ライフスタイル


セクションライフスタイルのすべてのHomeTown ブログ記事をこのページで見つけられます。

ライフスタイル

映画好きな人のためのカルチェ・ラタンの映画館5件

1 年前 - Julie D.

 カルチェ・ラタンに映画館が多い理由は?  カルチェ・ラタンは、地域と異なっています:5、6区ほぼ全域に広がっています。1250年のソルボンヌ大学の設立以来、大学の歴史ある地域は、今日でもパリの学生の生活の活気あふれる中心地です。 映画好きな人の歴史的なホールに加えて、1960年代にはカルチェ・ラタンに映画館が数件開き、一部は20世紀初期まで営業していました。May 68に従った知識人の騒動で、映画館はただの娯楽ではなく本物の芸術として、そして、ニューウェーブの名声でサーフィンをして社会観察や転換の方法としてよく見られるようになりました。 シネマ・アートハウス、作家の映画、委託映画:ボヘミアンな知識人と芸術の中心の中核であるカルチェ・ラタンはもっと問いかけます。事実は言うまでもなく、もっと単調で、学生は授業の合間 ― または授業をさぼる時に空き時間があります… そこで、学生の道のりを通って暗い教室を散歩して、カルチェ・ラタンの精神が何であるかを大きなスクリーンで発見しましょう! シャンポ シャンポは、これ以上の紹介が必要ないほど、シャンポリオン通りとエコル通りの角に堂々と建っています。1938年にオープンし、火事から助かって、大動員が救う前には閉鎖の危機がありました。1938年にパリ市議会が映画館と元の外観を作り、保護のために史跡として分類されています。 1941年の火事は、独創的な発明の場所でもありました:「レトロ反射作用」は、スクリーンに反射される鏡の上の画像を企画する潜望鏡を使用します。このプロセスはとても小さな部屋でも映画企画を可能にしますが、恐らく「反射」の起源で、シャンポリオン通りの別の映画館の名前、「ルフレ・メディスィ」と、現在ではパンテノンのフィルム・ライブラリーに生まれ変わった「シネルフレ」書店の名前で見つけます。 シャンポは映画製作者の映画館で、ニューウェーブの殿堂です:フランソワ・トリュフォーはそこで終日過ごしたことを認めました。あっという間に7番目の芸術の聖人となったこの小さな映画館によく来たのはトリュフォーだけではありません:ルルーシュ、ゴダール、シャブロルは常連でした。 シャンポは、作家や動向に忠実な主要な回顧のサイクルを好み、同じテーマの映画が夜中から夜明けまで続けて放映される「シャンポ・ナイト」を開催します。 ル・シャンポ -  51, rue des Ecoles, 75005 – メトロ クリュニー・ラ・ソルボンヌ駅またはモーベル・ミュチュアリテ駅、もしくはRERリュクサンブール駅 カルチェ・ラタンのフィルモテック クエンティン・タランティーノは、パリに来るたびに、カルチェ・ラタンのフィルモテックに来るというウワサがあります…アメリカの監督は、変装のギフトがあるに違いありません。だってその大きなサイズでは匿名が容易ではありませんから! マリリン・モンローとオードリー・ヘプバーンのサインの下に2つのくつろげる部屋があり、知識人の近郊の従来のスクリーンを存分楽しめます:作家の映画、すばらしい監督の回顧、あまり知られていない映画のフェスティバル、トルコ映画、クルド映画、ハンガリー・レバノン・フィンランド・ウクライナの映画。折衷主義は合言葉で、多様な時代やジャンルの映画を上映します。でも、遅刻して来る人はご注意:広告の間にそっと到着できるとは覆わないでください。フィルム・ライブラリーでは何もありませんよ! カルチェ・ラタンのラ・フィルモテック- 9, rue Champollion, 75005 - メトロ クリュニー・ラ・ソルボンヌ駅またはモーベル・ミュチュアリテ駅、またはRERリュクサンブール駅 ルフレ・メディスィス 1964年にオープンした旧劇場のルフレ・メディスィスは、カルチェ・ラタン最古の映画館のひとつです。シャンポやフィルモテックのように、シャンポリオン通りにあるので、授業の合間に時間を潰しにやって来るソルボンヌ大学の学生の隠れ家にもなっています。映画館には部屋が3つあります:メディスィ3では、まだ夜型の人の劇場だった時代のマルチカラーのステンドグラスの窓を見逃さないようにしましょう。 芸術の部屋の厳格さのために、映画はオリジナルの言語で上映され、監督やチームと一緒に討論や会合に言及せずにすばらしい監督に向けての特別な回顧があります。ルフレ・メディスィスはフェスティバルも主催します:ポーランド映画フェスティバル、Cinerilフェスティバル、映画フェスティバル - アムネスティ・インターナショナルと人権。毎年、カンヌ映画祭が終わると、ルフレ・メディスィスで、まだあまり知られていない監督を発見できる「ある視点」セレクションを見つけます。 逆に、ルフレはシンプルでなじみやすい学生のカフェです。セッションの前または後に、ルフレに来て世界を再現して、自尊心のあるパリの学生のようにビールをすすります。 ルフレ・メディスィス3, rue Champollion, 75005 - メトロ クリュニー・ラ・ソルボンヌ駅またはモーベル・ミュチュアリテ駅、またはRERリュクサンブール駅 エスパス・サン=ミシェル カルチェ・ラタンの映画館の古参、エスパス・サン=ミシェルは1911年以来、映写室として運営しています。レスパス・サン=ミシェルは、フランス、外国人作家による映画に最高位を与えており、近郊の他の映画館がすばらしいクラッシックを奨励しています。レスパス・サン=ミシェルは、新人の導入も求めています。 ここでも、映画ファンの間で長くてクレイジーな会話を促すようにすべて行われます。Les Affichesバーレストランはフレスコや映画の写真、映画コレクションの一部のオリジナルポスターへのその名前に「50年代」の特徴があります。 最後に、「クラブ」は地下の奥まった場所に隠れた心地よいスペースです:映画に行く人や映画の人の間の会合を歓迎します。討論の間、撮影中の上映やショートフィルムに。 エスパス・サン=ミシェル - 7, place Saint-Michel, 75005 – メトロ サン=ミシェル=ノートルダム駅 シネマ・ラ・シェフ –リュザージュ・デュ・モンド モンターニュ=サント=ジュヌヴィエーヴの反対側にあるシネマ・ラ・シェフはソルボンヌ大学の活動範囲ではありませんが、カルチェ・ラタンにかなりまだ定着しています:サンシエ通りのソルボンヌ・ヌーヴェル大学が近くにあります。 鍵はオリジナルの物語があります。近郊の最も「Mai 68」映画かもしれません:1969年に設立され、開設したばかりの真新しい大学から生徒が参加しました。1970年代には、独立系映画と上映が続きますが、映画室は1980年代には低迷しました。1990年代には、アフリカ人とアフロアメリカン映画の財産をすべて促進するためにImages d'Ailleursの名の元で、アフリカの映画製作者が引き継ぎ、フランスはその後に活気を発見しました。 現在では、ラ・シェフはパリで唯一の連合の映画館で、世界中の映画を上映して確約した精神を持ち続けています。特によそではなかなか見られない映画や現代社会の社会・環境問題を反映した映画を上映しています。 ラ・シェフ - リュザージュ・デュ・モンド - 34, rue Daubenton, 75005 – メトロサンシエ=ドバントン駅  

さらに読む
映画好きな人のためのカルチェ・ラタンの映画館5件

映画好きな人のためのカルチェ・ラタンの映画館5件

ライフスタイル

パリのラン展示会:パリの植物園を再訪問するチャンス

1 年前 - Julie D.

 パリが灰色だなんて誰が言ったのでしょう?この大都市にはうまく隠された秘密があり、緑地に入って印象的な花壇の周りを歩くことができます。2018年3月23~25日に開催されるパリのラン展示会の機会があり、首都の植物園の短いツアーをするチャンスを手に入れることができます。 エレガンスのパレード:ラン パリ2018 3月23~25日、ランの印象的な展示会がパリで開かれます。場所はポルト・ド・ラ・ヴィレットで、この優美で上品な花が呼び物となります。展示会は世界中のランの制作者のほか、Writhlington School Foundation、Greenhouses of the Senate - Jardin du Luxembourg、the Eric Young Foundationなどの団体や協会が終結します。珍しい植物種や最新のハイブリッドなランの制作物を購入することができます。 最も行き届いた、ハイレベルな会議は最新の科学の成果を広めています。一部の会議はアマチュアの方にとって、利用しやすいでしょう。3日間の展示会の間、National Horticultural Society of Franceがブーケ作りのワークショップを提供します。ランの世話をして、もっとうまく栽培するための大衆向けのワークショップや、お子様向けワークショップ、写真コンテストも見つけましょう。 ラン 2018 展示会 – パリ・イベントセンターAホール, 20 Avenue de la Porte de la Villette, Paris 19 – メトロ7またはトラム3B ポルト・ド・ラ・ヴィレット駅 – 入場料 12ユーロ、12歳以下のお子様は無料 バラ、ダリヤ、アイリス:パリの植物園の季節 これを機にパリの植物園を発見または再発見してはいかがでしょう?パリジャンは4カ所のパリの植物園を楽しみますが、見逃せないパリ植物園とパリ大学5薬学部の目立たない植物園ルネ・デカルトもあります。各植物園にはそれぞれの歴史と雰囲気がありますが、すべて巨大都市の中の予想外の平和の憩いの場所です。 ヴァンセンヌ・フラワーパーク ヴァンセンヌ城の遊歩道からアクセスできるヴァンセンヌ・フラワーパークは広大で、シャクヤク(4~5月に花が咲く)、アイリス(5~6月)、ゼラニウム(5~9月)、ダリヤ(8~10月)を発見するために長く散歩するのにピッタリです。こちらで開花情報をご覧ください。 フローラルパークでは多数の文化イベントも主催していて、毎年9月末には国際ダリヤ大会があるほか、美しさ以外では花とはさほど関係はありせんが、フェスティバルやコンサートも開催されます。フローラルパークは、6~7月にパリ・ジャズフェスティバル、8~9月の週末にはクラシック・オ・ヴェールの劇場です。 もちろん、夏じゃ花の小道をぶらぶらとするのにピッタリな季節。でも、もしお気に入りの花の香りがしない時には、フローラルパークでは他のアトラクションも約束してくれます。屋外のティンゲリー、ジャコッメッティ、コールダーを楽しむことができる彫刻庭園があります。「ロサリス」(四輪車)、卓球、宝探しはお子様の注意を引くでしょう。 ヴァンセンヌ・フラワーパーク - Route de la Pyramide, Paris 12 – メトロ1 シャトー・ドゥ・ヴァンセンヌ駅- 営業時間:夏(4~9月)午前9:30~午後8時、3月・10月午後6:30まで、冬季午後5時まで パーク入場料:2017年5月1日~10月31日 2.5ユーロ。7~26歳向け料金 1.5ユーロ、7歳以下無料。チケットまたはカウンターマーク提示で、コンサートナイトは無料。 ジャルダン・デ・セル・ドトゥイユ 街の反対側にジャルダン・デ・セル・ドトゥイユとその称賛すべき熱帯温室があります。元々、温室と花壇があった装飾庭園で、ルイ15世が推進した庭園です。パリ市が園芸生産地を作るために探していた19世紀末に本格的に成長しました。それから建築家のフォルミジェがオートゥイユ庭園を修繕し、ロダンのスタジオを利用してグロテスクな顔やしかめ面のマスクのテラスの擁壁を飾りました。ジャルダン・デ・セル・ドトゥイユには実際には複数の庭園があります:フランス、日本、地中海、コンテンポラリー。温室では、非常に教育的でうまく説明されるコースに従ってサボテン、ヤシの木、熱帯植物を発見しましょう。 ジャルダン・デ・セル・ドトゥイユ – 1 Place of the Porte d'Auteuil / 1 Avenue Gordon Bennett, Paris 16 – メトロ10 ポルト・ドトゥイユ駅 - 入場料無料 バガテル公園 16区のヌイイ付近にあるバガテル公園は究極に洗練されています。有名なバガテルのバラ園のほか、水仙庭園やオレンジの温室もあります。そこら中でクジャクが静かに歩いていて、風景の洞窟、滝、石橋の間で巧みに演出しています。季節のハイライトは、6月初旬のバラの週末とその国際的な新しいバラの大会です。バラ園の隣には美しいアイリス庭で、スペイン=モロッコ建築に感化されています。 バガテル公園の歴史は、とてもロマンチック:公園そのものとバガテル城の「熱狂」(快楽の邸宅)はマリーアントワネットと彼女の義理の兄弟の廷臣アルトワの信じがたい賭けの結果です。1777年、マリーアントワネットは、100日以下のこのクレージーなプロジェクトを完了するために庭園に挑戦しました。羽根飾りで賭け:超人的な努力を犠牲にして、公園と城は64日で準備できました‥ ヴァンセンヌ・フローラルパークのように定期的にコンサートや音楽フェスティバルを開催しています:バガテル・ミュージカル(6月末)、ショパン・フェスティバル(6~7月)、バガテル・ソリスト(週末にオレンジ温室にて9月末に)。 バガテル公園 - Route de Sèvres to Neuilly, Paris 16 – メトロ1  ポルト・マイヨ駅、PER C  ヌイイ=ポルト・マイヨ駅 – 営業時間:4~9月 毎日午前9:30~午後8時、3月 午後6:30まで、10~2月 午後5時まで - イベント開催中6ユーロ、それ以外は無料 行くべき:ジャルダン・デ・プラント アウグストゥス・ジャルダン・デ・プラントをもう紹介できません。薬剤師のニコラス・フーエルが16世紀にこの地で本草学者にクラスをすでに行っていたので、パリの植物園の古参です。18世紀に有名なナチュラリストのビュフォンが欧州で最も重要な科学研究センターのひとつにしました。博物学の国立博物館の一部であるジャルダン・デ・プラントはその科学的な意識を持ったままです。 複数の庭園があります(合計で12カ所):2010年に大衆向けに再度オープンした大きな温室、アルプスの庭、アイリス・多年生植物園、シャクヤク園、バラ・岩園、菜園、エコロジカル庭園、植物学スクール。15,000以上のさまざまな植物があります… ジャルダン・デ・プラント – 地下鉄5 オステルリッツ駅、地下鉄7 サンシエ・ドーバントン駅、地下鉄10 ジュシュー駅またはオステルリッツ駅、PER C パリ-オルステルリッツ - 営業時間:毎日日の出から夕暮れまで(指定時間はFacebookページにてご確認ください) - 入場料無料、植物ギャラリーのみ7ユーロ。 薬科大学の植物園 – パリ大学5 あまり知られていない場所です。ルクセンブルク庭園近くの6区の静かな角地に隠れています。すべきことは、ロプセルヴァトワール大通りの薬学部に入ってまっすぐ進むと薬草に溢れたこの庭園にたどり着くことですが、それだけではありません。この植物園のコレクションは、もちろん科学・薬学研究に連動していますが、薬学部の生徒が将来の顧客に敏感に反応するために、一般的な有毒植物に習熟できるようにもしています。壮大な温室の一部はギュスターヴ・エッフェルからの遺産で、木曜の午後2~4時のガイドツアー限定で訪問することができます。 薬学部の植物園 – パリ大学 5 - René Descartes - 4, avenue de l'Observatoire, Paris 6 - RER B ポールロワイヤル駅またはルクセンブルク駅、メトロ4 ヴァヴァン駅、メトロ12 ノールダム・デ・シャン駅 - 営業時間は薬学部と同じ – ガイドツアーは毎週木曜午後2~4時。 

さらに読む
パリのラン展示会:パリの植物園を再訪問するチャンス

パリのラン展示会:パリの植物園を再訪問するチャンス

ライフスタイル

パリのマーケットを発見…

2 年前 - Pauline P.

近隣の市場に飛び込んで活気づく都市の中心を発見することは、もはや特有というわけではありません。パリジャンはこの古きパリの伝承に特に愛着を抱いていて、首都の82の食品マーケットの路地を毎週末歩いています。本物のパリジャンの体験を楽しむために我々のガイドに従って、最高に陽気な、または最高に驚きのスポットを発見しましょう! 伝統的で適正な価格 アリーグル市場, 豊富 第12区のアリーグル市場はカフェやショップに囲まれた魅力的な広場の中心にあって評判が良い市場。数年前にはパリで最も安価な市場のひとつでしたが、現在では「高級に」なっています。それでもまだ本物で豊富な市場のままです。地元の果物やさまざまな原産の野菜の屋台と市場のアンティークさが一緒になり、首都の4地方からやってくる様々な顧客をハッピーにしています。日の出と共に周囲のテラスがいっぱいになり、場には親睦が加わります。 アリーグル市場 - 3 Place d’Aligre, 75012 Paris - メトロ:ルドリュ=ロラン駅 - 毎日営業(月曜以外)朝7時~午後2時 ベルヴィル市場, コスモポリタン あらゆる文化や国民性が一緒になったこの市場はパリ最高のバリュー。高品質で申し分のない鮮度のファーストクラスのスタンドの横には、とびきりの価格でたくさんのセカンドクラスの製品、ランジスの未販売品を見つけることもできます。市場の終わりには、刺激的でフレンドリーな雰囲気の中、価格がうんと値引きされます。 ベルヴィル市場 - 63 Boulevard de Belleville, 75011 Paris - メトロ:クロンヌ駅またはベルヴィル駅 - 火曜~金曜営業、朝7時~午後2時30分 バルベス市場, 最高の価格 この大きな市場が設置される空中メトロの下にあります。パリで一番安く、モットーは「1キロあたり1ユーロ!」結果:雰囲気は、ぶらつくのに市場よりももっと賑やか。つまり、雰囲気は熱狂的。広場恐怖症の人は避けます。確かに押されたり、足を踏まれたりしてちょっとアザが残ったりしますが、3袋いっぱいで15ユーロ。首都のマルチエスニックな首都! バルベス市場 - Boulevard de la Chapelle, 75018 Paris - メトロ:バルベス・ロシュシュアール駅 – 水曜 朝7時~午後2時30分、土曜 朝7時~午後3時 The Posh バティニョール市場, オーガニックを尊重 バティニョール市場はエコロジストとオーガニックアイテムのフォロワーのベンチマーク。この大きな市場には特別な魅力があり、幅広いセクションの果物や野菜があり、店主たちはお得意様と対話しています。この非常に自然な商人たちはわずかな闘争心とたくさんのアドバイスをくれます。発芽した種や植物性のミルク、グルテンフリーのパン、そしてもっと大胆なのは、搾りたてのハーブのジュースのテイスティング。バティニョールではそれがオーガニックでおいしく、そして高い!品質やトレンドは間違いなくその価格にあり… バティニョール市場 -  64 rue des Batignolles, 75017 Paris - メトロ:ローム駅、ラ・フルシュ駅 土曜営業 朝9時~午後2時 アンファン・ルージュ市場, パリ最古 マレ地区の静かな角ではパリ最古の食品市場 アンファン・ルージュを見つけることができます。市場は1629年に設立され、孤児院の赤い制服を着た子供たちに敬意を払って名付けられました。現在では新鮮な食品を見つけることができますが、世界の隅々の調理された料理のスタンドもあります。巨大なオープンエアのダンスホールでは家族や友人と座ってモロッコ料理・日本料理・レバノン料理・中華料理・カリブ海料理を味わうことができます。成功するにはテーブルを見つけるために早く到着することが必須条件… アンファン・ルージュ市場 - 39 Rue de Bretagne, 75003 Paris - メトロ:フィーユ・デュ・カルヴェール駅 - 火・水・木曜:朝8時30分~午後1時、午後4時~午後7時30分 - 金・土曜:朝8時30分~午後1時、午後4時~午後8時 – 日曜:朝8時30分~午後2時 シック サックス・ブルトゥイユ市場, 最も美しい眺め サックス通り沿いに広がるこの壮大な市場はエッフェル塔のすばらしい眺めを提供します。非常に楽しくてさほど混んでいなく、幅広い選択肢があるこの市場は高品質の製品、界隈と顧客のシックさに適した価格を提供します。シャン・ド・マルス公園に非常に近い美しい散歩道。 サックス・ブルトゥイユ市場 - Avenue de Saxe, 75007 Paris - メトロ:セギュール駅 - 木・土曜 朝7時~午後2時30分 ラスパイユ市場 オーガニック、そしてまたまたオーガニック、特にファッショナブル、首都で一番高級なデパート ボン・マルシェのすぐ近く。ラスパイユ市場は、パリで一番知られていて、最古、そして最もクラシックなオーガニック市場です。そして最も高い市場のひとつでもありますが、提供される製品はすばらしい品質のものです。食品、美容製品、メンテナンス製品のどれを探していても、ここにあるすべての製品はGMO(遺伝子組み換え)フリー、殺虫剤不使用、動物テストを行っていません。 ラスパイユ市場 - Boulevard Raspail, 75006 Paris - メトロ:セーヴル=バビロヌ駅 – 日曜(朝9時~午後2時) The originals オリジナル サン=トゥアン露店市, アンティークハンティングのパラダイス 衣類、アンティーク、ビンテージオブジェクト…世界で最も有名なこの蚤の市では何でも見つけることができます。アンティークハンティング好きな人や蚤の市に熱い人は、小さなお手頃な空間とデザインモニュメントの間にあるサン=トゥアンで幸せを見つけるでしょう。磁器・楽器・アンティークリネン・デザインアイコン・鳥かご・軍服。多様性が市場の7ヘクタールにある1,300店に揃っています。はっきりしていることは、販売員がかなり控えめなこと。安心して見させてくれます。 サン=トゥアン露店市 - Rue Jules Vallès, 75018 Paris(ポルト・ドゥ・サン・トゥアンとポルト・ドゥ・クリニャンクールの間)- メトロ:ポルト・ドゥ・クリニャンクール駅 - 土曜(朝9時~午後6時)、日曜(朝10時~午後6時)、月曜(午前11時~午後6時) サンピエール市場, ファブリックの殿堂 市場ではありませんが、そのようなものなのでその名が付けられています。サンピエール市場はモンマルトルの丘にあり、ファブリックの殿堂です。すべての素材、すべての色、すべての価格、小さなクリエイティブな手や人気デザイナーがこの6階建てのお店に投資していて、インスピレーションを見つけて仕事に取り掛かります。 サンピエール市場 - Rue Charles Nodier, 75018 Paris - 月~土曜営業(朝10時~午後6時30分) 花市・鳥市, 生の状態の詩 ノートルダム・ド・パリからほんのわずかの所にある詩と快楽の島であるシテ島の中心に…市場は2棟の大きな建物と何十もの小さなスタンドで構成されていて、バラ、ラン、ユリ、チューリップ、球根、鳥かご、ガーデニングの本が愛好家によって販売されています。市場が毎日アクセス可能ならば、スタンドの販売員は日曜にだけそこにいます。ハト、インコ、その他多数のエキゾチックな鳥を販売しています。 花市・鳥市 - Louis Lépine, Ile de la Cité, 75004 Paris - メトロ:シト - 毎日営業

さらに読む
パリのマーケットを発見…

パリのマーケットを発見…