ブログ


HomeTown パリ blog offers you a selection of articles devoted to the destination パリ, its news, culture, activities and of course, its people

ニュース

年末のお祝いのパリのマジカルな雰囲気

3 年前 - Pauline P.

年末のお祝いが近づいていて、首都はきれいに飾られています。もっとマジカルなすばらしいクリスマスのためにパリが提供すべきものを発見しましょう。 夢のようなイルミネーション 光の都市は年末にはもっとその名前にふさわしくなります。日暮れ時に散策するとマジカルな旅へと連れて行ってくれます。私たちの魅力的な旅程に従いましょう: 大通りから歩きます:ギャラリー・ラファイエットのデパートメントストアとプランタンは、毎年、イルミネーションを施した正面と何百ものあやつり人形とロボットをディスプレイした窓で、老若問わずに何人も驚かせます。本物のアートワークである20メートルの高さのクリスマスツリーがあるので、ギャラリー・ラファイエットの中を見逃さないようにしましょう。 贅沢な仕出し屋がお祝いのごちそうを並べて競っているトロンシェ通りからマドレーヌ広場まで下りましょう。 マドレーヌ寺院を後にした後は、ロワイヤル通りを進み、贅沢なブティックがあるイルミネーションが施された小さな通り「ビレッジ・ローヤル」を逃さないようにしましょう。 さらに下ると、上からパリを発見してもらうために、観覧車があなたを待っている有名な「コンコルド広場」に到着します。シャンゼリゼ、チュイルリー、ルーブルの全景はすばらしいのですが、上に上がるととても寒いのでしっかり防寒対策をして行きましょう! 散歩はシャンゼリゼ通りの大きなクリスマスマーケットで締めくくって、世界で最も美しい通りのイルミネーションを眺めましょう。 クラシックな旅程ですが、クリスマスの最高のパリジャンの精神を見つけることができるものです。 お祝いの博物館 ホリデーシーズンに逃したくないふたつのイベント グラン・パレの身廊は、毎年桁外れなイベントを開催します。2年のうち、一度は屋根付きの楽しいフェアへと変わります。大観覧車、メリーゴーランド、その他のアイコン的な乗り物は、建築の名作である有名なグラン・パレの天蓋の下で催されます。翌年には身廊は巨大なアイス・プレイス になり、世界う。最大の室内アイスリンクを主催します!夜間開催の間には、一段と魔法の楽しめるイベント… 2016 年 le Grand Palais des Glaces 12月14日~1月2日 すでに話しましたが、私たちはベルシー近くにあるミュゼ・デ・アート・フォランの大ファン。18世紀から今日に至るまでの壮大なアートコレクションが集まる唯一の機関は年末だけ。予約なしで、一般の人々に開かれています。別の時には乗り物に乗って家族と楽しみましょう… Festival du Merveilleux 2016年12月26日~2017年1月2日 おいしい贅沢な楽しみ 寒い中、長く歩いた後には、暖まるためにグルメブレイク以外はないですよね。瞳を喜ばせるためにパリの豪華な場所でおいしいティータイムを過ごせば、これらのすばらしい建物のお祭り気分でクラクラするでしょう。 ペニンシュラで:この豪華な場所のクラシックなティータイムは、休暇中は「クリスマス・ティータイム」に変わります。ジャズオーケストラと子供のコーラスがこのすばらしい贅沢で包み込むような時間に加わり、ミニャルディーズ(プチサイズのお菓子)、桁外れの素材、珍しいお茶はあなたの味蕾を喜ばせるでしょう。15~18時、おひとり様55ユーロです。 シャングリラで:100%ヴィーガンティーで100%おいしい。これはパリのシャングリラパレスのオリジナル。動物性たんぱく質は一切使用していませんが、味わいが口の中で弾けます。ペーストリー3つ、ビスケット、ミニサンドイッチにはディルマのスリランカティーがついています。15:30~17:30、おひとり様45ユーロです。 ブッダバーで:ミニトリュフバーガー、フォアグラケーキ、スモークサーモンブリオッシュ。これがクリスマスのティータイム用にブッダバーが提供する塩味の洗練されたエントリー。それから快適なバー、ル・キャトルの雰囲気の中で2種類から選べるおいしいペーストリーがあり、ホットドリンクが1杯ついています。日曜以外の毎日15~18時。おひとり様28ユーロ。

さらに読む
年末のお祝いのパリのマジカルな雰囲気

年末のお祝いのパリのマジカルな雰囲気

カルチャー & アート

パリ、キャバレーの首都

3 年前 - Pauline P.

 グラマーとお祭り的な精神のシンボルは、フランスの首都に結びついています。パリのキャバレーは、ここでは世界中の観光客の夢を叶えます。レビュー、バーレスク、サーカス、マジック…誰にでも何かがあります。共通点は:みんな一緒に楽しんで不思議で自分たちを満たす幸せ! パラディ・ラテン  最古のパリのキャバレー 1802年にナポレオン・ボナペルトに設立されたパラディ・ラテンは、当時首都で最も人気の場所でした。その歴史はパリの文化生活に密接に結びついています:多くのアーティスト、知識階級、政治家、ジャーナリストがそこに行きました。バルザック、デュマ父子、メリメも常連でしたが、パリの景色の象徴ギュスターヴ・エッフェルが火事の後にこのキャバレーを再建して、同時に 1889 国際博覧会のためにアイコン的なエッフェル塔を建てました。1894~1977年の長い期間の建物の閉鎖と放棄の後、パラディ・ラテンは再び生まれ変わって、音楽ホールのレビュー、曲を交えたショー、マジック、サーカスの芝居を開催しています。キャバレーはデビューの輝きを回復して、多くの観衆を以前よりも魅了しています… The Paradis Latin, 28 rue du Cardinal Lemoine 75005 Paris.食事は20時、ショーは21:30 ムーラン・ルージュ, ベル・エポックから今日まで モンマルトルの丘のふもとの19世紀終わりから祝賀とアートの場所であるムーラン・ルージュは、贅沢なマジックとサーカスのナンバーで1889年にショーを作り直しました。それからレビューがデビューし、フランスのシーン最高の有名人たちがムーラン・ルージュのステージで成功を始めて確立しています:グール、ミスタンゲット、モーリス・シュヴァリエ、後にエディット・ピアフ、イヴ・モンタン、シャルル・アズナヴール。このキャバレーはプライベートのショーにイギリス女王を迎え、ガラ・ソワレを増やして最高の海外スターを招待しました:ライザ・ミネリ、レイ・チャールズ、エルトン・ジョンはこの神話のシーンで演奏しました。現在に至るまで続いている神話には定期的に海外で制作するレビューと、絶えずなおもアイコンであるフレンチカンカンがあります。 The Moulin Rouge, 82 Boulevard de Clichy, 75018 Paris.食事は19時、ショーは21時または23時 リド, シャンゼリゼ通りのきらめきとグラマー 世界で最も美しい通りであるシャンゼリゼ通りには1946年にリドがオープンしました。それから贅沢な衣装とそこで上演する才能あるダンサーは世界中のすべての観客の目を奪っています。ブルーベルガールズ会社は本当の神話となりました:ダンサーたちは長い脚があって(ここで統一させるために身長が最低175㎝なければならない)、伝説的な優雅さがあり、毎晩桁外れの演出を提供します。200㎏の羽飾り、アイスシンク、1年に30万ボトルのシャンペン…リドはテンプル・オブ・エクセスで、すべての観客を喜ばせて驚かせます。 The Lido, 116 Avenue des Champs-Élysées, 75008 Paris。食事19時、ショーは21時または23時 クレージー・ホース, パリのストリップショーのグラマー シックなエロティシズムの本当の殿堂クレージー・ホースは50年代に作られ、キャバレーのジャンルを新しくして、磨かれて洗練された美学とストリップショーのアートを融合しました。まばゆいヒール、フリンジのついたウィッグ、大胆なつけまつ毛。クレージー・ホースのダンサーが影と光の雰囲気に引き込みます。ゲストスターが定期的に招待されて参加し、ショーをもっと忘れられないものにしてくれます。 The Crazy Horse, 12 Avenue George V, 75008 Paris 

さらに読む
パリ、キャバレーの首都

パリ、キャバレーの首都

ショッピング

パリジャンシックを取り入れる私たちのお気に入りの場所

3 年前 - Pauline P.

アメリカ人、日本人、ブラジル人…世界中の女性はフランス人、特にパリの女性はどんな時でもスタイリッシュに決めるこの「何か」を持っていることに同意しています。誤って怠ってしまった外観、クレイジーなヒールやデニムスニーカー、くつろいだ姿勢ですが、いつでも洗練されています… 会話から、パリの女性はどこでも気持ちが良くて自由で進歩的な感じです。 この独特なスタイルのアイコンを見つけるために、ベストショップとパリジャンのスタイルを作るあまり知られていない必須場所へ私たちのガイドに従いましょう。 ボンマルシェ 百貨店, パリジャンの絶対のマスト パリジャンが徐々にギャラリー・ラファイエットとプランタンを離れると、パリを訪問する外国人はそこをお気に入りのショッピングの目的地にしてきました。しかしパリジャンはレフトバンクにある唯一のデパートメントストア、ボンマルシェ百貨店には情があります。1852年に設立されたボンマルシェ百貨店はrevolutionized the business worldの時で、顧客に桁外れなセレクションと並んで非常に革新的な商方法を提供しました。現在、このデパートメントストアはパリで独自な存在のままです。首都で最も選ばれる住所の位置に留まっていて、ファッションと美・美食へのデザインとアートを組み合わせています。 Le Bon Marché Rive Gauche, 24 rue de Sèvres, 75007 Paris 月-土:10~20時。木・金は20:45まで L'Exception, 100%フランスのセレクトストア 新しいカノペ・デ・アールの中心に位置するコンセプトストア「L'Exception」はフランスのデザインのベストを組み合わせています:デザイナー、既製品、革製品、アクセサリー…独立したフランスのファッションの最前線が「フランスの生活の仕方」のアイコンと交わります。カルバンの永遠のエレガンスから田園風のキャシャレル、ジェローム・ドレイフェスのロックスタイル、エスニックシックなケンゾーまで、すべてのスタイルがありますが、品質とメイド・イン・フランスは絶えず同じです。ホームウェアには、キャンドルやデコレーションアイテムがとても魅力的で簡単に購入でき、家に「フランス人の」精神を取り戻します… L’Exception, Canopée du Forum des Halles, 24 rue Berger, 75001 Paris 月-土:10~20時 日:11~19時 Ines de la Fressange, シックなパリジャンのブティック 世界で本物のパリジャンスタイルのアイコン、Ines de la Fressange embodiesは、30年以上に渡って首都の奔放なシックを取り入れています:自由・気高い・楽しい・くつろいでいながらも、洗練されています。彼女は、80年代にミューズだったシャネルのキャットウォークで代わる代わるまぶしく輝いていました。ユニクロやベンシモンなどのビッグブランドのために作ったコレクションで若い女性を魅了しました。2010年にベストセラーとなった「La Parisienne」を発行すると、多数の若い女性のファッションの指導者となり、彼女のお勧めのお店に若い女性が駆け込みました。自分のお店とデザイン、お気に入りの既製服の作成、さらにお気に入りのデコレーションにサン=ジェルマン=デ=プレ中心という場所を組み合わせ。これ以上に彼女にとって当たり前のことがありますか?ファッション、革製品、アクセサリー、デコレーション… セレクションはいつでも的を射ていて、高品質。 Inès de la Fressange Paris, 24 rue de Grenelle, 75007 Paris 月-土:11~19時 オフィシーヌ・ユニヴェルセル・ビュリー バルザックのパリに飛び込む これは6区にあるちょっと変わった場所。古風な趣があり革新的でもあります。1787年創立オフィシーヌ・ユニヴェルセル・ビュリーは、復興して最新のコスメティック革新とフランスの贅沢さの昔の伝統を組み合わせています。お店の中はすべてが大理石で、床から珍しい神秘的なパウダーとオイルが入った大きなキャンディジャーの天井まで裏張りされています。私たちは喜んでバルザックとフローベルのパリに飛び込みます。そしてナチュラルコスメと先祖代々の美のアクセサリーを見つけます。本物の旅は美のサービスで戻ります。 Officine Universelle Buly, 6 Rue Bonaparte, 75006 Paris 営業時間 月:11~19時、火-土:10~19時

さらに読む
パリジャンシックを取り入れる私たちのお気に入りの場所

パリジャンシックを取り入れる私たちのお気に入りの場所

シークレット

インサイダー情報:パリジャンのパリを発見しましょう

3 年前 - Pauline P.

パリへの最初の訪問中には、もちろんお決まりのものがあります:エッフェル塔、シャンゼリゼ、ラデュレ、リド。観光客の視点があります。私たちは観光客ですから。首にカメラをかけてバックパックを背負って… しかし、通のようにそこで過ごし、友人とそういったクラシックな場所を共有し、隠れた首都を知っているエキスパートと一緒に行動したいと思います。 これには、ネイティブの人と約束する他ありません:パリジャン、本物のパリジャンと!地下鉄をよく利用する人やヴェリブで通りをジグザグに進む種の人。でもエキスパートのアンバサダーのように行動して自分の都市を愛する人でもあります。旅行者のメリットのためにパリの都市で時間と情熱を注ぎ込むこういった人たちに会って、彼らのお気に入りのスポットを発見するために旅行者をガイドしてもらいましょう… Greeters Paris, 常道を離れるために 「Greeters Paris」機関のボランティアは熱心な人々で、首都にある彼らのお気に入りの場所へ徒歩で連れて行ってくれます。ここでは、特定場所のツアーの予約をしませんが、楽しみな所(建築・ガーデン・歴史・ショッピング)に関する情報を与えてくれて、わたし達の好みに応じてガイドがツアーに連れて行ってくれます。パリジャンの本物のパリを発見する方法で、グループは1~6名です! Ciwi, 多くのパリジャンとすばらしい場所のネットワーク 「Can I Welcome You(歓迎いたします)」を掲げているCiwiは、フランスと海外の訪問者をもてなすパリジャンのアンバサダーの最初のネットワーク。全週においてmeeting between Parisians and touristsは、都市のバーで催して、アドバイスと「役立つヒント」を交換します。グループは「Nuit Blanche」(都市全体のコンテンポラリーアートイベント)や「Night of Museum」のような地元のイベントの間にも催されます。デジタルシティガイドもウェブサイトで入手することができ、オリジナルのルートや提携店のお得情報や割引があります。裏の裏までパリをついに知ることができるものです! VizEat, 地元の家で食事をするすばらしいお得情報 中からパリを見つけるには、パリジャンの場所で夕食を取るために招待されることほど良いことはありません!これはVizEatアプリが提供しているものです。訪問者と、夕方に開放してくれる移住者をつなげます。フランス料理を発見して、メニューで良いアイデアを共有し、おいしい料理に加えて宴会的な夕べのための異なった方法です。VizEatはマーケットツアーとクッキングクラスも催していて、また別の方法でフランスの首都を発見できます。 BubbleGlobe, 別の方法でパリを発見する変わったアクティビティ 地元の人と一緒に中華街を訪問して最高のパリのルーフトップを発見して、歩き回り、最高のパリのペーストリーを訪問する…自分で計画しづらい多くの秘密の訪問。そこで本当のパリのエキスパートであるBubbleGlobeについて行きましょう。半日または終日のエキサイティングな発見があります。

さらに読む
インサイダー情報:パリジャンのパリを発見しましょう

インサイダー情報:パリジャンのパリを発見しましょう

キッズ

ファミリーウォーク:パリで最も珍しい博物館

3 年前 - Pauline P.

家族旅行に行くときには、全員をアピールする観光やウィーキングプログラムを作るのは簡単ではありません… クラシックな博物館は一握りのお子様向け。乗り物に乗って遊ぶ場所は、保護者がすぐに疲れてしまいます!老若問わずに満足するためには、パリの珍しい博物館への我々のガイドに従いましょう:誰もが楽しめます! The Museum of Magic(魔法博物館) 首都で最も快適な地域のひとつであるマレの中心にある魔法博物館は、老若問わず、アマチュアでも初心者でも家族全員で楽しめることは間違いありません… 18世紀から現在に至るまでのすばらしい手品師の世界への旅行を提供します:アクセサリー、ペテンの物体、ポスター、錯視立体… 作り物から事実のもつれをほどくことが難しい博物館で接してみましょう。完全に集中して、長い家族の話し合いに備えてマジックショーで訪問を締めくくりましょう! 開館:水・土・日 14:00~19:00年中、7月と8月を含む 開園:パリの学校の休みの間は毎日(成人の祝日、クリスマス、冬、春) The Musée de l’art ludique(アールリュディック美術館) パリの文化の新顔、遊び心いっぱいのアート美術館は、ドックス(シテ・ド・ラ・モード・エ・ドゥ・デザイン)の新しい建物の中に2013年に発足されました。13区のセーヌに浮かぶ蛍光グリーンのパビリオンです。漫画、コミック、アニメフィルム、ビデオゲーム… コンテンポラリーアートへの効果的な経路であるこういった新しいアートを紹介しています。 保護者とお子様は、高品質の特別展を通じて今日の文化を築くこれらの名作を発見することができます。Pixar、Marvel、そしてIce Age sagaに隠れたBlue Sky studiosの後には、1920年代から今日に至るまでを完全に回顧するためにすぐに見ることができるWalt Disney studioがあり、このアイコン的なスタジオのクリエイティブな才能を設計します。 火曜日を除いて毎日開館。利用可能時間はウェブサイトにてご確認ください。 The musée des arts forains(ミュゼ・デ・アート・フォラン) パビリオン・デュ・ベルシーにあるミュゼ・デ・アート・フォランを発見すると、どの年齢のお子様も目を輝かせます。この夢の世界は、ライド、エンターテイメントのもの、そして本当にうっとりさせる場所で訪問者が利用できる珍しいアイテムにあふれています。 昔アンティークディーラーでブローカーであったジャン・ポール・ファバンは、1850年代から今日に至るまでのショーとカーニバルの歴史をカバーするこの独自のコレクションを集めて公開しました。彼の想像力からこの博物館のショーは無限に生まれ、訪問者を招待して極度さとベルエポックの活気にあふれるパリを実感させてくれます。時を遡る旅です! 予約にて個人もグループも年中開館しています。 Le Manoir de Paris(ル・マノワ・デ・パリ) 繊細な心はやめましょう!これはお子様向けではありませんが、マノワ・デ・パリが提供するタフな心臓を持ったティーンエイジャーや大人向けです。「フランス初のホーンテッドショー」であると述べられている独特な場所です。リストされた10区の建物では、マノワ・デ・パリは訪問者に最悪の悪夢へ飛び込ませてくれます:本物以上にメイクをしてコスチュームを着た35人のプロの俳優が、このホラーの名所を訪問している間に恐怖に落とし入れます。シリアルキラー、ゾンビ、恐ろしい道化師が地獄門の反対側であなたを待っています… 金・土・日は年中、それと学校の休みの平日に開館 12歳以下のお子様にはお勧めしません。ウェブサイトにてさらなる情報を見つけることができます。

さらに読む
ファミリーウォーク:パリで最も珍しい博物館

ファミリーウォーク:パリで最も珍しい博物館