ライフスタイル


パリ最高のヴィーガンスポット

4 月前 - Léa D.

ヴィーガニズムって?愛好家からの回答は

ヴィーガンになることは、動物搾取を拒否すること。これには、動物の肉、乳製品、卵、はちみつを消費しないことが伴います…ヴィーガン料理は100%植物性製品、しかも、とってもおいしいのです!ヴィーガニズムは過去数年でさらに一般的になってはいますが、100%ヴィーガンの料理を提供するレストランを探すことはいつでも簡単というわけではありません:そこで、我々がパリで一番お薦めのヴィーガンスポットのすばらしいリストを集めてみました。利用していただければ、お腹を満たし、味蕾を満足させ、地球を気遣うことができます!

Wild and the Moon

季節からアイデアを得るWild and the Moonのレシピは、世界中の味であふれています。冷たい搾りたてのジュース、ベジタブルドリンク、スムージー、サラダ、スープ、デザート、スーパーボウル、スナックのセレクションがあります。Wild & The Moonの商品は、果物、野菜、ハーブ、根菜、野生植物から手作り。精製糖、添加物、保存料、遺伝子組み換え食品、グルテン、乳製品は一切不使用です:メニューは100%ヴィーガンとなっています。

セッティングは、癒しとナチュラル:木製のテーブル、天井まで届き、グリーンで部屋を明るくしている植物。お中を満たしながら、自分自身と環境の両方を気遣うすばらしい場所です!我々のお薦め:赤レンズ豆、ひよこ豆、マッシュルームマリネ、スイートポテト、ビーツピクルスのスーパーボウル。

Wild and the Moon – 19 place du Marché Saint-Honoré, 75001 Paris

Wild and the Moon

La Guinguette d’Angèle

ココナッツミルクパンナコッタ、ターメリック風味のローストカリフラワー、赤レンズ豆入りトウナスのクリーム… もう納得?オーガニックでグルテンフリーの食事を食べる場所を探しているなら、ここで決まり:La Guinguette d'Angèleで何なりとどうぞ。

デトックス料理の導師、そのオリジナルの絶妙なレシピは病みつきになります。

レストランにはデリカテッセンや本のほか、イベント用にケータリングサービスもあります!

La Guinguette d’Angèle : 34 rue Coquillère, 75001 Paris

L’Abattoir Végétal 「ベジタブル・スローターハウス」

パリでもうひとつの人気スポット:ファラフェルバーガーとスイートポテトフライ、ワカモレパンケーキ、クミン風味の生野菜とスクランブル豆腐、Jay & Joy乳製品製造所のブルーチーズスプレッドなどを楽しむのに行くべき場所です。もちろん、地元の常連客全員を引きつけているコーヒーショップやジュースバーは言うまでもありません!もちろんメニューの選択には迷ってしまいます。元お肉屋さんが始めたこのパラドックスはこの場所の名前の由来。オーナーは地元の人で、職人技の商品、おいしく仕上げるために人間のスケールで作られています:世界を重んじている本物の料理!
L’abattoir Végétal : 61 rue Ramey, 75018 Paris

L'abattoir Véégtal

Le Potager de Charlotte

私達が好きなパリジャンは、9区の中心にあるこの場所を特に気に入っています。この人気のレストランは2人の兄弟、デイビッドとアドリアンが運営していて、ヴィーガン料理のイメージを高めています。レシピは季節に応じて変わりますが、おいしい米とひよこ豆のパンケーキはこの場所の人気の料理です。トーストしたゴマクリーム、燻製豆腐、黒ゴマを添えたマッシュスイートポテトと一緒に提供されます。

Le Potager de Charlotte – 12 rue de la Tour d’Auvergne, 75009

Le Potager de Charlotte