グルメ


甘~いパリ : 私たちが選んだ首都で最高のペーストリー

3 年前 - Pauline P.

とろけるチョコレート?一口サイズのプラリネ?ショーケースに並ぶ息を飲むようなエクレアやペーストリー?神話的、それとももっと秘密のもの?首都の中心のグルメ旅行に、私たちが選んだパリ最高のペーストリーを見つけましょう。

すばらしいクラシック

ピエール・エルメ, ペーストリーの教祖

マカロン・イスパハン, ピエール・エルメ2016年世界最高のペーストリーシェフに選ばれ、アメリカのヴォーグ誌で「ペーストリーのピカソ」と称されるピエール・エルメにはこれ以上の紹介は必要ありませんね。彼の評判は今では国際的。「喜びだけのガイド」で、彼は伝統的なペーストリーの規定を改革しました。例えば、最初のケーキは有名なデザイナーのヤン・ペノーでケーキをイメージして「La Cerise sur le Gâteau」を作りました。マカロン、チョコレート、ペーストリー。彼が運営する10軒のパリの店舗は楽しみでいっぱい。おいしく絶妙なフォアグラやホワイトトリュフのマカロンを逃さないようにしましょう。

  • ローズ・ラズベリー・ライチ味のイスパハンマカロン。ピエール・ヘルマンは今ではシュークリーム、チーズケーキ、サントノーレ味を出していてとても賞賛されています。
  • 当社のアパートメント「Opéra Garnier」はカンボン通りの美しいブティックの近くです。

Philippe Conticini,  夢のペーストリー

La Pâtisserie des Rêvesのパリ-ブレスト

その名前に結びつきます:「La Pâtisserie des Rêves de Philippe Conticini」。このすばらしいペーストリーシェフは、とりわけ、1990年代にヴェリーヌグラスを考案しました。わたし達の子供時代のすばらしいクラシックに立ち戻り、特にシュークリームペーストリーが抜きん出ています:ピエスモンテ、サントノーレ、パリ-ブレストはパリのブティックや東京都民のベストセラーです。

  • パリ-ブレスト。恋い焦がれるケーキ!
  • 当社のアパートメント「Jardins du Trocadéro」は、「Patisserie des reves of Longchamp」と彼のシュークリームバーからほんの数歩先にあります!

新星

ヤン・クーブルー, サン・バルテルミーから5区へ

ヤン・クーブルーのバニラミルフィーユ

最も名門の機関(トリアノン宮殿、ハイアットパーク)でクラスを行い、サン・バルテルミーとブルゴーニュのホテル・エデン・ロック、パリのプリンス・オブ・ウェールズを支配した後、若いヤン・クーブルーは、30歳の時に最初の店舗をオープンしました。宮殿からかけ離れた10区の中心でした。彼のオリジナリティ:レストランにいるかのように時間かっきりにデザートを出します。さまざまな味を尊重して最上の新鮮さを確実にしています。近郊に住んだ後には、彼のお店に駆け込む人たちがパリ全土にいます。そうする理由があるのですから。

  • 1日50個限定の「ミルフィーユ」マダガスカルバニラとmonté minute入り。
  • ヤン・クーブルーのグルメショップから遠くないのは当社のアパートメントの「Passage Vendome」。

エキゾチック

YLG パティスリー, パリ-日本のペーストリー

YLG パティスリーの小さなキューブ

ヤン・ルガル。彼の名前はフランス人以外の何者でもありません。しかし彼が作るロールケーキ、エンジェルケーキ、小さなキューブは日本。パリ全土に届けています。彼の奥さんのノリコさんが、日本のペーストリーを彼に紹介しました。それ以来、彼の絶妙な「かわいい」創作で多くのパリジャンの味覚を喜ばせています:抹茶・柚子・チェリーをクリームやカップケーキに取り入れています。2区の「salon de thé」で楽しめる喜びは:「Les Souris Dansent」。土曜にお届けのために週の間に注文しましょう。または自宅のあなた自身の「salon de thé」に、自分のキッチンで彼の料理を添えましょう。

  • 小さなキューブ、シュークリーム… 四角!
  • 当社のアパートメント「Square Emile Chautemps」は、「Salon de thé, Les souris dansent」からほんの数歩先にあります。

サダハル・アオキ, マカロンの日本人職人

パティスリー・ドゥ・サダハル・アオキ

間違いなく、日本人には才能があふれています!日本出身のシェフは長い間、パリのキッチンで名声を獲得してきましたが、パン屋も例外ではありません。先頭を立つアオキ・サダハル氏はフランスに1991年に渡り、完璧な美の創作で驚かせてきました。チョコレート、マカロン、スイーツ…ウィンドウは生唾もので、視覚的にも本当のおもてなしです。アジアを吹き込んだ味と高品質のフランス製品の勝利のコンボ。このマカロン職人の創作は、偉大な創作者たちと競います。

  • 日本色を取り入れたマカロン:抹茶、黒ゴマ、柚子、そしてもっと大胆に…ワサビ!
  • Vaugirard店の近くに当社のアパートメント「Jardin du Luxembourg」があります。