グルメ


セクショングルメのすべてのHomeTown ブログ記事をこのページで見つけられます。

グルメ

クロワッサンとペーストリー:パリのベスト・ベーカリー

1 年前 - Julie D.

パリ滞在のすばらしい楽しみのひとつは、通りをブラブラして思わず小さな近所のベーカリーに入ること。食欲をそそる焼き立てのパンの匂いや、外はカリッ、中はとろけるこんがりと焼けたクロワッサンのバターの香りに引きつけられます。 パリのペーストリーやベーカリーは恐らく最も訪問される典型!2014年まで、どのベーカリーが7月に休暇を取るか、どのベーカリーが8月に休業許可があるかという決定権は県にあったことを知っていましたか?多種多彩な罰の下で不可侵の杖なく、フランス人、さらにパリジャンを去る方法はありません… 美しい軽い伝統的なバゲットをかぶりつく、またはシンプルながらもすばらしいペーストリーを楽しむことはなんて素敵なんでしょう!- 新しいファッションストアからではなく、ミニマリストの見た目がアートギャラリーに感化される場所:このシックな場所では、目と味蕾と同じぐらいに洗練されたごちそうを味わえます。 パリのベスト・ペーストリーを数件紹介しましょう… まさにパリ風:Boulangerie Alexine 小さな近郊のベーカリーから始めましょう。通りの角に良きせぬ時に発見するようなベーカリーです。古風な方法で、AlexineベーカリーにはFacebookもウェブサイトもなく、ソーシャルネットワークの手助けなしで評判が作られています!おいしいパンやおいしいペーストリーの好きな人から高く評価されていて、いつでも満員です。 発見されるためには、誰がすばらしいパン作りで満足させて、誰がその場所での注目を見つけ出すかというパリのベーカリーのノスタルジックな喜びを見つけることです。 Alexine bakery - 40 rue Lepic, 75018 – メトロ アベス駅 一番のライジングサン:パティスリー・サダハル・アオキ 誰が信じたでしょう?日本のペーストリーシェフがフランス人 - そしてサダハル・青木のパリのショップへ長旅をしてやって来るその他すべてのファンを魅了しました。ショップは禅の見た目があり、美しいキャンディやケーキをうっとりと眺めることができます。「メイクアップ」というニックネームのチョコレートは色で慎重にアレンジされた小さなスティックの形です。食べるのがもったいなくて、眺めるだけの人もいます。ずらっと並んでいて見るだけでも楽しいです。 ケーキを無視することはできません:完璧な三角形が驚きの色合いを一層引き立てています。抹茶はスポットライトにあって、オリジナルの創作に滑らかなパウダーの味わいを添えています。極東のペーストリーの別の材料もあります。小豆がケーキ、タルト、ミルフィーユの中に入っていて、フランス菓子への取り入れ方を心得ています。 ペーストリー・サダハル・アオキ - 35 rue de Vaugirard, 75006 – メトロ レンヌ駅またはサン・プラシード駅 - その他のショップ: 56 boulevard de Port-Royal, 75005; 25 rue Pérignon, 75015; 103 rue Saint Dominique, 75007 - 月曜・祝祭日定休日、火曜~土曜 11 ~19時、日曜 10~18時 最もノルマン風:Aux péchés normands フランスのペーストリーにはバターが必要。たっぷり、たくさんのバター。バターがなければ、クロワッサン、ブリオッシュ、楽しみがありません:ノルマンディのサインの下のベーカリーとペーストリーは幸先の良いもの… パリの伝統的なベーカリーは美しい古風なセッティングのノスタルジックな雰囲気を楽しませてくれます。ミルフィーユ、ペーストリー、フォンダンクロワッサン(もちろんバターたっぷり!)に大喜び。正午にランチのために立ち寄ることもできます。大きなバゲットサンドイッチやキッシュ(チキン、ほうれん草サーモン)があり、もちろん、空腹でなくてもかじれるフィセル・オ・ゾリーブのようなパンがあります。 グルテンフリーのパンやペーストリーの種類が豊富です。 Aux péchés normands - 9, rue du Faubourg du Temple, 75010 – メトロ レピュブリック駅 - 月曜~金曜 午前6時~午後8時。土曜・日曜定休日 最もブルトン:メゾン・ジョルジュ・レルニコル ブルトンバターはノルマンバターと同じぐらい価値があることは認めなくてはなりません… 競争は非宗教的で、勝者を明確にすることは難しいことです!ノルマンバターを使ってとてもおいしいクロワッサンを作ると、ブルトンバターを使うのはケーキだけになります:クイニーアマン。外側がカリッとして、中がふんわりとしたこのおいしさをまだ知らない人にはとてもラッキー。ここで初めて味わうことができるのですから! ジョルジュ・レルニコルが名物を作りました。小さな形で「クイニェット」と名前を変えたクイニーアマンはペーストリーの流行としてすぐにマカロンを押し退けるでしょう。クイニェットは甘かったり、塩味だったり、たくさんのフレーバーがあります:オレンジ、ラズベリー、ピスタチオ、ラムレーズン – そしてもちろん塩バターキャラメル。 しかし、リヴォリ通り店はグルメのパラダイスでもあります。セルフサービスのチョコレートであふれた引き出しが無限にあります。チョコレートの大胆な創作は言うまでもなく、エジプトのスフィンクス、ゴシック教会は最小のガーゴイルを再現していて、ドラゴンは実物よりももっとリアルです。 ジョルジュ・レルニコル・ハウス 14 rue de Rivoli, 75004 – メトロ サン・ポール駅 - 132 Bd Saint-Germain, 75006 – メトロ マビヨン駅またはオデオン駅 - 7 rue de Steinkerque, 75018 – メトロアンベルス駅またはアベス駅 最高のメレンゲ菓子:オウ・メルヴェイユ・ドゥ・フレッド こちらは別の地域の名産物:ブルトンでもノルマンでもなく、メルヴェイユは北フランスやフランダースのペーストリー。カリカリッとしたメレンゲに生クリームを載せてキャラメルチップ、プラリネ、チョコレートに巻かれています。よだれが出るのを止めることはができません… フェデリック・ボーカンがメルヴェイユを作り、その質に妥協しません。パリのペーストリーショップにはベルギーやフランダースのおいしいクラミック、レーズンブリオッシュもあります。 メルヴェイユはとても人気なことにご注意ください。長打の列を避けるために週末にパリのこのショップに行くのは避けましょう。 オウ・メルヴェイユ・ドゥ・フレッド - 24 Rue du Pont Louis Philippe, 75004 – メトロ サンポール駅 - 別にパリに数店舗構えています、ウェブサイトをご覧ください。 最もベル=エポック:オ・プティ・ヴェルサイユ・ドュ・マレ 時代のセッティングがあるパリのすばらしいベーカリー:我々のすべての望みは満たされること!マレではベーカリーは1860年から存在します。どこを見ていいのか分かりません。露店は魅力的ですが、ガラスのタイルに絵画が飾ってある時代の天井は美しいものです。 このプティ・ヴェルサイユの長はフランス最高のワーカーであるChristian Vabret。クリスピーなバゲットでも抜群のピスタチオクロワッサンでもクオリティがそこで待ち構えています。 オ・プティ・ヴェルサイユ・ドュ・マレ - 27 rue François Miron, 75004 – メトロ サン・ポール駅 - 月曜~土曜 午前7時~午後8時、日曜定休日

さらに読む
クロワッサンとペーストリー:パリのベスト・ベーカリー

クロワッサンとペーストリー:パリのベスト・ベーカリー

グルメ

パリでブランチをする場所:首都最高のブランチの場所

1 年前 - Julie D.

パリのどこでブランチをしますか?日曜のメガ・ブレックファスト、アメリカの発明は大西洋を渡って長く経ち、パリジャンの習慣にうまく確立されました。実際にもっと喜ばしいことに、「パリジャン」の半狂乱の週の後は、寝坊して首都最高のブランチのひとつを楽しんではいかがでしょうか? 時間を取って温かいコーヒーをすすり、しぼりたてのオレンジジュースで味蕾を目覚めさせる…そしてアボカドトーストやエッグベネディクトの助けを借りてアメリカ時間で落ち着きましょう。食欲を失くすベーコンの山や底なしのミューズリには戻りません。 それからは小さなカクテル、ミモザ、ベリーニ、グラス1杯のシャンパンを飲むことを大目に見ましょう。結局、日曜日です。少しぐらい楽しまなくては! パリのブランチに、パリジャンが認めた5つの素晴らしい場所の概要 日本風のブランチ:キヌガワ 日本食は「朝食」向け?いいですよね!伝統的なブランチにはトーストやスモークサーモンマフィンは必須ですが、おいしいお刺身を入れて、コンセプトを広げましょう。日曜には、キヌガワ・ヴァンドームではよだれが出そうなブランチ弁当を提供していています。 レストランは建築家のジルとボアシェが巧みに装飾し、禅が漂い、洗練されたミニマニズム。細板の壁のダークウッドは日本の障子の家を思い出させ、ブロンドウッドのベンチには洗練された共鳴があります。 この癒しのセッティングで落ち着いて、オリジナルの料理を堪能します。ハマチの柚子ソースカルパッチョ、照り焼きソースのビーフフィレ、うなぎのお寿司。 キヌガワ・ヴァンドーム - 9, rue du Mont Thabor, 75001 パリ - Tel. : 01 42 60 65 07 – メトロ テュイルリー駅 - 日曜はブランチのみ 正午~午後2:30、レストランは毎日営業 12時~14:30、19:30~23時。 ブランチ グルテンフリー:ビオ・スフェール・カフェ 残念ながらバゲットをかじる、またはクロワッサンを楽しめずにパリ訪問を決定しなければならないと考えた人に:ビオ・スフェール・カフェは絶対に全くグルテンフリーの救世主。 女主人のシルヴィは常習的な完全主義者。最高の人たち(ラデュレとアンジュリナ)の中で訓練し、コーヒーに取り入れる前に何か月もの間、レシピに取り組む。彼女はグルテンにアレルギーはないが、グルテンなしで再現しようとする最高のパンとペーストリーの味わいを参照として維持しています。結果はフワフワのパンとこんがりと焼けたクロワッサンの出来上がり。もう束縛されているように感じません! コーヒーは小さく、品質への配慮はすばらしく、場所の名声は確固たるものであることに気をつけましょう:これがサンデーブランチの予約が欠かせない理由です。シルヴィのクロワッサンが楽しめるのはブランチだけ…ブランチは「決まったメニュー」方式を取り入れています。塩気のあるプレート、甘い物のプレート、フルーツジュース、ホットドリンクです。 ビオ・スフェール・カフェ、グルテンフリーのペーストリー 7, rue de Laborde 75008 Paris - Tel.: 01 42 93 45 58 – メトロ サントーギュスタン駅またはミロメニル駅 - 日曜のブランチ 午前11:30~午後3時、予約のみ。ペーストリー・ティールームの営業時間は月曜~金曜 正午~午後6時、土曜 正午~午後10時 – 閉店1時間前にサービス停止します。 ニューヨークスタイルのブランチ:ジョー・アレン 1972年以来、ジョー・アレンはニューヨークのブランチのカラーを作ってきました。アメリカ料理にまだあまり馴染みのないフランス人にハンバーガーを提供した最初の人のひとりでした。そして現在に至っています。アートのルールで伝統的なブランチを楽しみたい場合には、もちろんレアールへ行きましょう。 スクランブルやベネディクトなどのすべての形の卵料理、パストラミサンドイッチ、ラベルルージュ・チーズバーガー、伝統的なバターミルクパンケーキ、すべて揃っています。ニューヨークスタイルのチーズケーキは厳密に言えばブランチメニューではありませんが、デザートメニューで目を細めることは禁じられていません… ジョー・アレン - 30, rue Pierre Lescot 75001 Paris - Tel.: 01 42 36 70 13 – メトロ エティエンヌ・マルセル駅 - 日曜のブランチ 11~16時、土曜のブランチ 12~16時 - レストランの営業は月曜~水曜は正午~午前0:30、木曜~土曜は正午~午前1時、日曜は午前11時~午前0:30。 美術館のブランチ:ムッシュー・ブル・オ・パレ・ド・トーキョー レストラン、ムッシュー・ブル・オ・パレ・ド・トーキョーではミモザ、ブラッディマリー、ベリーイン、シャンパンがブランチメニューを導いています。しかし「ヘルシー」なジュースは除外されていません:良心を取り入れて、カクテル デトックス・ケール、セロリ、アップル、レモンやクラシック:キャロットジンジャーを注文することもできます。 残りのブランチメニューに失望しません:その名に恥じないブランチを促進するすべてを見つけることができます。ベーコンチーズバーガー、アボカドトースト、スモークサーモン、パンケーキ、フレンチトースト、ベネディクトエッグ。数枚のサラダの葉っぱで満足するようなコンテンポラリーアート美術館ではない(お好きなものを!)ことに安心します。 しかし創造物の最高の場所のひとつにいるので、クラシックに限定されません。ココナッツ・キューカンバー・パッション・シーブリーム・セビチェやトリュフパスタグラタン(アメリカ料理好きな方は、この偽名で有名なマカロニ&チーズを認識するでしょう)にも誘惑されましょう。 ムッシュー・ブル, オ・パレ・ド・トーキョー - New York Avenue 75116 Paris - アルマ・マルソー駅 - Tel.: 01 47 20 90 47 - 土曜・日曜のブランチ 正午~16時、レストランは毎日営業。ランチは正午~14:30。夜は19~23時。 アルザスタッチのブランチ:カフェ・ミラベル カフェ・ミラベルではペーストリーシェフのMarion Goettléが親しみやすいくつろげるセッティングで務めています:外観をリフレッシュさせた古いパリ風カフェ。アルザスで最高のスターレストラン数件で勤めた後、現在ではすばらしい料理を作ります - エピックブランチ。 少し判定しましょう:アペリティフとしてカクテルの後にはグアンチャーレまたはスモークサーモン付きスクランブルエッグ、それから手作りペーストリーの後にthe granola and the invigorating bettelmann with quetschesが続きます。 冬の寒い日なれば、豊富なブランチを楽しんで暖炉の横で温まりましょう… カフェ・ミラベル -  16, rue de la Vaquerie 75011 Paris – メトロ ヴォルテール駅またはフィリップ・オーギュスト駅 - Tel.: 01 43 79 27 46 – ブランチ土曜・日曜 11~16時。ティールーム・ペーストリーショップは、水曜~金曜は午前8時~午後6時。土曜・日曜は午前9時~午後6時。

さらに読む
パリでブランチをする場所:首都最高のブランチの場所

パリでブランチをする場所:首都最高のブランチの場所

グルメ

パリの「ソウルフード」の伝承

2 年前 - Julie D.

 ソウルフード、米国南部の味 「アメリカン・フライドチキン」と言われたら、何のことを考えますか?いえいえ、ケンタッキーのファストフードではありません…フライドチキンはソウルミュージック好きなソウルフードの柱のひとつで、アフリカ-アメリカ文化に属しています。 ソウルフードは米国南部の贅沢で豊富な家庭料理。目を輝かせて覚えた子供時代の味です。アメリカの奴隷の恐ろしい運命を運ぶ料理でもあります:根こそぎにされて苦しんだにもかかわらず、できるだけ最高に守られたアフリカの伝承に感化されたソウルフードは、いつでも元気づける材料と控え目な調理で、人気の料理です。 少なくとも言えることは、これはダイエットをしている人の料理ではないということ。発酵乳だけでなく、甘いコーンブレッド、スイートポテト、フライドプランタン、他にも「ハッシュポピー」を添えたフライドチキンを見つけます。伝統的なソウルフードは、ラードをとてもうまく使います…しかし、オクラ、キャベツ類、コラードなどの典型的な野菜もあります。内臓のシチューに本物の小腸を加えることもできます… 一見して、フランス料理の非常に賞賛されている繊細さに関係なく – しかも特殊な歴史環境のおかげで、アフリカ-アメリカのソウルフードは……フランス系アメリカ人とその子孫の歴史の忘れられたエピソードから発見されたパリの見事な時代を見てきました。 シェ・ハインズ, アフリカン-アメリカンコミュニティのレストラン パリでは、第二次世界大戦の恐怖に続く狂乱の20年代の間、あらゆる意味で解放な年月でした。欧州に飛んで来たアフリカンアメリカンのGI戦士にとって、パリの発見は都市の発見でもありました。もちろん人種差別がなく、母国よりもより自由を与えました。 当時、南部の州では隔離がなおも強行されていました。市民権に対する争いは時に廃止につながり、1965年まで続きました。一方で、フランスでは白人のフランス人女性と黒人の男性の結婚を妨げるものは何もなく、それが、レロイ・ハインズが行ったことでした。 休戦後、このアスリートのアメリカ人は米国に帰国せずにフランスに残りました。Gabrielle Lecarbonnierと出会い、1949年に結婚しました。マヌエル通りにガビー・アンド・ハインズをオープン。離婚後、レロイはビュート・モンマルトルのふもとのクローゼル通りにシェ・ハインズを再オープンしました。 マヌエル通りの彼のレストランは、パリのアメリカの黒人文化の重要な場所となりました。パリを訪問または在住の知的階級やブラックアーティストがそこで会いました:作家のジェイムズ・ボールドウィン、リチャード・ライト、チェスター・ハイムス、画家のビューフォード・デラニー、ミュージシャンのルイ・アームストロング、シドニー・ベシェ、キャブ・キャロウェイ、カウント・ベイシー、マイルス・デイビス。 イキイキとした個性のレロイ・ハインズは時間がある時には俳優でもあり、複数のギャングスター映画に出演しました。マルセル・カルネ演出の1965年の「マンハッタンの哀愁(Three rooms in Manhattan)と、1971年のミシェル・オディアールの映画:Le cri du cormoran, le soir au-dessus des jonques.で彼を見ることができます。 パリはソウルフードの孤児?ちょっと待って! 1986年、レロイ・ハインズの失踪後に、ポルトガル出身の3番目の妻のマリアがレストラン・ハインズで料理を提供し続け、レストランを有名にしました。23年間、彼女はソウルフードの炎をそのまま保ち、同時にブラジル料理を提供してメニューを新しくしようとしました。残念ながら、シェ・ハインズのすばらしい時は現在では過去になっています:パリのアフロ=アメリカンコミュニティはもう多くなく、ブラックパワーの作家やジャズマンが出会った神秘的な夜は思い出以外の何物でもなくなってしまいました。レストランは2009年に閉鎖され、パリのアフロ=アメリカンの歴史の重要なページに変わりました。 ここ数年、アメリカ料理では新しいものがあまりありません。情報不足のフランス人に「本当に」アメリカの料理を食べる幻想を与えながら、ファストフードは容赦なく拡大を続けています。 当時、我々は米国の融合した歴史を反映するソウルフードの別の料理を家に持ち込もうと自分を慰めました:コーンブレッド。このブレッドは、元々はネイティブアメリカンのレシピですが、取り入れられて高められました。典型的なアメリカレシピとなり、特に南部料理で賞賛されました。コーンブレッドは伝統的にはベーコンの脂肪で作られますが、軽めのバージョンをお試しいただくことができますよ。 フランス人は、アメリカの美食はないといまだに信じがちです – ハンバーガーとフライドポテトが国民食のままであるという偏見を持っています。グルメのゴロワがひどく嫌っていたこの「ジャンクフード」のシンボルは、しかし、グルメのアメリカ料理とはまったく関係のないものです。フライドチキンは、あるファストフードメニューに少し似ていても、この考えを追い払わなければなりません。 近年では、若いアメリカ人のレストランには大胆さがあって(一部の凄まじい精神は、厚かましさのことを言います)フランスの土地までやって来てヤンキース(フランス人がアメリカ人に与えるあだ名)に何の能力があるかを示します。 これは、ニューオーリンズ生まれのシェフのブラーデン・パーキンスのケース - ソウルフードは遺伝子の遺産の一部であるといえます。最初のレストランのヒドゥン・キッチンの成功後、いつものようにパートナーのローラ・エイドリアンと一緒に2011年に新しいレストランであるヴェルジュをオープンしました。ヴェルジュはシックなレストランで、おいしいメニューは季節とシェフのひらめき、そしてカジュアルなワインバーで変わります。リボミルク、キャベツサラダ、ハラペーニョを添えたフライドチキンは大きなクラシックの再考ともっと洗練されたバージョンです。 さらにヴェルジュの成功は相反せずに、ブラーデン・パーキンスは同じ通りのもっと離れた所にエルズワースで逆戻りしました。それほどよく勝利するチームを変えないので、マリネした野菜が添えられた本物のフライドチキンを見つけます。 レストラン・ヴェルジュ- 52, rue de Richelieu, 75001 - 月曜~金曜 夜7時~11時 - ピラミッド駅、パレ・ロワイヤル駅、またはキャトル・セプタンブル駅 レストラン・エルズワース- 34, rue de Richelieu, 75001 - 営業時間:ランチ 12:15~14:15。ディナー 夜7時~10:30。ブランチ 午前11:30~午後3時 - ピラミッド駅またはパレ・ロワイヤル駅 ソウルフードの再考:交雑時のアフリカとカリブの遺産 さらにアフリカとカリブのルーツに忠実に、ソウルフードはパリで新しく生まれ変わりそのバージョンが「フレンチ」と呼ばれます。自分たちの伝統のひらめきに感化され、フレンチレストランの主人は、この家庭料理の個人バージョンを躊躇せずに紹介します。アメリカ風に刺激されたフレンチが自分蜂の伝統の軽視された部分を再発見することが助長されるのは初めてではありません。 ガンボ・ヤヤは専門を選択しています:フライドチキンと本物のアメリカンワッフル。コンボはとても人気で、料理が提供されるまで1時間待つことも普通です…しかし、ゲストによるとそれは割に合うもので、いろいろなソースがかかったクリスピーなワッフルを一口かじると、長く待たされたことも忘れてしまうそうです。オーナーのライオネルは発酵乳付きのフライドチキンを崇拝していて、アトランタ付近のメーコンでアメリカ人の叔母がソウルフードと一緒に食べさせてくれた思い出です。 ガンボ・ヤヤ - 3, rue Charles Bobin, 75010 - 営業時間:正午~14:30、19:30~22:30.土日休み - コロネル・ファビアン駅 一方で、ニュー・ソウルフード トラックは、創設者のルディ・レーンの言葉によると「アフロディジアック」で、るつぼの料理を思い切って紹介しています。チキンがありますが、サブサハラまたはカリブ風に再考されています。ルディのカメルーンとグアドロープ島由来が味わいをインスパイアしていて、煮込みチキンのカレーソース・ココバニラ、プランタン・ピーナッツソース、キャッサバアチェケソース・ヤッサ、フィッシュ・ミオンド・サフォワがあります。パリでフードトラックを貪欲に追っていますが、改めて、食いしん坊は自分に約束して、行列を避けるために早く到着することが必要です! ニュー・ソウルフード トラック – mk2図書館前によく現れます。ウェブサイトでスケジュールを見ましょう – 場所:mk2図書館、ビブリオテーク・フランソワ・ミッテラン駅またはケ・ドゥ・ラ・ギャール駅 ニエベと言えば、レストランの名前はコーンニール、ソウルフードの欠かせないパートでもある米国の「黒ささげ」と呼ばれる豆を称えています。シェフのRosilène Vitorinoはブラジルとそのトロピカルな味わいにソウルフードを引き入れています。レストランでは2つのバージョンの料理を提供しています。クラシックとヴィーガン – ベジタリアンはフライドチキンやラード無しで、独自の味わいを発見することができます! レストラン・ニエベ - 16 rue de la Grande-Chaumière, 75006 – 火曜~土曜 正午~午後3時、夜7:30~夜中まで営業 - ヴァヴァン駅 

さらに読む
パリの「ソウルフード」の伝承

パリの「ソウルフード」の伝承

グルメ

甘~いパリ : 私たちが選んだ首都で最高のペーストリー

2 年前 - Pauline P.

とろけるチョコレート?一口サイズのプラリネ?ショーケースに並ぶ息を飲むようなエクレアやペーストリー?神話的、それとももっと秘密のもの?首都の中心のグルメ旅行に、私たちが選んだパリ最高のペーストリーを見つけましょう。 すばらしいクラシック ピエール・エルメ, ペーストリーの教祖 2016年世界最高のペーストリーシェフに選ばれ、アメリカのヴォーグ誌で「ペーストリーのピカソ」と称されるピエール・エルメにはこれ以上の紹介は必要ありませんね。彼の評判は今では国際的。「喜びだけのガイド」で、彼は伝統的なペーストリーの規定を改革しました。例えば、最初のケーキは有名なデザイナーのヤン・ペノーでケーキをイメージして「La Cerise sur le Gâteau」を作りました。マカロン、チョコレート、ペーストリー。彼が運営する10軒のパリの店舗は楽しみでいっぱい。おいしく絶妙なフォアグラやホワイトトリュフのマカロンを逃さないようにしましょう。 ローズ・ラズベリー・ライチ味のイスパハンマカロン。ピエール・ヘルマンは今ではシュークリーム、チーズケーキ、サントノーレ味を出していてとても賞賛されています。 当社のアパートメント「Opéra Garnier」はカンボン通りの美しいブティックの近くです。 Philippe Conticini,  夢のペーストリー その名前に結びつきます:「La Pâtisserie des Rêves de Philippe Conticini」。このすばらしいペーストリーシェフは、とりわけ、1990年代にヴェリーヌグラスを考案しました。わたし達の子供時代のすばらしいクラシックに立ち戻り、特にシュークリームペーストリーが抜きん出ています:ピエスモンテ、サントノーレ、パリ-ブレストはパリのブティックや東京都民のベストセラーです。 パリ-ブレスト。恋い焦がれるケーキ! 当社のアパートメント「Jardins du Trocadéro」は、「Patisserie des reves of Longchamp」と彼のシュークリームバーからほんの数歩先にあります! 新星 ヤン・クーブルー, サン・バルテルミーから5区へ 最も名門の機関(トリアノン宮殿、ハイアットパーク)でクラスを行い、サン・バルテルミーとブルゴーニュのホテル・エデン・ロック、パリのプリンス・オブ・ウェールズを支配した後、若いヤン・クーブルーは、30歳の時に最初の店舗をオープンしました。宮殿からかけ離れた10区の中心でした。彼のオリジナリティ:レストランにいるかのように時間かっきりにデザートを出します。さまざまな味を尊重して最上の新鮮さを確実にしています。近郊に住んだ後には、彼のお店に駆け込む人たちがパリ全土にいます。そうする理由があるのですから。 1日50個限定の「ミルフィーユ」マダガスカルバニラとmonté minute入り。 ヤン・クーブルーのグルメショップから遠くないのは当社のアパートメントの「Passage Vendome」。 エキゾチック YLG パティスリー, パリ-日本のペーストリー ヤン・ルガル。彼の名前はフランス人以外の何者でもありません。しかし彼が作るロールケーキ、エンジェルケーキ、小さなキューブは日本。パリ全土に届けています。彼の奥さんのノリコさんが、日本のペーストリーを彼に紹介しました。それ以来、彼の絶妙な「かわいい」創作で多くのパリジャンの味覚を喜ばせています:抹茶・柚子・チェリーをクリームやカップケーキに取り入れています。2区の「salon de thé」で楽しめる喜びは:「Les Souris Dansent」。土曜にお届けのために週の間に注文しましょう。または自宅のあなた自身の「salon de thé」に、自分のキッチンで彼の料理を添えましょう。 小さなキューブ、シュークリーム… 四角! 当社のアパートメント「Square Emile Chautemps」は、「Salon de thé, Les souris dansent」からほんの数歩先にあります。 サダハル・アオキ, マカロンの日本人職人 間違いなく、日本人には才能があふれています!日本出身のシェフは長い間、パリのキッチンで名声を獲得してきましたが、パン屋も例外ではありません。先頭を立つアオキ・サダハル氏はフランスに1991年に渡り、完璧な美の創作で驚かせてきました。チョコレート、マカロン、スイーツ…ウィンドウは生唾もので、視覚的にも本当のおもてなしです。アジアを吹き込んだ味と高品質のフランス製品の勝利のコンボ。このマカロン職人の創作は、偉大な創作者たちと競います。 日本色を取り入れたマカロン:抹茶、黒ゴマ、柚子、そしてもっと大胆に…ワサビ! Vaugirard店の近くに当社のアパートメント「Jardin du Luxembourg」があります。

さらに読む
甘~いパリ : 私たちが選んだ首都で最高のペーストリー

甘~いパリ : 私たちが選んだ首都で最高のペーストリー