キッズ


セクションキッズのすべてのHomeTown ブログ記事をこのページで見つけられます。

キッズ

パリでサーカスショーを見る場所

2 年前 - Julie D.

パリってサーカスの中心地? サーカスの場所にするにはちょっと矛盾していません?結局、サーカスというのはサーカステントの旅と、綱渡り芸人やアクロバットツアーの領域。サーカス団の遊動はよく知られています。では、なぜパリをサーカスの「場所」にしたいのでしょう? パリは自由奔放な社会の中心地。永遠にいつでも芸術家を温かく迎える準備をしている都市を連想させる場所。現在私たちが知っているようなサーカスが1782年に誕生したのもパリでした。 サーカスの世界はいつでもマジカル。天地の間を宙づりになって、ライダーの超アクロバットの間を通り抜け、空中ブランコ曲芸師の息を飲むようなジャンプ、ピエロのより現実的なエンターテインメント。多くのパリの芸術家やパリへの訪問者を釘付けにします。 サーカスがパリでファッショナブルな娯楽となって一層大衆向けとなるにつれて、印象派が絵を描きました。19世紀後半の第二帝政と第三共和政の下で、スーラのような画家は大きなテントのアーティストたちに敬意を表しています。イルージョンと夢を作り出す明暗画法のこのハーフワールドは、両義性・通路のおがくずの中の足・スターのトップを通じて、ドガ、トゥールーズ=ロートレック、シャガール、ピカソの原動力となりました。 フィリップ・アストリーの英国円形劇場:パリのサーカスの起源 放射線(13.5メートル)の丸い通路があり、トレーナーのむちの長さであることが測定されている伝統的なサーカスは、もともと馬のトレーニングのショーでした。その案出者がイギリス人のフィリップ・アストリー。7年戦争後の1763年にアメリカから戻り、エンターテインメント事業の実業家となりました。 フィリップ・アストリー乗馬スクールは、ロンドンですぐに目覚ましい成功を遂げました。当時、フランスの貴族社会はイギリスのすべてのものに熱烈に夢中になっていたので、フランスの名声はルイ15世の耳にまで届きました。この貴族社会の流行はイギリスの衣類を取り入れて、フランス貴族ですら、イギリスの猟犬や馬を集め始めました。ルイ15世は1772年にフィリップ・アストリーをパリに招待し、アストリーは二度とパリを去ることはなかったのです。 フィリップ・アストリーは、フランス在住のイタリア人ショーマンであるアントニオ・フランコーニと提携しました。ふたりの繁華な協会はサーカスに高貴さを与え、ブーグリオヌ、ザバッタ、メドラノ、フラテッリの起源を予感させながら、フランコーニは最初のサーカスの支配的グループとなりました。 フィリップ・アストリーとフランコーニはふたりとも、フランスの伝説の人としてペール・ラシェーズ墓地に埋葬されています。 パリでサーカスショーを見る場所は? パリではサーカスはサイズに関係なく、驚きもの:パリで大成功。 選択肢はタップリ:一部の劇場では海外ツアーの一団を主催し、シルク・ディヴェール・ブーグリオヌのようなサーカスはパリでの居住を選択して、定期的に最新のクリエーションを紹介します。 サーカスのパーフォーマンスの全リストについては、「劇場」セクションのサブセクション「サーカスとその他のショー」でイベント情報をご確認ください。 輝きを放つスターの軌跡:シルク・ディヴェール・ブーグリオヌ この一団なくして、パリのサーカスを語ることはできません。11区アムロ通りでは、壮大なシルク・ディヴェールは文化財として列挙されています、この娯楽だけに実質的に打ち込む構造物をサーカスとするならば、それは世界最古の「サーカス」です。設立は時の特徴で、もっと派手やかな娯楽で惑わせる輝く第二帝政の時でした。 1852年に始めたのは、将来のナポレオン3世であるナポレオン・ボナパルト皇太子でした。伝統として、シルク・ディヴェールは最初は凝った馬のショーの劇場で、訓練され非常に知識を備えた美しい馬の技量を楽しんだ上流階級に称賛されました。 ところがすぐにシルク・ディヴェールはアトラクションを多様化して、アクロバット、ジャングラー、マジシャン、ピエロなどの本物のサーカスになりました。多数の「ワールドプレミア」を主催しています:「飛ぶアーティスト:の最初のパーフォーマンスのジュール・レオタール、空中ブランコの考案者が1859年に行ったのがシルク・ディヴェールです。 シルク・ディヴェールは、ジーナ・ロロブリジーダ、バート・ランカスター、トニー・カーティス出演のキャロル・リードの映画空中ブランコでは背景でした。アシユ・ザバッタが自分自身の役柄を演じた映画があり、その中の登場人物のひとりがブーグリオヌと呼ばれていました。 現在、名声ある伝統的なサーカスのシンボルのままで多数のショーや会議を主催しています。なおもブーグリオヌ家の持ち物で、毎年新しいショーを製作しています。2018年3月までは、Exploitが上映されます(トレーラーはこちらから)。 ブーグリオヌ・ウィンターサーカス 110 rue Amelot, Paris 11th – メトロ フィーユ・デュ・カルヴェール駅、ライン8 - サーカスのバーチャルツアーはFacebookページにて パリで毎年開催されるサーカス サーカスはパリでは居心地がよいもの:尊いフェスティバルの間、複数の年次イベントはいっぱいで、一部のものは何十年も続いています。 サーカス・フェスティバル・オブ・トゥモロー, 1月下旬 - 2月初旬 この名声あるフェスティバルの39番目のバージョンは、2018年2月4日から、12区のシルク・フェニックスで開催されます。毎年、若いアーティストや、熟練ながらもあまり知られていないアーティストが要求の高い審判や魅了された大衆の前で最新の作品を展示します。最も才能あふれるアーティストは賞を獲得して、海外の一線へと躍進するのにとても役立っています。 6,000座席備えたシルク・フェニックスは大きなショーで有名:サーカス・フェスティバル・オブ・トゥモローとは別に、年間通じて、ショーや制作物を主催しています。柱が全くない印象的なアーチ型の天井なので、観客全員が視覚的な妨害なくショーを楽しむことができます。 サーカス・オブ・トゥモロー・フェスティバル - シルク・フェニックス, Reuilly Lawn, Paris 12 - メトロライン8 リベルテ駅またはポルテ・ドレ駅 - +33 1 45 72 10 00 動物は許可されていません - シルク・フェニックスはパワフルなサウンドシステムのために、赤ちゃんには推奨できません - 利用できるもの:騒音低減ヘルメットとブースターシート - 行動能力障害がある方の利用可能(訪問の数日前にサーカスにお問い合わせください)。 アトリエ・ドゥ・プラトーがサーカスを開催, 10月 10月の木曜~日曜の夕方、3週間の間、アトリエ・ドゥ・プラトーが16年間に渡ってサーカスを開催しています。このショーのシリーズは、サーカスのアーティストと音楽家・俳優・ダンサー・ピエロ・アクロバット間の新しい遭遇と魔法のような時間に焦点を当てています。すばらしいアコースティックを備えた旧工場では天井下の空中器材、即興、斬新でクリエイティブな結婚式を受け入れることができます。 アトリエ・ドゥ・プラトー, 5, rue du Plateau, 75019 Paris – メトロ ジュールダン駅 - +33 1 42 41 28 22 – 金額 13ユーロ、12歳以下 6ユーロ - 2017年版のプログラムをご覧ください ヴィラージュ・ドゥ・シルク, ロイイ・ローン, 10月 毎年10月に12区のロイイ・ローンはハッピーな5日のフェスティバルでサーカスレッジを迎えます。大きなテントの下、フェスティバルは笑いの渦で名人芸と新鮮さの驚きのパーフォーマンスを行う若いツアーの一団に最高位を与えます。 サーカス・ビレッジ - ロイイ・ローン, Paris 12 – メトロ ポルト・ドレ駅 - 2017年版のプログラムをご覧ください パレート、ストリートアートフェスティバル, ナンテール 5月下旬から6月初旬にパリにいるならば、ストリートアートのフェスティバルであるパレードに参加するためにナンテールに向かいましょう。28年以上毎年開催されているこの無料のフェスティバルは誰にでも開放されていて、多数のアーティスト会社が主催しています。2018年は6月1、2、3日に開催される予定です。 パレード - ナンテール, 市内全域で – 2017年フェスティバル予定表をご覧ください。

さらに読む
パリでサーカスショーを見る場所

パリでサーカスショーを見る場所

キッズ

ファミリーウォーク:パリで最も珍しい博物館

3 年前 - Pauline P.

家族旅行に行くときには、全員をアピールする観光やウィーキングプログラムを作るのは簡単ではありません… クラシックな博物館は一握りのお子様向け。乗り物に乗って遊ぶ場所は、保護者がすぐに疲れてしまいます!老若問わずに満足するためには、パリの珍しい博物館への我々のガイドに従いましょう:誰もが楽しめます! The Museum of Magic(魔法博物館) 首都で最も快適な地域のひとつであるマレの中心にある魔法博物館は、老若問わず、アマチュアでも初心者でも家族全員で楽しめることは間違いありません… 18世紀から現在に至るまでのすばらしい手品師の世界への旅行を提供します:アクセサリー、ペテンの物体、ポスター、錯視立体… 作り物から事実のもつれをほどくことが難しい博物館で接してみましょう。完全に集中して、長い家族の話し合いに備えてマジックショーで訪問を締めくくりましょう! 開館:水・土・日 14:00~19:00年中、7月と8月を含む 開園:パリの学校の休みの間は毎日(成人の祝日、クリスマス、冬、春) The Musée de l’art ludique(アールリュディック美術館) パリの文化の新顔、遊び心いっぱいのアート美術館は、ドックス(シテ・ド・ラ・モード・エ・ドゥ・デザイン)の新しい建物の中に2013年に発足されました。13区のセーヌに浮かぶ蛍光グリーンのパビリオンです。漫画、コミック、アニメフィルム、ビデオゲーム… コンテンポラリーアートへの効果的な経路であるこういった新しいアートを紹介しています。 保護者とお子様は、高品質の特別展を通じて今日の文化を築くこれらの名作を発見することができます。Pixar、Marvel、そしてIce Age sagaに隠れたBlue Sky studiosの後には、1920年代から今日に至るまでを完全に回顧するためにすぐに見ることができるWalt Disney studioがあり、このアイコン的なスタジオのクリエイティブな才能を設計します。 火曜日を除いて毎日開館。利用可能時間はウェブサイトにてご確認ください。 The musée des arts forains(ミュゼ・デ・アート・フォラン) パビリオン・デュ・ベルシーにあるミュゼ・デ・アート・フォランを発見すると、どの年齢のお子様も目を輝かせます。この夢の世界は、ライド、エンターテイメントのもの、そして本当にうっとりさせる場所で訪問者が利用できる珍しいアイテムにあふれています。 昔アンティークディーラーでブローカーであったジャン・ポール・ファバンは、1850年代から今日に至るまでのショーとカーニバルの歴史をカバーするこの独自のコレクションを集めて公開しました。彼の想像力からこの博物館のショーは無限に生まれ、訪問者を招待して極度さとベルエポックの活気にあふれるパリを実感させてくれます。時を遡る旅です! 予約にて個人もグループも年中開館しています。 Le Manoir de Paris(ル・マノワ・デ・パリ) 繊細な心はやめましょう!これはお子様向けではありませんが、マノワ・デ・パリが提供するタフな心臓を持ったティーンエイジャーや大人向けです。「フランス初のホーンテッドショー」であると述べられている独特な場所です。リストされた10区の建物では、マノワ・デ・パリは訪問者に最悪の悪夢へ飛び込ませてくれます:本物以上にメイクをしてコスチュームを着た35人のプロの俳優が、このホラーの名所を訪問している間に恐怖に落とし入れます。シリアルキラー、ゾンビ、恐ろしい道化師が地獄門の反対側であなたを待っています… 金・土・日は年中、それと学校の休みの平日に開館 12歳以下のお子様にはお勧めしません。ウェブサイトにてさらなる情報を見つけることができます。

さらに読む
ファミリーウォーク:パリで最も珍しい博物館

ファミリーウォーク:パリで最も珍しい博物館