅力は、昨日に遡るものではありません。 - ジュール・ヴェルヌまで遡ります。あらゆる年代のすばらしい自動装置コレクションを備えたアート・クラフト博物館にて、詩人は彼らの空想を続けることができます。このTheatre of automatonsではマリー・アントワネットの音楽家、チェンバロの演奏者を特に表しています。彼女の優雅な頭の動きは、おかしな、ほとんど生きている印象を作っています。舞台では他の好奇心をそそる人、馬の上で塗られた自慢の口髭があるこのドン・キホーテのような多数のおもちゃ、野蛮なオルガン演奏者などのその他の音楽家が一緒になっています。 ギャラリーの自由裁量で、ルイ・ブレリオの空飛ぶマシンを鑑賞することもできます。この航空機は、ブレリオが1909年に海峡を37分間越えることが可能だったものです ― そしてモノクロで画像粒子の悪い明滅するこのビンテージのフィルムは、キャロとジュネのメリエスのファンを確かに感化することでしょう。人生に危険を冒して、自分のマシンをテストする滑稽で大胆な発明家のキャラは、スチームパンクのパンテオンのフィギュアでよく知られています! 美術工芸博物館 - 60, rue de Réaumur, 75003 – メトロ アール・ゼ・メティエ駅またはレオミュール -セバストポル駅 - 料金:8ユーロ、割引料金 5.50ユーロ、毎月第一日曜、木曜日の18時~21:30は無料 メトロアール・ゼ・メティエ駅, ライン11 メトロ アール・ゼ・メティエ駅自体は、スチームパンクのトレードマークであるレトロで未来派の外観の「vaporists」でよく知られています… ライン11のドックでは、地面の中にあるように見せた丸窓のようなウィンクを増やしていて、天球儀やテルスター衛星などの工芸博物館のオブジェクトをディスプレイしています。 リベットの銅のプレートで完全に覆われた楕円形のアーチ型の天井は、とても特別な外観となっています。メカニズムと機械を呼び起こし、プラットフォームの端には大きな車輪があります。国立美術工芸学校200年祭のこの装飾のセットアップは、映画脚本家のブノワ・ペータースと、デザイナーのフランソワ・スクイテンによるものです。長年に渡る友人である2人は、ファンタスティックなコミック本「闇の都市」でコラボしました。このサイエンス・フィクションの世界は、私たちを他の場所、「ブリュゼル」や「パーリ」へ連れて行ってくれます:この2つの空想都市は、クレイジーなスチームパンクのアーバニストが再デザインしたならば、ブリュッセルとパリに似ているかも… 

さらに読む
アメリ・プーランからスチームパンクまで:キャロとジュネ

アメリ・プーランからスチームパンクまで:キャロとジュネ

カルチャー & アート

カルナヴァレ博物館閉鎖の間、どうする?

2 年前 - Julie D.

パリの歴史の博物館、カルナヴァレ博物館が2019年末まで閉鎖 2,000の彫刻、2,600の絵画、30万の版画、15万の写真、1万の考古学の品…カルナヴァレ博物館はパリの記憶。パリシイのガリア族とベルシー地区で見つかった有史以前に見つかったカヌーから、エミール・アジェの最初のパリの写真、バスティーユの鍵を見過ごし、ルイ16世の髪の毛の錠前に至るまで、博物館はフランス首都の荒れ狂う歴史の物語を語ります。もっと正確に言えば、博物館は修復のために2019年末まで閉鎖されて2020年にしか再開されないので、「再集計」します。 残念!じゃあ博物館が新しい外観になる間、どうやってこの物語のすばらしい充実さを見つけて、どうやって我慢して耐えるの? 寄る場所のない訪問者をそのままにしたくないカルナヴァレ博物館は多数のテーマでさまざまなガイドツアーとレクチャーを設定しました。壁の外側のこういったアクティビティはパリのいくつかの地域を散歩するのに好奇心をつかみます。役立たない選択があります:ヴィクトル・ユーゴーのパリ、またはプルーストのパリという「作家のパリ」を他の人達と一緒に散歩すること。歴史の時代に忠実に歩きます:中世のパリ、革命のパリ。またはモンマルトル、レアール、グランジュ・オ・ベール)付近の近所の散歩でも。 実際、パリの通りはおそらく都市の歴史を発見する最高の場所。博物館で喜んで探索したら、パリのこの屋外博物館でこの物語も風の中に見つけられます。 さらに、時は変わって、機関のパリ博物館が前に進んでいます。博物館はポータブルでインタラクティブになっています:今ではパリのアプリau Fil de la Seineをダウンロードして、河岸沿いを歩きながらパリの歴史を発見することができます。サン=ルイ島からアレクサンドル3世橋に至るまで、歴史を作った逸話を発見して、今日の自撮りと昨日の作品を重ねます。 時に役立たないことがある「メモカード」側を書くには、chronological adjustment of Paris Infoに行ってこっそりと早く詰め込みます。日付を思い出させながら、場所ではもっと遊び心を取り入れたア・ウォーク・イン・パリスを提供し、アレーヌ・ド・リュテスがあるフランス・ローマの古代から、最新のフランスの国立図書館の新しい地域に至るまで都市を歩きます。パリの歴史のために、書かれ続けます! パリの歴史を発見するほかの博物館 パリの滞在は博物館無くして完全にはできません…カルナヴァレ博物館以外に開いている博物館があります。 コニャック=ジェイ博物館 18世紀の洗練さとパリを関連づける人には、コニャック=ジェイ博物館がピッタリの目的地。高級なドノン館に、アーネスト・コニャックとその妻のマリー・ルイーズ・ジェイの遺産を集めています。コニャック=ジェイカップルは、サマリテーヌ百貨店の設立者なので、彼ら自身がパリの歴史の一部です。18世紀の芸術好きで、人生の間に絵画・彫刻・デッサン・家具・宝石・骨董品を集めました。 コニャック=ジェイ博物館 -  8 rue Elzévir, 75003 – 火曜~日曜:午前10時~午後6時営業、月曜定休日 – サン=ポール駅、シュマン=ヴェール駅、ランビュトー駅 - 恒久的なコレクションにはエントリー無料。博物館は残念ながら行動能力に障害がある人はアクセスできません。 ジャックマール=アンドレ美術館 ジャックマール=アンドレ博物館は別の芸術好きなカップルのエドゥアール・アンドレと妻のネリー・ジャクマールのコレクションが揃っています。エドゥアールは第二帝政の最高の財産家のひとりの後継者で、ナポレオン3世の近衛兵として仕えていました:もう一度、小さな物語が博物館のすばらしさと設立者をつなぎ、彼の遺産によって彼自身の旅と同じぐらい魅了します。 エドゥアールが1868年に多額をかけて建てた建物の豪華な設定には多数の絵画と芸術作品があります。すばらしい芸術コレクションと同時に場所自体にも興味を持つでしょう。イタリア初期、フランスの18世紀の芸術家(フラゴナール、ヴィジェ=ルブラン)、オランダの芸術家(レンブラント、ファン・ロイスダール)、イギリスの芸術家(ジョシュア・レイノルズ)。ネリー・ジャックマールの願いを尊重するために、建物のレイアウトはそのまま維持されています:ジャックマール=アンドレカップルが住んでいたので、部屋の中を散策します。博物館は、第二帝政下の贅沢なライフスタイルの目撃者でもあります。 ジャックマール=アンドレ博物館 - 158 boulevard Haussmann, 75008 - 毎日営業 午前10時~午後6時。展示会の間、月曜の夜景画は夜8:30まで -サン=トギュスタン駅、ミロメニル駅、サン・フィリップ・デュ・ルール駅 – 入場料13.50ユーロ - 直接アクセスするためには、博物館のウェブサイトにてオンラインでチケットを購入 国立中世美術館 -クリュニー中世美術館 国立中世美術館はクリュニー邸に完璧な設定で見つかりました。壮大な建物は、権力を持ったクリュニー修道会の旧邸宅。1485年にゴシックスタイルに建てられましたが、13世紀初期には、クリュニー修道会は新信者の教育のための学校を近くに構えていました。15世紀に遡るチャペルは建築の宝石で桁外れな優雅で、贅沢に浮彫りされた天井型のアーチを備えています。美術館は、壮麗なtapestry of the Lady with the Unicornを含むすばらしい中世のコレクションを備えています。 中世美術館 -  6, place Paul Painlevé, 75005 - 火曜以外、毎日営業 朝9:15~午後5:45(チケット販売は午後5:15まで) - 8ユーロ、割引価格 6ユーロ、毎月最初の日曜日は無料。クリュニー・ラ・ソルボンヌ駅またはサン・ミシェル駅。 モンマルトル美術館 黒猫を知っていますか?アールデコの猫でおみやげ・ポスター・傘・冷蔵庫のマグネット・マグカップ…あらゆる所で見つけることができます。モンマルトル美術館で、シャノワール・キャバレーのためにスタンランがデザインしたオリジナルの人気のポスターを発見しましょう。テルトル広場に近いにも関わらず、観光客の喧騒から離れた美術館は19世紀後半から20世紀初期のボヘミアン・モンマルトルの中心に訪問者を運んでくれます。 ルノアール庭園もあります:レノアールは建物の中に2年間スタジオを借り、現在では美術館を構えています。庭園は印象派の画家による多数の絵画が展示されて新しく作り出されました。美術館は、すばらしい作品とテスティモニーのコレクションを揃えています。モディリアニ、モーリス・ユトリロ、シュザンヌ・ヴァラドン、トゥールーズ=ロートレック、その他多数。 モンマルトル美術館- 12 rue Cortot, 75018 - 年中毎日営業 午前10時~午後6時、4月~9月は午後7時まで -ラマルク・コーランクール駅 - 入場料は展示会に応じて9.5~11ユーロ パリ警視庁博物館 パリ警視庁博物館は、ルイ14世の下で作り出されて以来のパリの警察力の歴史をたどっています。17世紀のパリは騒々しい中心都市でした。君主はまだ子供で、首都を避難するよう強いたフロンドの乱から反骨精神をよく知りすぎていました。ルイ14世はコルベールに近代的な警察力を組織するように命じ、これが都市の発展に反映するとてもすばらしい歴史の始まりでした。 パリの顔を形作った歴代の大尉によって重要なリフォームが施されました:18世紀の街灯の導入は警察のためであり、そしてパリにルティアを作ることと、19世紀末に科学警察の始まりを示したアルフォンス・ベルティヨンのテクニックを用いたファイルの作成に役立ちました。 博物館は犯罪と罪人に対する刑罰の歴史も特徴としています。コレクションのこの部分は「犯罪博物館」とあだ名がついていて、背中によく悪寒を感じます… 警視庁博物館- 4, rue de la Montagne Sainte-Geneviève, 75005 -モーベル・ミュチュアリテ駅 – 月曜~金曜 午前9:30~午後5時 – 入場無料

さらに読む
カルナヴァレ博物館閉鎖の間、どうする?

カルナヴァレ博物館閉鎖の間、どうする?

カルチャー & アート

パリ、キャバレーの首都

3 年前 - Pauline P.

 グラマーとお祭り的な精神のシンボルは、フランスの首都に結びついています。パリのキャバレーは、ここでは世界中の観光客の夢を叶えます。レビュー、バーレスク、サーカス、マジック…誰にでも何かがあります。共通点は:みんな一緒に楽しんで不思議で自分たちを満たす幸せ! パラディ・ラテン  最古のパリのキャバレー 1802年にナポレオン・ボナペルトに設立されたパラディ・ラテンは、当時首都で最も人気の場所でした。その歴史はパリの文化生活に密接に結びついています:多くのアーティスト、知識階級、政治家、ジャーナリストがそこに行きました。バルザック、デュマ父子、メリメも常連でしたが、パリの景色の象徴ギュスターヴ・エッフェルが火事の後にこのキャバレーを再建して、同時に 1889 国際博覧会のためにアイコン的なエッフェル塔を建てました。1894~1977年の長い期間の建物の閉鎖と放棄の後、パラディ・ラテンは再び生まれ変わって、音楽ホールのレビュー、曲を交えたショー、マジック、サーカスの芝居を開催しています。キャバレーはデビューの輝きを回復して、多くの観衆を以前よりも魅了しています… The Paradis Latin, 28 rue du Cardinal Lemoine 75005 Paris.食事は20時、ショーは21:30 ムーラン・ルージュ, ベル・エポックから今日まで モンマルトルの丘のふもとの19世紀終わりから祝賀とアートの場所であるムーラン・ルージュは、贅沢なマジックとサーカスのナンバーで1889年にショーを作り直しました。それからレビューがデビューし、フランスのシーン最高の有名人たちがムーラン・ルージュのステージで成功を始めて確立しています:グール、ミスタンゲット、モーリス・シュヴァリエ、後にエディット・ピアフ、イヴ・モンタン、シャルル・アズナヴール。このキャバレーはプライベートのショーにイギリス女王を迎え、ガラ・ソワレを増やして最高の海外スターを招待しました:ライザ・ミネリ、レイ・チャールズ、エルトン・ジョンはこの神話のシーンで演奏しました。現在に至るまで続いている神話には定期的に海外で制作するレビューと、絶えずなおもアイコンであるフレンチカンカンがあります。 The Moulin Rouge, 82 Boulevard de Clichy, 75018 Paris.食事は19時、ショーは21時または23時 リド, シャンゼリゼ通りのきらめきとグラマー 世界で最も美しい通りであるシャンゼリゼ通りには1946年にリドがオープンしました。それから贅沢な衣装とそこで上演する才能あるダンサーは世界中のすべての観客の目を奪っています。ブルーベルガールズ会社は本当の神話となりました:ダンサーたちは長い脚があって(ここで統一させるために身長が最低175㎝なければならない)、伝説的な優雅さがあり、毎晩桁外れの演出を提供します。200㎏の羽飾り、アイスシンク、1年に30万ボトルのシャンペン…リドはテンプル・オブ・エクセスで、すべての観客を喜ばせて驚かせます。 The Lido, 116 Avenue des Champs-Élysées, 75008 Paris。食事19時、ショーは21時または23時 クレージー・ホース, パリのストリップショーのグラマー シックなエロティシズムの本当の殿堂クレージー・ホースは50年代に作られ、キャバレーのジャンルを新しくして、磨かれて洗練された美学とストリップショーのアートを融合しました。まばゆいヒール、フリンジのついたウィッグ、大胆なつけまつ毛。クレージー・ホースのダンサーが影と光の雰囲気に引き込みます。ゲストスターが定期的に招待されて参加し、ショーをもっと忘れられないものにしてくれます。 The Crazy Horse, 12 Avenue George V, 75008 Paris 

さらに読む
パリ、キャバレーの首都

パリ、キャバレーの首都