グルメ


パリでブランチをする場所:首都最高のブランチの場所

1 年前 - Julie D.

パリのどこでブランチをしますか?日曜のメガ・ブレックファスト、アメリカの発明は大西洋を渡って長く経ち、パリジャンの習慣にうまく確立されました。実際にもっと喜ばしいことに、「パリジャン」の半狂乱の週の後は、寝坊して首都最高のブランチのひとつを楽しんではいかがでしょうか?

時間を取って温かいコーヒーをすすり、しぼりたてのオレンジジュースで味蕾を目覚めさせる…そしてアボカドトーストやエッグベネディクトの助けを借りてアメリカ時間で落ち着きましょう。食欲を失くすベーコンの山や底なしのミューズリには戻りません。

それからは小さなカクテル、ミモザ、ベリーニ、グラス1杯のシャンパンを飲むことを大目に見ましょう。結局、日曜日です。少しぐらい楽しまなくては!

パリのブランチに、パリジャンが認めた5つの素晴らしい場所の概要

ベネディクトエッグ

日本風のブランチ:キヌガワ

日本食は「朝食」向け?いいですよね!伝統的なブランチにはトーストやスモークサーモンマフィンは必須ですが、おいしいお刺身を入れて、コンセプトを広げましょう。日曜には、キヌガワ・ヴァンドームではよだれが出そうなブランチ弁当を提供していています。

レストランは建築家のジルとボアシェが巧みに装飾し、禅が漂い、洗練されたミニマニズム。細板の壁のダークウッドは日本の障子の家を思い出させ、ブロンドウッドのベンチには洗練された共鳴があります。

この癒しのセッティングで落ち着いて、オリジナルの料理を堪能します。ハマチの柚子ソースカルパッチョ、照り焼きソースのビーフフィレ、うなぎのお寿司。

キヌガワ・ヴァンドーム - 9, rue du Mont Thabor, 75001 パリ - Tel. : 01 42 60 65 07 – メトロ テュイルリー駅 - 日曜はブランチのみ 正午~午後2:30、レストランは毎日営業 12時~14:30、19:30~23時。

パリの屋外ブランチ

ブランチ グルテンフリー:ビオ・スフェール・カフェ

残念ながらバゲットをかじる、またはクロワッサンを楽しめずにパリ訪問を決定しなければならないと考えた人に:ビオ・スフェール・カフェは絶対に全くグルテンフリーの救世主。

女主人のシルヴィは常習的な完全主義者。最高の人たち(ラデュレとアンジュリナ)の中で訓練し、コーヒーに取り入れる前に何か月もの間、レシピに取り組む。彼女はグルテンにアレルギーはないが、グルテンなしで再現しようとする最高のパンとペーストリーの味わいを参照として維持しています。結果はフワフワのパンとこんがりと焼けたクロワッサンの出来上がり。もう束縛されているように感じません!

コーヒーは小さく、品質への配慮はすばらしく、場所の名声は確固たるものであることに気をつけましょう:これがサンデーブランチの予約が欠かせない理由です。シルヴィのクロワッサンが楽しめるのはブランチだけ…ブランチは「決まったメニュー」方式を取り入れています。塩気のあるプレート、甘い物のプレート、フルーツジュース、ホットドリンクです。

ビオ・スフェール・カフェ、グルテンフリーのペーストリー 7, rue de Laborde 75008 Paris - Tel.: 01 42 93 45 58 – メトロ サントーギュスタン駅またはミロメニル駅 - 日曜のブランチ 午前11:30~午後3時、予約のみ。ペーストリー・ティールームの営業時間は月曜~金曜 正午~午後6時、土曜 正午~午後10時 – 閉店1時間前にサービス停止します。

ニューヨークスタイルのブランチ:ジョー・アレン

1972年以来、ジョー・アレンはニューヨークのブランチのカラーを作ってきました。アメリカ料理にまだあまり馴染みのないフランス人にハンバーガーを提供した最初の人のひとりでした。そして現在に至っています。アートのルールで伝統的なブランチを楽しみたい場合には、もちろんレアールへ行きましょう。

スクランブルやベネディクトなどのすべての形の卵料理、パストラミサンドイッチ、ラベルルージュ・チーズバーガー、伝統的なバターミルクパンケーキ、すべて揃っています。ニューヨークスタイルのチーズケーキは厳密に言えばブランチメニューではありませんが、デザートメニューで目を細めることは禁じられていません…

ジョー・アレン - 30, rue Pierre Lescot 75001 Paris - Tel.: 01 42 36 70 13 – メトロ エティエンヌ・マルセル駅 - 日曜のブランチ 11~16時、土曜のブランチ 12~16時 - レストランの営業は月曜~水曜は正午~午前0:30、木曜~土曜は正午~午前1時、日曜は午前11時~午前0:30。

コーヒー・カップ

美術館のブランチ:ムッシュー・ブル・オ・パレ・ド・トーキョー

レストラン、ムッシュー・ブル・オ・パレ・ド・トーキョーではミモザ、ブラッディマリー、ベリーイン、シャンパンがブランチメニューを導いています。しかし「ヘルシー」なジュースは除外されていません:良心を取り入れて、カクテル デトックス・ケール、セロリ、アップル、レモンやクラシック:キャロットジンジャーを注文することもできます。

残りのブランチメニューに失望しません:その名に恥じないブランチを促進するすべてを見つけることができます。ベーコンチーズバーガー、アボカドトースト、スモークサーモン、パンケーキ、フレンチトースト、ベネディクトエッグ。数枚のサラダの葉っぱで満足するようなコンテンポラリーアート美術館ではない(お好きなものを!)ことに安心します。

しかし創造物の最高の場所のひとつにいるので、クラシックに限定されません。ココナッツ・キューカンバー・パッション・シーブリーム・セビチェやトリュフパスタグラタン(アメリカ料理好きな方は、この偽名で有名なマカロニ&チーズを認識するでしょう)にも誘惑されましょう。

ムッシュー・ブル, オ・パレ・ド・トーキョー - New York Avenue 75116 Paris - アルマ・マルソー駅 - Tel.: 01 47 20 90 47 - 土曜・日曜のブランチ 正午~16時、レストランは毎日営業。ランチは正午~14:30。夜は19~23時。

アボカドトースト

アルザスタッチのブランチ:カフェ・ミラベル

カフェ・ミラベルではペーストリーシェフのMarion Goettléが親しみやすいくつろげるセッティングで務めています:外観をリフレッシュさせた古いパリ風カフェ。アルザスで最高のスターレストラン数件で勤めた後、現在ではすばらしい料理を作ります - エピックブランチ。

少し判定しましょう:アペリティフとしてカクテルの後にはグアンチャーレまたはスモークサーモン付きスクランブルエッグ、それから手作りペーストリーの後にthe granola and the invigorating bettelmann with quetschesが続きます。

冬の寒い日なれば、豊富なブランチを楽しんで暖炉の横で温まりましょう…

カフェ・ミラベル -  16, rue de la Vaquerie 75011 Paris – メトロ ヴォルテール駅またはフィリップ・オーギュスト駅 - Tel.: 01 43 79 27 46 – ブランチ土曜・日曜 11~16時。ティールーム・ペーストリーショップは、水曜~金曜は午前8時~午後6時。土曜・日曜は午前9時~午後6時。