ニュース


バレンタインデーのロマンチックなパリ

3 年前 - Pauline P.

恋人を表すのにパリよりロマンチックな都市が一体どこにあるでしょう?首都にはオールドファッションな魅力、田園風の公園、くつろげるレストランがあちこちに溢れている…だから一対一で愛を語るのにピッタリのたくさんの場所があります。バレンタインデーには、パリで最もロマンチックな秘密の場所へと我々のガイドに従いましょう。

ロマン派美術館

ロマン派美術館 パリ

その名前が場所をうまく要約しています。この博物館(無料!)は現在のロマン主義を目的としていますが、結局はロマンチックな散歩に好まれる時から解放される場所。以前の場所の持ち主であるアーティスト アリ・シェフェールのアート作品と女流作家ジョルジュ・サンドに捧げたコレクションの他にも訪問者を魅了する田園風のセッティングがあります。小さな舗装された小道、花壇、しかもそこはパリ!

ロマン派美術館 -シェフェール-ルナン館 -   16 rue Chaptal, 75009

メトロ:ピガール駅またはサン・ジョルジュ駅

Perched on a tree

パリのレストラン perched on a tree

ロマンチックな夜に理想的な場所。ブランコに座ったり、吊るされた小さな小屋やツリーハウスに腰を下ろして食事をすることができます。親密さを保証!必ず事前に予約をして2つのブランコのテーブルのひとつに席を取りましょう。食前または食後に奥の部屋でマッサージを楽しむチャンスもあります。思い出になる本当に稀な場所!

Sur un Arbre Perché – 1 rue du 4 septembre 75002

メトロ:ブルス駅

モンソー公園の橋

パリのモンソー公園の橋

パリの8区(それと、17区のシックな部分の端)のモンソー公園はパリで最も楽しい公園のひとつ。同時に庭園は家庭的でロマンチック。幻想と楽しみに庭園として18世紀後半に作られました。小さなベネチア風の橋がそこに隠れていて、恋人たちのランドマークとなっていてふたりの写真撮影にとってもロマンチック…

“I love you”の壁

I love you の壁 パリ

モンマルトルの丘の上のメトロのアベス駅近くの小さなジャン・リクチュス広場に隠れた”I love you”の壁は人々の調和を表すために作られました。壁と境界線は一般的には分割機能があるならば、その代わりに”I love you”の壁は親交です。愛に捧げられたこの作品は世界中の恋人たちの会う場所となり、250の様々な言語で書かれた311の”I love you”を読むことができます。

ポンデザールとアルシュヴェシェ橋

ポンデザール パリ

伝統では、恋人たちがポンデザールとアルシュヴェシェ橋でブラブラとすることを望み、そこには多かれ少なかれ目立つ南京錠があって恋人たちが名前やイニシャルを彫ってロマン派の首都に愛の名残を残しました… 残念ながら、南京錠の重量は橋にダメージを与える脅威となり、南京錠は2015年に取り外されました。しかし、このふたつの橋は恋人たちの象徴的な散歩道であり、カップルにとてもありがたいふたりのためのピクニックコーナーです。

ビュット・ショーモンのガゼボ

ビュット・ショーモン公園  パリ

すべてのガゼボと同じように、ビュット・ショーモンのガゼボも冬にはかなり静かな場所。だって寒いのに173段登る気力が必要ですから!橋や歩道橋でアクセスできる島にあり、二倍孤立しています。イタリア寺院の魅力があり(直接インスパイアされています)モンマルトル、エッフェル塔、さらにシンプルに周りにある19区の眺めを提供します。ハグして暖まるのに本当にロマンチックな場所!

ブローニュの森のボート

ブローニュの森のボート

勇ましいボート好きや遅刻した恋人たち、2月15日からレンタルできるブローニュの森のボートは完璧。首都のグリーンエリアで二人のための素敵な時間をシェアするために喧噪から抜け出して水上でボートをこいで楽しみましょう。