ニュース


セクションニュースのすべてのHomeTown ブログ記事をこのページで見つけられます。

ニュース

バレンタインデーのロマンチックなパリ

2 年前 - Pauline P.

恋人を表すのにパリよりロマンチックな都市が一体どこにあるでしょう?首都にはオールドファッションな魅力、田園風の公園、くつろげるレストランがあちこちに溢れている…だから一対一で愛を語るのにピッタリのたくさんの場所があります。バレンタインデーには、パリで最もロマンチックな秘密の場所へと我々のガイドに従いましょう。 ロマン派美術館 その名前が場所をうまく要約しています。この博物館(無料!)は現在のロマン主義を目的としていますが、結局はロマンチックな散歩に好まれる時から解放される場所。以前の場所の持ち主であるアーティスト アリ・シェフェールのアート作品と女流作家ジョルジュ・サンドに捧げたコレクションの他にも訪問者を魅了する田園風のセッティングがあります。小さな舗装された小道、花壇、しかもそこはパリ! ロマン派美術館 -シェフェール-ルナン館 -   16 rue Chaptal, 75009 メトロ:ピガール駅またはサン・ジョルジュ駅 Perched on a tree ロマンチックな夜に理想的な場所。ブランコに座ったり、吊るされた小さな小屋やツリーハウスに腰を下ろして食事をすることができます。親密さを保証!必ず事前に予約をして2つのブランコのテーブルのひとつに席を取りましょう。食前または食後に奥の部屋でマッサージを楽しむチャンスもあります。思い出になる本当に稀な場所! Sur un Arbre Perché – 1 rue du 4 septembre 75002 メトロ:ブルス駅 モンソー公園の橋 パリの8区(それと、17区のシックな部分の端)のモンソー公園はパリで最も楽しい公園のひとつ。同時に庭園は家庭的でロマンチック。幻想と楽しみに庭園として18世紀後半に作られました。小さなベネチア風の橋がそこに隠れていて、恋人たちのランドマークとなっていてふたりの写真撮影にとってもロマンチック… “I love you”の壁 モンマルトルの丘の上のメトロのアベス駅近くの小さなジャン・リクチュス広場に隠れた”I love you”の壁は人々の調和を表すために作られました。壁と境界線は一般的には分割機能があるならば、その代わりに”I love you”の壁は親交です。愛に捧げられたこの作品は世界中の恋人たちの会う場所となり、250の様々な言語で書かれた311の”I love you”を読むことができます。 ポンデザールとアルシュヴェシェ橋 伝統では、恋人たちがポンデザールとアルシュヴェシェ橋でブラブラとすることを望み、そこには多かれ少なかれ目立つ南京錠があって恋人たちが名前やイニシャルを彫ってロマン派の首都に愛の名残を残しました… 残念ながら、南京錠の重量は橋にダメージを与える脅威となり、南京錠は2015年に取り外されました。しかし、このふたつの橋は恋人たちの象徴的な散歩道であり、カップルにとてもありがたいふたりのためのピクニックコーナーです。 ビュット・ショーモンのガゼボ すべてのガゼボと同じように、ビュット・ショーモンのガゼボも冬にはかなり静かな場所。だって寒いのに173段登る気力が必要ですから!橋や歩道橋でアクセスできる島にあり、二倍孤立しています。イタリア寺院の魅力があり(直接インスパイアされています)モンマルトル、エッフェル塔、さらにシンプルに周りにある19区の眺めを提供します。ハグして暖まるのに本当にロマンチックな場所! ブローニュの森のボート 勇ましいボート好きや遅刻した恋人たち、2月15日からレンタルできるブローニュの森のボートは完璧。首都のグリーンエリアで二人のための素敵な時間をシェアするために喧噪から抜け出して水上でボートをこいで楽しみましょう。

さらに読む
バレンタインデーのロマンチックなパリ

バレンタインデーのロマンチックなパリ

ニュース

年末のお祝いのパリのマジカルな雰囲気

2 年前 - Pauline P.

年末のお祝いが近づいていて、首都はきれいに飾られています。もっとマジカルなすばらしいクリスマスのためにパリが提供すべきものを発見しましょう。 夢のようなイルミネーション 光の都市は年末にはもっとその名前にふさわしくなります。日暮れ時に散策するとマジカルな旅へと連れて行ってくれます。私たちの魅力的な旅程に従いましょう: 大通りから歩きます:ギャラリー・ラファイエットのデパートメントストアとプランタンは、毎年、イルミネーションを施した正面と何百ものあやつり人形とロボットをディスプレイした窓で、老若問わずに何人も驚かせます。本物のアートワークである20メートルの高さのクリスマスツリーがあるので、ギャラリー・ラファイエットの中を見逃さないようにしましょう。 贅沢な仕出し屋がお祝いのごちそうを並べて競っているトロンシェ通りからマドレーヌ広場まで下りましょう。 マドレーヌ寺院を後にした後は、ロワイヤル通りを進み、贅沢なブティックがあるイルミネーションが施された小さな通り「ビレッジ・ローヤル」を逃さないようにしましょう。 さらに下ると、上からパリを発見してもらうために、観覧車があなたを待っている有名な「コンコルド広場」に到着します。シャンゼリゼ、チュイルリー、ルーブルの全景はすばらしいのですが、上に上がるととても寒いのでしっかり防寒対策をして行きましょう! 散歩はシャンゼリゼ通りの大きなクリスマスマーケットで締めくくって、世界で最も美しい通りのイルミネーションを眺めましょう。 クラシックな旅程ですが、クリスマスの最高のパリジャンの精神を見つけることができるものです。 お祝いの博物館 ホリデーシーズンに逃したくないふたつのイベント グラン・パレの身廊は、毎年桁外れなイベントを開催します。2年のうち、一度は屋根付きの楽しいフェアへと変わります。大観覧車、メリーゴーランド、その他のアイコン的な乗り物は、建築の名作である有名なグラン・パレの天蓋の下で催されます。翌年には身廊は巨大なアイス・プレイス になり、世界う。最大の室内アイスリンクを主催します!夜間開催の間には、一段と魔法の楽しめるイベント… 2016 年 le Grand Palais des Glaces 12月14日~1月2日 すでに話しましたが、私たちはベルシー近くにあるミュゼ・デ・アート・フォランの大ファン。18世紀から今日に至るまでの壮大なアートコレクションが集まる唯一の機関は年末だけ。予約なしで、一般の人々に開かれています。別の時には乗り物に乗って家族と楽しみましょう… Festival du Merveilleux 2016年12月26日~2017年1月2日 おいしい贅沢な楽しみ 寒い中、長く歩いた後には、暖まるためにグルメブレイク以外はないですよね。瞳を喜ばせるためにパリの豪華な場所でおいしいティータイムを過ごせば、これらのすばらしい建物のお祭り気分でクラクラするでしょう。 ペニンシュラで:この豪華な場所のクラシックなティータイムは、休暇中は「クリスマス・ティータイム」に変わります。ジャズオーケストラと子供のコーラスがこのすばらしい贅沢で包み込むような時間に加わり、ミニャルディーズ(プチサイズのお菓子)、桁外れの素材、珍しいお茶はあなたの味蕾を喜ばせるでしょう。15~18時、おひとり様55ユーロです。 シャングリラで:100%ヴィーガンティーで100%おいしい。これはパリのシャングリラパレスのオリジナル。動物性たんぱく質は一切使用していませんが、味わいが口の中で弾けます。ペーストリー3つ、ビスケット、ミニサンドイッチにはディルマのスリランカティーがついています。15:30~17:30、おひとり様45ユーロです。 ブッダバーで:ミニトリュフバーガー、フォアグラケーキ、スモークサーモンブリオッシュ。これがクリスマスのティータイム用にブッダバーが提供する塩味の洗練されたエントリー。それから快適なバー、ル・キャトルの雰囲気の中で2種類から選べるおいしいペーストリーがあり、ホットドリンクが1杯ついています。日曜以外の毎日15~18時。おひとり様28ユーロ。

さらに読む
年末のお祝いのパリのマジカルな雰囲気

年末のお祝いのパリのマジカルな雰囲気