ナイトライフ


パリ最高のスピークイージー(もぐり酒場)バー

5 月前 - Léa D.

このミステリアスな場所の起源

コインランドリー、ピッツェリア、はたまた小さな裏口の後ろに隠されている禁酒法時代に影響された特別なトレンドがあるこのようなバーについて絶対に聞いたことがあるはず。実際に、米国では1920年にアルコールの製造・販売が禁じられ、複数の秘密のバーの開店へとつながりました。アルコールを購入する時に、バーデンだーがお客さんに「スピークイージー」と尋ねました。フランス語でそっと言ったので、それでこの表現が現在でもフランス語になっています。

2007年、このコンセプトはニューヨークのプリーズ・ドゥ・ノット・テルバーで繰り返されます。原則はシンプル:店に入り、小さなレストランの電話ブースから電話をしなければなりません。店はあっという間に成功して流行し始め、2011年にパリのマレ地区のカンデリアが登場しました。このパリジャンのスピークイージーは、メキシコ料理店の下の小さなドアからしか入ることができません。すばらしいナチョスを提供しますが…それだけではありません!現在、この場所はトレンドのポップミュージックをバックに、ヨーロッパ最高のカクテルの場所のひとつとして知られています。地図はオリジナルで定期的に更新されます。この場所はかっこいい。値段と質のバランスがすばらしく、確かにマレで最も避けがたい場所です。2016年にTimeout賞を受賞しています。

ここだけは、隠れたバーは、定義上は…hidden! 次回のパリ滞在の時に試してみる最高の場所はこちらです!

カンデリア

お気に入りの場所

シンジケート

目立たない外観、壁のポスター:これは、このスピークイージーのほっこりとしたシックなインテリアとはっきりとコントラストを成しています。10区のフォブール・サン・ドニ通りにうまく隠れています。カクテルバーで、意外な材料、珍しいフレンチリキュール、そして特に特殊な使命で成り立っています:青-白-赤の精神主義を守ること。メニューは、フランスのウィスキー、洋ナシ、リンドウ、カルバドスをベースに提供されます。すべて100%のオリジナルで新たなフレーバーを作り上げるために丁寧に正確に務めました。友人と一緒でもカップルで来ても、この場所は、セントラルバーがある最初の部屋で飲むのを楽しむのにピッタリ。または、2番目の部屋があるカーテンの裏のもっとソフトな雰囲気の中でも楽しめます。

ムーンシャイナー

英語のムーンシャイナーの意味は、アルコール密輸業者。禁酒法時代に地下のバーを供給する役割だったことが分かります。このスピークイージーは、自然な成り行きで名づけられました。本当にうまく隠れているのです。11区のスデーヌ通り5では、ピッツェリア・ダ・ヴィートを見つけます。ひんやりとした部屋を抜けると、ついに30年代のバーの抑制された雰囲気の中にいることが分かるでしょう。壁にステンシルで描かれた金色の模様、バーテンダーにブルーノート。おかわりしたいカクテルのバリエーションの中で、ウィスキーは、この驚きの場所の最高の飲み物。この場所の秘密は、禁煙室の金庫:コードの組み合わせを見つけて、そこでボトルを獲得しましょう。

もちろん、お望みであれば、最初にピッツェリア・ダ・ヴィートに気軽に立ち寄って、おいしいこと間違いなしのおいしいピザ、ブッラータや、その他の手作りサラダで味蕾を満足させましょう!

ピッツェリア・ダ・ヴィート

スピークイージー

このグルメのピアノバーは、パリ滞在中に絶対に逃せない場所。2011年にパリ16区の目立たない通りにオープンしました。オーナーは画商で、20年代にさかのぼってこの場所を魔法の場所にしました。このほっこりとした雰囲気の中に入り、コニャック、リコリスリキュール、ライム、ジンジャーエールベースのシグネチャーカクテル「スピークイージー」や、マンゴージュース、オレンジ、パッションフルーツ、バナナを混ぜたアルコールフリーのカリビアンを楽しみましょう。他のメニューも選ぶには事欠くことはありません:トリュフピザ、ビーフテンダーカット、サーモンフィレ。料理は洗練されていて美味です。

裏では、世界中のアーティストがやって来て、ピアノやサクソフォンを演奏しています。ハーレムのキャバレーやブロードウェイの雰囲気を思い出させます。ここにはDJはいません。最もエキサイティングな趣とボヘミアンな雰囲気の中、ライブと本物があるだけです。

スピークイージー

最新

ラヴォマティック

首都の新しいスピークイージーは、ラヴォマティック。10区のコインランドリーの1階に隠れています(レネ・ブーランジェ通り)。コインランドリーに入ったら、カムフラージュのボタンを探して、ラヴォマティックに行きます!ここはポップ、カラフル、オリジナルの装飾が癒してくれて、馴染みやすい雰囲気を与えています。クッションに快適に座って、メニューを見ましょう。フルーティでカラフルなサプライズをたくさん用意しています。「バジル・インスティンクト」は生のバジル、キュウリ、ライムジュース、コーディアル・エルダーフラワーベース。「デトックス・オマティック」はもっと冒険的。ビーツ、ブラックカラント、アーティチョークリキュール、ジン、レモン、グレープフルーツで作られています。その他多数の100%オリジナルカクテルがあなたを待っています。上質な素材と季節を取り入れた小皿料理をお伴にカクテルを楽しめます:ザクロのキャラメリーゼ・フィレミニョン、ジンジャーセビチェ、ジンジャーキューカンバー、カンタロープ・オーガニックファーム・ハム… 待たずに発見してこの個性的な場所を楽しみましょう!

ラヴォマティック

バラナーン

インド料理好きの方には、このナーンバーがピッタリの場所。入り口には名前が書かれておらず、最初はインドスタイルの喫茶店に近づいている感じがします。場所の本当の中心に到着したら、ウェイターの所に行って”Where is the train?”と、尋ねましょう。その後に、すてきなお香の香りを伴って本物の旅に乗り出します。2015年にオープンしたこの魅力的な場所ではインドのカクテルだけでなく、ナーンやケバブのような特性料理も提供しています。

お店は、長さがビンテージの列車のようなデザイン。革のシートに「窓」、または風景をスクロールするスクリーンがあります。私達の本日のお薦めは、「タージマ」。ラムとパイナップルジュースと混ぜ、生のココナッツに入れて提供されます。