カルチャー & アート


アメリ・プーランからスチームパンクまで:キャロとジュネ

4 年前 - Julie D.

 アメリ・プーランの足取りにはモンマルトルに行ったことでしょう…2018年7月までに、アール・サン=ピエールを訪問して、その足取りをみましょう。マルク・キャロジャン=ピエール・ジュネが作ったオブジェクトの展示会が開催されます。その後に、パリ発見の宝物ハントを続けますが、別の足取りの前述の「スチームパンク」も発見しましょう。

「キャロとジュネ」は、風変りな世界の映画で知られ、奇想天外なオブジェクトで有名な才能豊かなふたり組。コミカルなものもあれば、不安にさせるものもあります。一番知られているコラボは、映画「デリカッセン」と「ロスト・チルドレン」。ジャン=ピエール・ジュネは、もちろん、「エイリアン4」と「アメリ」の監督でもありました。

展示会では楽しさあふれる彼らの夢の世界に飛び込み、映画で人気の変わったオブジェクトを見つけることができます。

誰もがアメリ・プーランのベッド横のランプを覚えています:ランプスタンド、ガウンのおっとりとしたブタ、所有者の波乱に富んだ愛の人生に関する彼女の賢明な格言を共有するようにリンクされています。ランプは、アメリ・プーランの近所の中心にあるアール・サン=ピエールの展示会の一部です ― だから、我が家で話します!たくさんの口実の後に所有者にアメリが戻すDominique Bretodeauのおみやげの箱も見ることができます。

しかし、展示会ではキャロとジュネの世界の暗い部分も思い出させます。スチームパンク・キュプクロスが進化し、多関節の腕の端の片目鏡「オプタコン」で飾られ、エイリアンが骸骨の胎児の恐ろしい面を利用した部分です。

モンマルトルにあるアールブリュットのアール・サン=ピエール博物館

アール・サン=ピエール、外部の芸術と桁外れな芸術

「最も意外なクリエーションフォーム専用」のアール・サン=ピエールは外部の芸術と桁外れな芸術専用のスペース。アメリ・プーランが、すてきな宝物ハントでニノ・カンカンポアを連れて行ったサクレ=クール庭園付近のモンマルトルの丘のふもとにあります。

ホールにはアートショップの本屋とカフェもあります。キャロとジュネの展示会と並行して、ホールの上階で開催される、この地域の外部芸術の最新の発展を専門とした展示会「urbulences in the Balkans」を逃さないようにしましょう。

興味深いことに、ジャン=ピエール・ジュネはホールへの熱心な訪問者で、過去に展示したクリエーターとアーティストは、彼の映画に多数の要素を提案してきました。展示会にはアール・サン=ピエールコレクションの作品やキャロとジュネに影響を与えて、彼らが選んだ作品があります。
アール・サン=ピエール, rue Ronsard, 75018 - アンヴェール駅またはアベス駅 - 毎日営業, 11~18時、土曜日 11~19時、日曜日 12~18時 – ご注意:チケットオフィスは博物館閉館時間の1時間前に閉まります – 料金 9ユーロ, 15歳以下 6ユーロ

フライング・マシーン スチームパンク

スチームパンク、将来のノスタルジア

しかし「スチームパンク」とは何でしょう?テクノロジーの過程に魅了し、その行き過ぎを心配した両方で小説家と芸術家の抑制のない想像力で生まれた世界。H.G.ウェルズとジュール・ヴェルヌの小説から、恐ろしい生き物で人気のパリのアデル・ブランセックの放浪にいたるまで、スチームパンクは想像力を深めて、ベル・エポック ファッションと巧みに作られたギアを織り交ぜています。ルダンゴット、クリノリン、タイムマシンが明るいトーンになっています。

「スチームパンク」はファンの非常にイキイキとしたコミュニティでもあり、フランスでは「vaporists」と呼ばれています。

未来派とノスタルジアが混ざったこの変わった詩的なオブジェクトは人気のクロモ石板のシリーズで見ることができます:Villemardで見る「2000年」。1910年にデザインされた、ベル・エポックの高さでは、この上なく時代遅れなスキットは、当時を描いていたので、超技術的な将来を表していました:ホログラムの電話の会話、輸送のスーパーソニックな方法、髭剃り機、女性のヘアスタイリング。私たちが毎日使用する物の祖先を認識できるとしても、多関節のアーム、蓄音機パビリオン、1900年代の衣類はまだ微笑ましいものです…

世紀が代わり、19世紀後半から20世紀初期にかけては、ジュール・ヴェルヌ大成功の時代。ネモ船長の潜水艦「ノーティラス」は、作り話がいつでも明確ではなかったものの、拒めない外観があるこれらの複雑なマシンの輝かしい例です!さらに、ディズニーランド・パリのアトラクションの「海底2万マイル」も発見することができます。

ジュール・ヴェルヌはキャロとジュネのインスピレーションの見逃せない根源でもあり、パリと世界中のスチームパンクの守護神のままです。

海底2万マイル - ディズニーランド・パリ – RER Aマルヌ=ラ=ヴァレ/シェシー駅、またはパリ北駅、オペラ座、シャトレ座からディズニーランド・パリ・エクスプレスで。

レストラン・ル・ジュール・ヴェルヌ(アラン・デュカス) - エッフェル塔の2階 - avenue Gustave Eiffel, 75007 – メトロ 6 ビラケム駅, RER C エッフェル塔

海底2万マイル、ディズニーランド・パリ

美術工芸博物館の自動装置コレクションとルイ・ブレリオの航空機

発明的な機械に対するこの魅力は、昨日に遡るものではありません。 - ジュール・ヴェルヌまで遡ります。あらゆる年代のすばらしい自動装置コレクションを備えたアート・クラフト博物館にて、詩人は彼らの空想を続けることができます。このTheatre of automatonsではマリー・アントワネットの音楽家、チェンバロの演奏者を特に表しています。彼女の優雅な頭の動きは、おかしな、ほとんど生きている印象を作っています。舞台では他の好奇心をそそる人、馬の上で塗られた自慢の口髭があるこのドン・キホーテのような多数のおもちゃ、野蛮なオルガン演奏者などのその他の音楽家が一緒になっています。

ギャラリーの自由裁量で、ルイ・ブレリオの空飛ぶマシンを鑑賞することもできます。この航空機は、ブレリオが1909年に海峡を37分間越えることが可能だったものです ― そしてモノクロで画像粒子の悪い明滅するこのビンテージのフィルムは、キャロとジュネのメリエスのファンを確かに感化することでしょう。人生に危険を冒して、自分のマシンをテストする滑稽で大胆な発明家のキャラは、スチームパンクのパンテオンのフィギュアでよく知られています!

美術工芸博物館 - 60, rue de Réaumur, 75003 – メトロ アール・ゼ・メティエ駅またはレオミュール -セバストポル駅 - 料金:8ユーロ、割引料金 5.50ユーロ、毎月第一日曜、木曜日の18時~21:30は無料

ルイ・ブレリオの単葉機

メトロアール・ゼ・メティエ駅, ライン11

メトロ アール・ゼ・メティエ駅自体は、スチームパンクのトレードマークであるレトロで未来派の外観の「vaporists」でよく知られています… ライン11のドックでは、地面の中にあるように見せた丸窓のようなウィンクを増やしていて、天球儀やテルスター衛星などの工芸博物館のオブジェクトをディスプレイしています。

リベットの銅のプレートで完全に覆われた楕円形のアーチ型の天井は、とても特別な外観となっています。メカニズムと機械を呼び起こし、プラットフォームの端には大きな車輪があります。国立美術工芸学校200年祭のこの装飾のセットアップは、映画脚本家のブノワ・ペータースと、デザイナーのフランソワ・スクイテンによるものです。長年に渡る友人である2人は、ファンタスティックなコミック本「闇の都市」でコラボしました。このサイエンス・フィクションの世界は、私たちを他の場所、「ブリュゼル」や「パーリ」へ連れて行ってくれます:この2つの空想都市は、クレイジーなスチームパンクのアーバニストが再デザインしたならば、ブリュッセルとパリに似ているかも…