シークレット


エキゾチックなパリ:首都を離れずに世界を回る

1 年前 - Valérie D.

パリはいろいろな意味でも世界の首都。街では人々の出会いやさまざまな伝統の融合を見てきましたが、5大陸からのこの影響の痕跡を維持しています。パリを離れずに世界を回ることは、地下鉄のチケット費用または数歩先でアクセスできる冒険。海外の影響に感化された建築物や庭園、さまざまな所から取り入れた味や香りなど、パリは、エッフェル塔の風景を損なわずに世界の四つ角につながる多数のスポットを提供します。あまりに多すぎてすべての場所を載せることはできませんが、我々が特に注意を払っている一握りの場所をご紹介しましょう… さあ、シートベルトを締めてください。すぐに出発します!

至る所の文化

「パリは大きなかたまりの価値がある」国王ヘンリー4世は言っていました。それを祝うために、パリにはノートルダムがありますが、それだけではありません。1861年以来、フランスの首都には聖アレクサンドルネフスキー大聖堂があって、西欧州にあるロシア正教会の大司教区の所在地です。ビザンチウム=モスクワスタイルの教会は、18世紀末以来フランスにおいてロシアの存在の証人。その特徴的な後陣は、黄金の球で飾られた矢で囲まれていて、ロシアの八端十字架で覆われています。ここにガーゴイルはないものの、パリの8区にいながらロシア気分。

恐らくもっと有名なのは、パリの大モスクの33メートルの高さのミナレット。北アフリカの建物をモデルにして1922年に建立されました。パリジャンは、スペイン=ムーア風の建築物の陰に、首都最高のミントティがあることを知っています。有名なティールームでオリエンタル風のペストリーに飲み物を添えて、ハンマーム(公衆浴場)を楽しんではいかがでしょう。訪問者は祈りの部屋をちらりと見て、それからアンダルシアンに影響を受けた庭園を散策する前にパティオを訪問しましょう。白い大理石、マルチカラーの柱にゼリージュ、東洋のヤシにカーペット:レバノンのスギのドアを抜けると、5区中心の景色の変化が約束されます。

もっと遠くからの精神的な旅には、ヴァンセンヌ大塔やそのカギュ・ゾン寺院を発見することもできます。この禅の隠れ家はタイから寄贈された欧州最大の金箔の仏像。パリの反対側には、ラ・シャペル駅付近のスポットライトにある最も大きなヒンドゥー教:インドとスリランカの文化が広がっている「リトル・ジャフナ」というあだ名の近郊に歓迎されています。sarisショップとタミル・グロッサリーストア間、ガネーシャに奉納されたガネーシャ神寺院にあります。シヴァの息子の象の頭の神は、ここでは9月の盛大でカラフルなパレートの間にお祝いされます。

パリのグランドモスク

エキゾチックな緑樹のオアシス

パリの大きなメトロポリスの少ない青々とした緑樹の中に並外れた庭園が少しあります。最大のものは、ヴァンセンヌの森にあるアグロノミー・トロピカル庭園。1907年の植民地博覧会に向けて正式に開かれたこの緑のスペースは、2006年に大衆向けに再オープンされました。熱帯植物が点在する植物の中心ではアフリカやアジアのパビリオンの残りを見ることができます。
アルベール・カーン博物館の公園は好ましいものです。旅する博愛主義者の旧地は、博物館の周りにイギリス・フランス・日本庭園が寄せ集めています。2つのデッキ間の島ではセコイア、桜、竹、小石、鯉も欠けていません:まるで日本のようです。

国立アジア美術館にあるエデルバック館の庭園 – パリ16区のギメ – も理想的な自然な方法で日本式の庭園技巧を反映しています。訪問するなら春がベスト。マスター大工のヤマモト・タカアキ氏が建てる伝統的な茶会が専用パビリオンで開催されます。

アルバートカーン博物館のアジア風の庭園

変わった建築物

異国情緒のタッチでパリを飾るこの変わった場所では、パリ国際大学都市に触れることを忘れないでしょう。RERシテ・ユニヴェルシテール駅を出ると世界のすべての言語がすでに聞こえてきます。というのは、このキャンパスでは140か国から12,000人の生徒を迎えているから。世界建築の有名人(ルシオ・コスタ、 ル・コルビュジエ、クロード・パラン)にデザインされたいくつかの40階建ての建物にいることができてすごく幸運です。ここでは、すべての国のスタイルがイラン、韓国、日本、アルゼンチンの家やスペインの大学と融合しています。
8区に孤立していて一層華やかなメゾン・ローは、赤い屋根で見物人を驚かせます。中国に影響された塔で、国を懐かしんだ画商M.ローの旧私邸は、今では私立博物館となり、民営化にできる展示会やサロンを提供しています。驚きの外観と同様にエキゾチックなインテリア装飾を発見する機会。

ロー・ハウス:パリの中国の塔

遠くからやって来た味わい

もちろん、レストランは美食の世界の中心地では欠かせません。でも、味蕾に味の変化がほしい場合には、パリのどこで食事をしますか?もちろん、洗練されたアジア料理を楽しんで春巻きやお寿司以外のものを発見するためには、パリジャンはオペラ地区のサンタンヌ通りにある最高の日本食レストラン、または最も本物の中国料理には13区の「チャイナタウン」地区のショワジー通りに精通しています。

ファラフェル好きな人はマレで食品を探しましょう。本物のマリのマフェを味わいたい?グット・ドール地区、地下鉄シャトー・ルージュにはアフリカ製品に特化した食料雑貨店が揃っています。インドの香りをお探しですか?それなら、パサージュ・ブラディで見つけることができます。この「リトル・インディア」では、カラフルな軒先の裏に最も辛いスパイスが隠れていますよ。
よく知られていない、選択肢が多い近郊があり、パリにはオスマンの景色にほとんど変名で融合している多数の食事場所があります。タイ料理、メキシコ料理、アルゼンチン料理、ペルー料理。セーヌ川から遠くない場所で全部見つかります。パリにあるすばらしいエキゾチックなレストランの中から、皆様のためにインドネシアの美食をテストしました:よく知られているインドネシアはルクセンブルク庭園の近くにあります。ほとんど秘密の入り口の後ろでは、火山列島の文化を呼び起こすパペットやマスクで飾られた竹の装飾を見つけます。ここで提供される国の料理にはナシゴレン(チャーハン)やサテ・アヤム(ピーナッツソースを添えたチキンの串)はジョグジャカルタやウヴドへ気持ちを運んでくれます。伝統的なガムランの音に…信じて!

 最もエキゾチックなスパイスすべてにパリで会う