イベント


パリの印象派の海外を見る

4 年前 - Julie D.

印象派はフランスだけでなく世界中の芸術史に跡を残してきました。19世紀の終わりには多数の若い画家がパリのエコール・デ・ボザールでつまらない古典主義の教えに飽き飽きしていて、新しい見方を考えだしていました。最新の科学の発達、特に光学に感化され、光の効果、水のきらめき、日光の回析、木の葉がまだらの影を作る方法、つまり特色を再現したいと思っていました。

思考が想像するように現実を表すということは、彼らにはまったく関心がなさそうです。彼らがしたいことは、視覚的な感覚の即時性、輝く反射が目に触れる方法です。デジタルピクセルに似ていて、印象派がキャンバスに描く色のシミは現実により近づける方法でイメージを再構成します。タッチを加えるごとに我々の経験により近い印象が明らかになり、水がきらめく明るい午後、床に木の葉が作り出す暗闇などが青や緑の予期せぬ色調を表します。

少女の頬の緑色の反射?!スキャンダル!しかもそれが私たちの資格認知の現実。

Précurseur de l'Impressionnisme : Eugène Boudin

クロード・モネが「印象・日の出」と呼ぶ絵画はその正式名に動きを与えます。Salon Officielで何度も拒否された後、印象派は徐々に勝ち取って行きます。それが怠惰または道楽であるとみなすことの前で大衆は愚かではありません:急いでキャンバスにかけた色のシミ、野外にて数時間で描かれた絵画。スタジオでの想像・現実化・仕上げの代わりに日光が美しい限り、古代神話からではなく毎日の生活から引き出されるテーマなど、すべて新しく、より古典派に馴染んで来た見物人が溢れます。

現在、印象派には雪辱の機会があります:世界中で賞賛された彼らの絵画は思い出、コーヒーカップ、Tシャツ、冷蔵庫のマグネット、キーホルダーの小さなものを飾ります。それでも品質を落とした複製とはかけ離れていて、芸術史を改革したこの傾向の多数の絵画をパリで賞賛することができます。現在、パリの印象派の名作を保有している3つの主要美術館を見学してみましょう。

Grande salle du musée d'Orsay

パリの印象派の絵画を見る:オルセー美術館

美術館は、セーヌ川岸辺の旧オルセー駅の厳選された場所にあります。壮大な建物は1900年のパリ万国博覧会のために建てられたものです。

絵画はもちろんのこと、写真、彫刻、装飾芸術、グラフィックアートなど印象派のコレクションが揃っています…オルセーでは多数の印象派の有名な絵画を見つけることができます。ほんの少し例を挙げればギュスターヴ・カイユボットの「床の鉋かけ」、ポール・セザンヌの「カード遊びをする人々」、カミーユ・コローの「The Willows at the Water's Edge」のほか、複数のクールベやドガの作品があります。アルルの「ファン・ゴッホの寝室」もあるほか、「農夫の休息」や「オーヴェルの教会」もあります。

言い換えれば、美術館はフランスや欧州の19世紀後半の絵画などの絵画好きな人には欠かせません。時間を取って、カフェやミュージアムショップで休憩するとさらに良いでしょう。

オルセー博物館 - 月曜以外毎日開館 9:30~18時、木曜は21:45まで - 1, rue de la Legion d'Honneur, 75007 – メトロ12 ソルフェリノ駅 – PER C ミュゼ・ドルセー駅 – 入場料 12ユーロ、割引料金 9ユーロ – ご注意、チケットは持っていてください:8日以内にギュスターヴ・モロー美術館、ガルニエ宮、ジャン=ジャック・エンネル美術館を訪問すると割引料金が適用されます。

Les célèbres Nymphéas de Monet

パリでモネの水蓮を見る:オランジュリー博物館

オランジュリーに来る人は最初に目玉作品を見ます:クロード・モネの巨大なフレスコ画「水蓮」です。クロード・モネは30年以上の間、ジヴェルニーの所有地の水蓮の池の影を休むことなく描きました。結果は250枚以上の絵画で、オランジュリー博物館の記念碑的なフレスコ画は最も人気があります。ガラスの屋根で持ち上げられた2つの楕円形の部屋に広がっていて、終日、四季の池を表しています。瞑想の時と桁外れな美しさを提供しています。

美術館には19世紀後半から20世紀初期の豊富なコレクションも備えています:セザンヌ、ゴーギャン、マリー・ローランサン、マティス、モディリアニ、シャイム・スーティン、ピカソがずらっと並んでいます。

特別展

2018年8月20日まで

このすばらしい展示会では1955年にニューヨークで展示された大きな水蓮のキャンバスや、ポロックやロスコの作品などのニューヨーク抽象派学校の作品を紹介しています。
 

2018年10月17日~2019年1月14日

ポーラ・レゴはティーンエージャーの時に故郷ポルトガルを離れロンドンに移りました。スレイド美術学校でフランシス・ベーコン、ルシアン・フロイド、フランク・アウアバーク、デイヴィッド・ホックニーに会います。妥協しない絵画で、ポーラは権力闘争と女性の境遇を呼び起こす残酷なシーンを描いています。

オランジュリー博物館 - 火曜日以外毎日開館 9~18時 - Tuileries Garden, 75001 – メトロ1、8、12 コンコルド駅 – 入場料 9ユーロ、割引料金 6.50ユーロ - オンラインでチケットを購入して家で印刷することが可能です。

Les Impressionnistes à Paris

リのその他の印象派絵画を見る:マルモッタン・モネ美術館

オルセー美術館は訪問者の「獅子の分け前」を受けるかもしれませんが、マルモッタン・モネ美術館には印象派芸術の非常に豊富なコレクションがあります。すばらしい寄付で少しずつ築かれました:「医者の娘」、「印象派」、ジョルジュ・ド・ベリオ、クロード・モネの次男はそれぞれの父親のコレクションを遺言で譲り、この基盤が長年に渡って豊かになりました。

美術館は、複数の最も美しい古代の絵、ジョルジュ・ウィルデンステインコレクションのほか美術館設立者のポール・マルモッタン(ところで明らかに印象派を嫌っていた・・)のものである第一帝政の絵画やオブジェクトのコレクションの本家です。

特別展

マルモッタン美術館の特別展を発見するためには、ウェブサイトの「Exhibition in progress(開催中の展示会)」と「Exhibition to come(今後の展示会)」ページを訪問しましょう。

2018年7月8日まで

カミーユ・コローの有名な風景画は彼がすばらしい肖像画家でもあったことを思い出させます。彼の絵画ではファッショナブルなキャラクターや控えめな特徴のない人を表現していて、いつでも当世風が多々備わっています。この展示会ではヨーロッパ(チューリッヒ、リオン、マドリードなど)および米国(ワシントン、ニューヨーク)全土からの一般および個人コレクションから約60点の絵画が揃っています。

2018年9月13日~2019年2月10日

この桁外れな展示会は、通常は一般に公開されていない個人のコレクターから借りた作品を約60点揃えています。これは、モネ、ドガ、カイユボット、ヴュイヤール、ボナール、ドラン、ヴラマンク、マティスなどの印象派やフォービズムのすばらしく有名な画家の絵画を初めて見る貴重な機会です。

マルモッタン・モネ美術館(ダウンロードする美術館通知) - 月曜以外開館 10~18時、火曜日は21時まで  - 2, rue Louis Boilly, 75016 – メトロ 9 ラ・ミュエット駅、PER C ブランヴィリエ駅 – 入場料 11ユーロ、割引料金 7.50ユーロ