グルメ


クロワッサンとペーストリー:パリのベスト・ベーカリー

3 年前 - Julie D.

パリ滞在のすばらしい楽しみのひとつは、通りをブラブラして思わず小さな近所のベーカリーに入ること。食欲をそそる焼き立てのパンの匂いや、外はカリッ、中はとろけるこんがりと焼けたクロワッサンのバターの香りに引きつけられます。

パリのペーストリーやベーカリーは恐らく最も訪問される典型!2014年まで、どのベーカリーが7月に休暇を取るか、どのベーカリーが8月に休業許可があるかという決定権は県にあったことを知っていましたか?多種多彩な罰の下で不可侵の杖なく、フランス人、さらにパリジャンを去る方法はありません…

美しい軽い伝統的なバゲットをかぶりつく、またはシンプルながらもすばらしいペーストリーを楽しむことはなんて素敵なんでしょう!- 新しいファッションストアからではなく、ミニマリストの見た目がアートギャラリーに感化される場所:このシックな場所では、目と味蕾と同じぐらいに洗練されたごちそうを味わえます。

パリのベスト・ペーストリーを数件紹介しましょう…

パリ近郊のベーカリー

まさにパリ風:Boulangerie Alexine

小さな近郊のベーカリーから始めましょう。通りの角に良きせぬ時に発見するようなベーカリーです。古風な方法で、AlexineベーカリーにはFacebookもウェブサイトもなく、ソーシャルネットワークの手助けなしで評判が作られています!おいしいパンやおいしいペーストリーの好きな人から高く評価されていて、いつでも満員です。

発見されるためには、誰がすばらしいパン作りで満足させて、誰がその場所での注目を見つけ出すかというパリのベーカリーのノスタルジックな喜びを見つけることです。

Alexine bakery - 40 rue Lepic, 75018 – メトロ アベス駅

パリのパンとペーストリー

一番のライジングサン:パティスリー・サダハル・アオキ

誰が信じたでしょう?日本のペーストリーシェフがフランス人 - そしてサダハル・青木のパリのショップへ長旅をしてやって来るその他すべてのファンを魅了しました。ショップは禅の見た目があり、美しいキャンディやケーキをうっとりと眺めることができます。「メイクアップ」というニックネームのチョコレートは色で慎重にアレンジされた小さなスティックの形です。食べるのがもったいなくて、眺めるだけの人もいます。ずらっと並んでいて見るだけでも楽しいです。

ケーキを無視することはできません:完璧な三角形が驚きの色合いを一層引き立てています。抹茶はスポットライトにあって、オリジナルの創作に滑らかなパウダーの味わいを添えています。極東のペーストリーの別の材料もあります。小豆がケーキ、タルト、ミルフィーユの中に入っていて、フランス菓子への取り入れ方を心得ています。

ペーストリー・サダハル・アオキ - 35 rue de Vaugirard, 75006 – メトロ レンヌ駅またはサン・プラシード駅 - その他のショップ: 56 boulevard de Port-Royal, 75005; 25 rue Pérignon, 75015; 103 rue Saint Dominique, 75007 - 月曜・祝祭日定休日、火曜~土曜 11

~19時、日曜 10~18時

最もノルマン風:Aux péchés normands

フランスのペーストリーにはバターが必要。たっぷり、たくさんのバター。バターがなければ、クロワッサン、ブリオッシュ、楽しみがありません:ノルマンディのサインの下のベーカリーとペーストリーは幸先の良いもの…

パリの伝統的なベーカリーは美しい古風なセッティングのノスタルジックな雰囲気を楽しませてくれます。ミルフィーユ、ペーストリー、フォンダンクロワッサン(もちろんバターたっぷり!)に大喜び。正午にランチのために立ち寄ることもできます。大きなバゲットサンドイッチやキッシュ(チキン、ほうれん草サーモン)があり、もちろん、空腹でなくてもかじれるフィセル・オ・ゾリーブのようなパンがあります。

グルテンフリーのパンやペーストリーの種類が豊富です。

Aux péchés normands - 9, rue du Faubourg du Temple, 75010 – メトロ レピュブリック駅 - 月曜~金曜 午前6時~午後8時。土曜・日曜定休日

ジョルジュ・ラルニコルのクイニェット

最もブルトン:メゾン・ジョルジュ・レルニコル

ブルトンバターはノルマンバターと同じぐらい価値があることは認めなくてはなりません… 競争は非宗教的で、勝者を明確にすることは難しいことです!ノルマンバターを使ってとてもおいしいクロワッサンを作ると、ブルトンバターを使うのはケーキだけになります:クイニーアマン。外側がカリッとして、中がふんわりとしたこのおいしさをまだ知らない人にはとてもラッキー。ここで初めて味わうことができるのですから!

ジョルジュ・レルニコルが名物を作りました。小さな形で「クイニェット」と名前を変えたクイニーアマンはペーストリーの流行としてすぐにマカロンを押し退けるでしょう。クイニェットは甘かったり、塩味だったり、たくさんのフレーバーがあります:オレンジ、ラズベリー、ピスタチオ、ラムレーズン – そしてもちろん塩バターキャラメル。

しかし、リヴォリ通り店はグルメのパラダイスでもあります。セルフサービスのチョコレートであふれた引き出しが無限にあります。チョコレートの大胆な創作は言うまでもなく、エジプトのスフィンクス、ゴシック教会は最小のガーゴイルを再現していて、ドラゴンは実物よりももっとリアルです。

ジョルジュ・レルニコル・ハウス 14 rue de Rivoli, 75004 – メトロ サン・ポール駅 - 132 Bd Saint-Germain, 75006 – メトロ マビヨン駅またはオデオン駅 - 7 rue de Steinkerque, 75018 – メトロアンベルス駅またはアベス駅

パリのベスト・ベーカリー

最高のメレンゲ菓子:オウ・メルヴェイユ・ドゥ・フレッド

こちらは別の地域の名産物:ブルトンでもノルマンでもなく、メルヴェイユは北フランスやフランダースのペーストリー。カリカリッとしたメレンゲに生クリームを載せてキャラメルチップ、プラリネ、チョコレートに巻かれています。よだれが出るのを止めることはができません…

フェデリック・ボーカンがメルヴェイユを作り、その質に妥協しません。パリのペーストリーショップにはベルギーやフランダースのおいしいクラミック、レーズンブリオッシュもあります。

メルヴェイユはとても人気なことにご注意ください。長打の列を避けるために週末にパリのこのショップに行くのは避けましょう。

オウ・メルヴェイユ・ドゥ・フレッド - 24 Rue du Pont Louis Philippe, 75004 – メトロ サンポール駅 - 別にパリに数店舗構えています、ウェブサイトをご覧ください

最もベル=エポック:オ・プティ・ヴェルサイユ・ドュ・マレ

時代のセッティングがあるパリのすばらしいベーカリー:我々のすべての望みは満たされること!マレではベーカリーは1860年から存在します。どこを見ていいのか分かりません。露店は魅力的ですが、ガラスのタイルに絵画が飾ってある時代の天井は美しいものです。

このプティ・ヴェルサイユの長はフランス最高のワーカーであるChristian Vabret。クリスピーなバゲットでも抜群のピスタチオクロワッサンでもクオリティがそこで待ち構えています。

オ・プティ・ヴェルサイユ・ドュ・マレ - 27 rue François Miron, 75004 – メトロ サン・ポール駅 - 月曜~土曜 午前7時~午後8時、日曜定休日