ブログ


HomeTown パリ blog offers you a selection of articles devoted to the destination パリ, its news, culture, activities and of course, its people

グルメ

パリの「ソウルフード」の伝承

3 年前 - Julie D.

 ソウルフード、米国南部の味 「アメリカン・フライドチキン」と言われたら、何のことを考えますか?いえいえ、ケンタッキーのファストフードではありません…フライドチキンはソウルミュージック好きなソウルフードの柱のひとつで、アフリカ-アメリカ文化に属しています。 ソウルフードは米国南部の贅沢で豊富な家庭料理。目を輝かせて覚えた子供時代の味です。アメリカの奴隷の恐ろしい運命を運ぶ料理でもあります:根こそぎにされて苦しんだにもかかわらず、できるだけ最高に守られたアフリカの伝承に感化されたソウルフードは、いつでも元気づける材料と控え目な調理で、人気の料理です。 少なくとも言えることは、これはダイエットをしている人の料理ではないということ。発酵乳だけでなく、甘いコーンブレッド、スイートポテト、フライドプランタン、他にも「ハッシュポピー」を添えたフライドチキンを見つけます。伝統的なソウルフードは、ラードをとてもうまく使います…しかし、オクラ、キャベツ類、コラードなどの典型的な野菜もあります。内臓のシチューに本物の小腸を加えることもできます… 一見して、フランス料理の非常に賞賛されている繊細さに関係なく – しかも特殊な歴史環境のおかげで、アフリカ-アメリカのソウルフードは……フランス系アメリカ人とその子孫の歴史の忘れられたエピソードから発見されたパリの見事な時代を見てきました。 シェ・ハインズ, アフリカン-アメリカンコミュニティのレストラン パリでは、第二次世界大戦の恐怖に続く狂乱の20年代の間、あらゆる意味で解放な年月でした。欧州に飛んで来たアフリカンアメリカンのGI戦士にとって、パリの発見は都市の発見でもありました。もちろん人種差別がなく、母国よりもより自由を与えました。 当時、南部の州では隔離がなおも強行されていました。市民権に対する争いは時に廃止につながり、1965年まで続きました。一方で、フランスでは白人のフランス人女性と黒人の男性の結婚を妨げるものは何もなく、それが、レロイ・ハインズが行ったことでした。 休戦後、このアスリートのアメリカ人は米国に帰国せずにフランスに残りました。Gabrielle Lecarbonnierと出会い、1949年に結婚しました。マヌエル通りにガビー・アンド・ハインズをオープン。離婚後、レロイはビュート・モンマルトルのふもとのクローゼル通りにシェ・ハインズを再オープンしました。 マヌエル通りの彼のレストランは、パリのアメリカの黒人文化の重要な場所となりました。パリを訪問または在住の知的階級やブラックアーティストがそこで会いました:作家のジェイムズ・ボールドウィン、リチャード・ライト、チェスター・ハイムス、画家のビューフォード・デラニー、ミュージシャンのルイ・アームストロング、シドニー・ベシェ、キャブ・キャロウェイ、カウント・ベイシー、マイルス・デイビス。 イキイキとした個性のレロイ・ハインズは時間がある時には俳優でもあり、複数のギャングスター映画に出演しました。マルセル・カルネ演出の1965年の「マンハッタンの哀愁(Three rooms in Manhattan)と、1971年のミシェル・オディアールの映画:Le cri du cormoran, le soir au-dessus des jonques.で彼を見ることができます。 パリはソウルフードの孤児?ちょっと待って! 1986年、レロイ・ハインズの失踪後に、ポルトガル出身の3番目の妻のマリアがレストラン・ハインズで料理を提供し続け、レストランを有名にしました。23年間、彼女はソウルフードの炎をそのまま保ち、同時にブラジル料理を提供してメニューを新しくしようとしました。残念ながら、シェ・ハインズのすばらしい時は現在では過去になっています:パリのアフロ=アメリカンコミュニティはもう多くなく、ブラックパワーの作家やジャズマンが出会った神秘的な夜は思い出以外の何物でもなくなってしまいました。レストランは2009年に閉鎖され、パリのアフロ=アメリカンの歴史の重要なページに変わりました。 ここ数年、アメリカ料理では新しいものがあまりありません。情報不足のフランス人に「本当に」アメリカの料理を食べる幻想を与えながら、ファストフードは容赦なく拡大を続けています。 当時、我々は米国の融合した歴史を反映するソウルフードの別の料理を家に持ち込もうと自分を慰めました:コーンブレッド。このブレッドは、元々はネイティブアメリカンのレシピですが、取り入れられて高められました。典型的なアメリカレシピとなり、特に南部料理で賞賛されました。コーンブレッドは伝統的にはベーコンの脂肪で作られますが、軽めのバージョンをお試しいただくことができますよ。 フランス人は、アメリカの美食はないといまだに信じがちです – ハンバーガーとフライドポテトが国民食のままであるという偏見を持っています。グルメのゴロワがひどく嫌っていたこの「ジャンクフード」のシンボルは、しかし、グルメのアメリカ料理とはまったく関係のないものです。フライドチキンは、あるファストフードメニューに少し似ていても、この考えを追い払わなければなりません。 近年では、若いアメリカ人のレストランには大胆さがあって(一部の凄まじい精神は、厚かましさのことを言います)フランスの土地までやって来てヤンキース(フランス人がアメリカ人に与えるあだ名)に何の能力があるかを示します。 これは、ニューオーリンズ生まれのシェフのブラーデン・パーキンスのケース - ソウルフードは遺伝子の遺産の一部であるといえます。最初のレストランのヒドゥン・キッチンの成功後、いつものようにパートナーのローラ・エイドリアンと一緒に2011年に新しいレストランであるヴェルジュをオープンしました。ヴェルジュはシックなレストランで、おいしいメニューは季節とシェフのひらめき、そしてカジュアルなワインバーで変わります。リボミルク、キャベツサラダ、ハラペーニョを添えたフライドチキンは大きなクラシックの再考ともっと洗練されたバージョンです。 さらにヴェルジュの成功は相反せずに、ブラーデン・パーキンスは同じ通りのもっと離れた所にエルズワースで逆戻りしました。それほどよく勝利するチームを変えないので、マリネした野菜が添えられた本物のフライドチキンを見つけます。 レストラン・ヴェルジュ- 52, rue de Richelieu, 75001 - 月曜~金曜 夜7時~11時 - ピラミッド駅、パレ・ロワイヤル駅、またはキャトル・セプタンブル駅 レストラン・エルズワース- 34, rue de Richelieu, 75001 - 営業時間:ランチ 12:15~14:15。ディナー 夜7時~10:30。ブランチ 午前11:30~午後3時 - ピラミッド駅またはパレ・ロワイヤル駅 ソウルフードの再考:交雑時のアフリカとカリブの遺産 さらにアフリカとカリブのルーツに忠実に、ソウルフードはパリで新しく生まれ変わりそのバージョンが「フレンチ」と呼ばれます。自分たちの伝統のひらめきに感化され、フレンチレストランの主人は、この家庭料理の個人バージョンを躊躇せずに紹介します。アメリカ風に刺激されたフレンチが自分蜂の伝統の軽視された部分を再発見することが助長されるのは初めてではありません。 ガンボ・ヤヤは専門を選択しています:フライドチキンと本物のアメリカンワッフル。コンボはとても人気で、料理が提供されるまで1時間待つことも普通です…しかし、ゲストによるとそれは割に合うもので、いろいろなソースがかかったクリスピーなワッフルを一口かじると、長く待たされたことも忘れてしまうそうです。オーナーのライオネルは発酵乳付きのフライドチキンを崇拝していて、アトランタ付近のメーコンでアメリカ人の叔母がソウルフードと一緒に食べさせてくれた思い出です。 ガンボ・ヤヤ - 3, rue Charles Bobin, 75010 - 営業時間:正午~14:30、19:30~22:30.土日休み - コロネル・ファビアン駅 一方で、ニュー・ソウルフード トラックは、創設者のルディ・レーンの言葉によると「アフロディジアック」で、るつぼの料理を思い切って紹介しています。チキンがありますが、サブサハラまたはカリブ風に再考されています。ルディのカメルーンとグアドロープ島由来が味わいをインスパイアしていて、煮込みチキンのカレーソース・ココバニラ、プランタン・ピーナッツソース、キャッサバアチェケソース・ヤッサ、フィッシュ・ミオンド・サフォワがあります。パリでフードトラックを貪欲に追っていますが、改めて、食いしん坊は自分に約束して、行列を避けるために早く到着することが必要です! ニュー・ソウルフード トラック – mk2図書館前によく現れます。ウェブサイトでスケジュールを見ましょう – 場所:mk2図書館、ビブリオテーク・フランソワ・ミッテラン駅またはケ・ドゥ・ラ・ギャール駅 ニエベと言えば、レストランの名前はコーンニール、ソウルフードの欠かせないパートでもある米国の「黒ささげ」と呼ばれる豆を称えています。シェフのRosilène Vitorinoはブラジルとそのトロピカルな味わいにソウルフードを引き入れています。レストランでは2つのバージョンの料理を提供しています。クラシックとヴィーガン – ベジタリアンはフライドチキンやラード無しで、独自の味わいを発見することができます! レストラン・ニエベ - 16 rue de la Grande-Chaumière, 75006 – 火曜~土曜 正午~午後3時、夜7:30~夜中まで営業 - ヴァヴァン駅 

さらに読む
パリの「ソウルフード」の伝承

パリの「ソウルフード」の伝承

イベント

パリで見逃せない期間限定の展示会

3 年前 - Pauline P.

展示会はすぐに扉を閉めてしまい、珍しいアート作品や未公開のコレクションに最終的に幕を引きます。パリでは多数の主要展示会の終わりは2月または3月末です。パリの美術館を歩くのに遅れないようにしましょう! ルイ・ヴィトン美術館へ 2016年10月から2017年3月5日まで、フランク・ゲーリーが署名したガラスライナーがロシア人のパトロン、セルゲイ・シチューキンによる名声あるモダンアートコレクションを主催しています。展示会「モダンアートのアイコン:シチューキン コレクション」はLVMHグループの取締役であるベルナール・アルノーが作り出したすべての美術館スペースに展開されています:ブラック・セザンヌ・ドガ・ゴーギャン・マイヨール・マルケ・マティス・モネ・ピサロ・ピカソ・ルノワール・シニャックの絵画や彫刻の中の160店の名作を発見します…しかもマレーヴィチ・クリオウ・タトリン・ロドチェンコなどのロシアのアバンギャルドなアーティストの創作品もあります… ガリエラ美術館で 誰が何を運ぶの?これが2017年2月12日に終わる「解剖コレクション」の間にパリのファッション美術館、ガリエラ美術館で尋ねられた質問。宮廷で着られたドレスから青いコラードの服装まで、解剖学とセレブの間で、展示会では約100点の衣類とアクセサリーを一体にして18世紀から現在に至るファッションを解明しています。時の本物の旅ではマリーアントワネットの宮廷の慣習を追ったり、オードリーヘプバーンやサラ・ベルナールのお気に入りのアウトフィットを公開しています… パリ市のモダンアート美術館 3月5日までモダンアート美術館は20世紀に最も有名なフランス人画家のひとりであり、最も物議を醸しだしたひとりでもあるベルナール・ビュッフェ(1928-1999)への展示会を捧げます。約100点のアート作品が展示されていて、彼のお気に入りのテーマを追悼しています:もちろんピエロ、そして宗教的、神話的、文学的なサイクルもあります。 オルセー美術館で 次に述べる展示会も3月5日に終了します。オルセー美術館で開催されるフレデリック・バジールの展示会では、わずか28歳の時に戦闘で亡くなりましたが、数年間でいくつかの驚きの名作を残したこの若いアーティストの作品をハイライトしています。制作の天才で、彼は印象派の源でした。同時に主題と年代順の方法で管理され、行程ではデラクロア・クーベル・マネ・モネ・ルノワール・ファンタン=ラトゥール・ギグー・ショルデラー・セザンヌといった彼の同期の作品にバジールの作品を組み合わせています。 アールデコ美術館 建物以上に家具の現実と毎日のオブジェクトでも名高い世界で有名なフランス人建築家のジャン・ヌーベルはもう公開しません。アイコン的な家具の作品を展示しているアールデコ美術館が2月12日まで公開する建築家のこのあまり知られていない側面にあります。

さらに読む
パリで見逃せない期間限定の展示会

パリで見逃せない期間限定の展示会

ニュース

バレンタインデーのロマンチックなパリ

3 年前 - Pauline P.

恋人を表すのにパリよりロマンチックな都市が一体どこにあるでしょう?首都にはオールドファッションな魅力、田園風の公園、くつろげるレストランがあちこちに溢れている…だから一対一で愛を語るのにピッタリのたくさんの場所があります。バレンタインデーには、パリで最もロマンチックな秘密の場所へと我々のガイドに従いましょう。 ロマン派美術館 その名前が場所をうまく要約しています。この博物館(無料!)は現在のロマン主義を目的としていますが、結局はロマンチックな散歩に好まれる時から解放される場所。以前の場所の持ち主であるアーティスト アリ・シェフェールのアート作品と女流作家ジョルジュ・サンドに捧げたコレクションの他にも訪問者を魅了する田園風のセッティングがあります。小さな舗装された小道、花壇、しかもそこはパリ! ロマン派美術館 -シェフェール-ルナン館 -   16 rue Chaptal, 75009 メトロ:ピガール駅またはサン・ジョルジュ駅 Perched on a tree ロマンチックな夜に理想的な場所。ブランコに座ったり、吊るされた小さな小屋やツリーハウスに腰を下ろして食事をすることができます。親密さを保証!必ず事前に予約をして2つのブランコのテーブルのひとつに席を取りましょう。食前または食後に奥の部屋でマッサージを楽しむチャンスもあります。思い出になる本当に稀な場所! Sur un Arbre Perché – 1 rue du 4 septembre 75002 メトロ:ブルス駅 モンソー公園の橋 パリの8区(それと、17区のシックな部分の端)のモンソー公園はパリで最も楽しい公園のひとつ。同時に庭園は家庭的でロマンチック。幻想と楽しみに庭園として18世紀後半に作られました。小さなベネチア風の橋がそこに隠れていて、恋人たちのランドマークとなっていてふたりの写真撮影にとってもロマンチック… “I love you”の壁 モンマルトルの丘の上のメトロのアベス駅近くの小さなジャン・リクチュス広場に隠れた”I love you”の壁は人々の調和を表すために作られました。壁と境界線は一般的には分割機能があるならば、その代わりに”I love you”の壁は親交です。愛に捧げられたこの作品は世界中の恋人たちの会う場所となり、250の様々な言語で書かれた311の”I love you”を読むことができます。 ポンデザールとアルシュヴェシェ橋 伝統では、恋人たちがポンデザールとアルシュヴェシェ橋でブラブラとすることを望み、そこには多かれ少なかれ目立つ南京錠があって恋人たちが名前やイニシャルを彫ってロマン派の首都に愛の名残を残しました… 残念ながら、南京錠の重量は橋にダメージを与える脅威となり、南京錠は2015年に取り外されました。しかし、このふたつの橋は恋人たちの象徴的な散歩道であり、カップルにとてもありがたいふたりのためのピクニックコーナーです。 ビュット・ショーモンのガゼボ すべてのガゼボと同じように、ビュット・ショーモンのガゼボも冬にはかなり静かな場所。だって寒いのに173段登る気力が必要ですから!橋や歩道橋でアクセスできる島にあり、二倍孤立しています。イタリア寺院の魅力があり(直接インスパイアされています)モンマルトル、エッフェル塔、さらにシンプルに周りにある19区の眺めを提供します。ハグして暖まるのに本当にロマンチックな場所! ブローニュの森のボート 勇ましいボート好きや遅刻した恋人たち、2月15日からレンタルできるブローニュの森のボートは完璧。首都のグリーンエリアで二人のための素敵な時間をシェアするために喧噪から抜け出して水上でボートをこいで楽しみましょう。

さらに読む
バレンタインデーのロマンチックなパリ

バレンタインデーのロマンチックなパリ

ライフスタイル

パリのマーケットを発見…

3 年前 - Pauline P.

近隣の市場に飛び込んで活気づく都市の中心を発見することは、もはや特有というわけではありません。パリジャンはこの古きパリの伝承に特に愛着を抱いていて、首都の82の食品マーケットの路地を毎週末歩いています。本物のパリジャンの体験を楽しむために我々のガイドに従って、最高に陽気な、または最高に驚きのスポットを発見しましょう! 伝統的で適正な価格 アリーグル市場, 豊富 第12区のアリーグル市場はカフェやショップに囲まれた魅力的な広場の中心にあって評判が良い市場。数年前にはパリで最も安価な市場のひとつでしたが、現在では「高級に」なっています。それでもまだ本物で豊富な市場のままです。地元の果物やさまざまな原産の野菜の屋台と市場のアンティークさが一緒になり、首都の4地方からやってくる様々な顧客をハッピーにしています。日の出と共に周囲のテラスがいっぱいになり、場には親睦が加わります。 アリーグル市場 - 3 Place d’Aligre, 75012 Paris - メトロ:ルドリュ=ロラン駅 - 毎日営業(月曜以外)朝7時~午後2時 ベルヴィル市場, コスモポリタン あらゆる文化や国民性が一緒になったこの市場はパリ最高のバリュー。高品質で申し分のない鮮度のファーストクラスのスタンドの横には、とびきりの価格でたくさんのセカンドクラスの製品、ランジスの未販売品を見つけることもできます。市場の終わりには、刺激的でフレンドリーな雰囲気の中、価格がうんと値引きされます。 ベルヴィル市場 - 63 Boulevard de Belleville, 75011 Paris - メトロ:クロンヌ駅またはベルヴィル駅 - 火曜~金曜営業、朝7時~午後2時30分 バルベス市場, 最高の価格 この大きな市場が設置される空中メトロの下にあります。パリで一番安く、モットーは「1キロあたり1ユーロ!」結果:雰囲気は、ぶらつくのに市場よりももっと賑やか。つまり、雰囲気は熱狂的。広場恐怖症の人は避けます。確かに押されたり、足を踏まれたりしてちょっとアザが残ったりしますが、3袋いっぱいで15ユーロ。首都のマルチエスニックな首都! バルベス市場 - Boulevard de la Chapelle, 75018 Paris - メトロ:バルベス・ロシュシュアール駅 – 水曜 朝7時~午後2時30分、土曜 朝7時~午後3時 The Posh バティニョール市場, オーガニックを尊重 バティニョール市場はエコロジストとオーガニックアイテムのフォロワーのベンチマーク。この大きな市場には特別な魅力があり、幅広いセクションの果物や野菜があり、店主たちはお得意様と対話しています。この非常に自然な商人たちはわずかな闘争心とたくさんのアドバイスをくれます。発芽した種や植物性のミルク、グルテンフリーのパン、そしてもっと大胆なのは、搾りたてのハーブのジュースのテイスティング。バティニョールではそれがオーガニックでおいしく、そして高い!品質やトレンドは間違いなくその価格にあり… バティニョール市場 -  64 rue des Batignolles, 75017 Paris - メトロ:ローム駅、ラ・フルシュ駅 土曜営業 朝9時~午後2時 アンファン・ルージュ市場, パリ最古 マレ地区の静かな角ではパリ最古の食品市場 アンファン・ルージュを見つけることができます。市場は1629年に設立され、孤児院の赤い制服を着た子供たちに敬意を払って名付けられました。現在では新鮮な食品を見つけることができますが、世界の隅々の調理された料理のスタンドもあります。巨大なオープンエアのダンスホールでは家族や友人と座ってモロッコ料理・日本料理・レバノン料理・中華料理・カリブ海料理を味わうことができます。成功するにはテーブルを見つけるために早く到着することが必須条件… アンファン・ルージュ市場 - 39 Rue de Bretagne, 75003 Paris - メトロ:フィーユ・デュ・カルヴェール駅 - 火・水・木曜:朝8時30分~午後1時、午後4時~午後7時30分 - 金・土曜:朝8時30分~午後1時、午後4時~午後8時 – 日曜:朝8時30分~午後2時 シック サックス・ブルトゥイユ市場, 最も美しい眺め サックス通り沿いに広がるこの壮大な市場はエッフェル塔のすばらしい眺めを提供します。非常に楽しくてさほど混んでいなく、幅広い選択肢があるこの市場は高品質の製品、界隈と顧客のシックさに適した価格を提供します。シャン・ド・マルス公園に非常に近い美しい散歩道。 サックス・ブルトゥイユ市場 - Avenue de Saxe, 75007 Paris - メトロ:セギュール駅 - 木・土曜 朝7時~午後2時30分 ラスパイユ市場 オーガニック、そしてまたまたオーガニック、特にファッショナブル、首都で一番高級なデパート ボン・マルシェのすぐ近く。ラスパイユ市場は、パリで一番知られていて、最古、そして最もクラシックなオーガニック市場です。そして最も高い市場のひとつでもありますが、提供される製品はすばらしい品質のものです。食品、美容製品、メンテナンス製品のどれを探していても、ここにあるすべての製品はGMO(遺伝子組み換え)フリー、殺虫剤不使用、動物テストを行っていません。 ラスパイユ市場 - Boulevard Raspail, 75006 Paris - メトロ:セーヴル=バビロヌ駅 – 日曜(朝9時~午後2時) The originals オリジナル サン=トゥアン露店市, アンティークハンティングのパラダイス 衣類、アンティーク、ビンテージオブジェクト…世界で最も有名なこの蚤の市では何でも見つけることができます。アンティークハンティング好きな人や蚤の市に熱い人は、小さなお手頃な空間とデザインモニュメントの間にあるサン=トゥアンで幸せを見つけるでしょう。磁器・楽器・アンティークリネン・デザインアイコン・鳥かご・軍服。多様性が市場の7ヘクタールにある1,300店に揃っています。はっきりしていることは、販売員がかなり控えめなこと。安心して見させてくれます。 サン=トゥアン露店市 - Rue Jules Vallès, 75018 Paris(ポルト・ドゥ・サン・トゥアンとポルト・ドゥ・クリニャンクールの間)- メトロ:ポルト・ドゥ・クリニャンクール駅 - 土曜(朝9時~午後6時)、日曜(朝10時~午後6時)、月曜(午前11時~午後6時) サンピエール市場, ファブリックの殿堂 市場ではありませんが、そのようなものなのでその名が付けられています。サンピエール市場はモンマルトルの丘にあり、ファブリックの殿堂です。すべての素材、すべての色、すべての価格、小さなクリエイティブな手や人気デザイナーがこの6階建てのお店に投資していて、インスピレーションを見つけて仕事に取り掛かります。 サンピエール市場 - Rue Charles Nodier, 75018 Paris - 月~土曜営業(朝10時~午後6時30分) 花市・鳥市, 生の状態の詩 ノートルダム・ド・パリからほんのわずかの所にある詩と快楽の島であるシテ島の中心に…市場は2棟の大きな建物と何十もの小さなスタンドで構成されていて、バラ、ラン、ユリ、チューリップ、球根、鳥かご、ガーデニングの本が愛好家によって販売されています。市場が毎日アクセス可能ならば、スタンドの販売員は日曜にだけそこにいます。ハト、インコ、その他多数のエキゾチックな鳥を販売しています。 花市・鳥市 - Louis Lépine, Ile de la Cité, 75004 Paris - メトロ:シト - 毎日営業

さらに読む
パリのマーケットを発見…

パリのマーケットを発見…

ナイトライフ

パリの中心で夜に侵入

3 年前 - Ludovic M.

熟練の宵っぱりさん、観光客が寝ていて通りが静まり返っている時にパリを発見するという夢がありますか?建物に影を落として、神秘的な見た目を与える暗闇に魅惑されますか?それなら、夕暮れにドアを開く私たちの最高のモニュメントと変わった場所についてきましょう。 サクレ・クール寺院 モンマルトルにそびえ立つサクレ・クール寺院は、パリのノートルダムに次いでフランスで二番目に最も訪問されるカトリックの建物。絶えず朝6時から夜10時半まで開いていて、白い丸天井とインテリアのフレスコ画は、光によって夕方に大きく見えます。夜に聖堂を訪問すると、眠っていても輝く首都の桁外れの全景を楽しめるでしょう。カトリック教徒の方は、サクレ・クールの聖堂は、続ける祈りのリレー経由で出入りすることもできます。聖堂内の受付に収容される忠実な信者は次から次へと夜中に祈るために続きます。 ルーヴル美術館 違う角度からルーヴル美術館の名作を発見するためには、水曜と金曜の夜の夜間開催を活用しましょう:新しいガイドツアーが準備されていて、最適な状態の元でコレクションを見ることができます。 夜のセーヌ川 川船クルーズが首都のどの訪問にもクラシックなもののひとつならば、夜にパリをクルージングすると、橋やイルミネーションが施されたモニュメントがある都市の違う外観を提供します。パリは巨大なシネマの装飾の面を持っています。 パリの at the time of crime 暗い小道、陰気な広場、狂暴な通り。「Paris à pas contés」が開催する夜間ツアーの間にパリの別の顔を発見しましょう:犯罪のパリ。このオリジナルの恐ろしいガイドツアーでは、天空下のルーヴル、シャトレ、シテ島の近郊に感服させてくれて、忘れられたあさましい事実を発見させてくれます。 ランジスの国際市場 フランスの美食を愛する人にとって、ランジス市場はパラダイス。こんなに幅広い新鮮な生産物を提供できる世界唯一の市場です:魚、肉、乳製品、チーズ、果物、野菜、切り花、市場のエリアの230ヘクタールの所からすべて毎日トラックで運ばれます。ランジスでは、毎年食物だけで150万トン、そして3,200万の花が切られます。このとても特別で専門的な世界は、現在では朝5時に開始する訪問のために一般の人々にもドアを開いています:肉、乳製品、果物、野菜、切り花の大型テントを訪ねて、元気づけるブランチでしっかり浸かって仕上げましょう。独特な体験! パリの大学都市 パリの大学都市は見る価値がある、知られていない場所のひとつ。世界のさまざまな場所からやってくる生徒を歓迎するこれらの大学の住宅のお陰で、首都に招待されてきた全世界です。スウェーデン、日本、アルゼンチン、インド…パビリオンは楽しい建築の融合と共にやってきます。一部の家はル・コルビジェやジャン・プルーヴェといった著名な建築家が建てて仕上げました。都市は、昼も夜もガイドツアーを準備しています。夜の暗闇のおかげで、一部の家の正面に作られた工夫は、著名なアーティスト、以前の居住者、そうでない人の歴史を発見ように誘い込み、その作品は場所のヒューマニストの精神をなおもはぐくみます。サンゴール、サルガド、コルタサル、日本の画家である藤田嗣治と会いながら。

さらに読む
パリの中心で夜に侵入

パリの中心で夜に侵入