ナイトライフ


パリで夜に一杯飲む5か所のバージ

8 月前 - Valérie D.

パリで夜に一杯飲む5か所のバージ

パリはパーティ!‥はい、でも、首都のすべてのルーフトップには行っていますよね。水辺であなたのアイデアをリフレッシュする時!セーヌ川沿いを散策することはパリジャンのお気に入りのスポーツ。セーヌ川の岸は歩行者に開かれているので、この趣味は長い夏の夜にピッタリ。以前にも増してもっと楽しくなっています。セーヌ川沿いの公園では、パリの波止場沿いにドリンク、食事ができるテラス、ダンスができるバージ、パーティをする浮かぶダンスフロアを楽しめる多数のバーを見つけます。トレンディな場所またはのんびりとした気分転換など、パリのバージは今ではすべての経験を満足させる幅広い選択肢を提供しています:こちらが我々の「トップ5」。川の近くにあります。

パリセーヌ川岸の桟橋

ローザ・ボヌールの眺めでひんやり

ローザ・ボヌール・シュル・セーヌは、フランス首都の住民に人気の他の場所の一群に3番目に設立されました。2014年以降、美しく飾られたアレクサンドル3世橋のたもとにあるローザ・ボヌールは、すでにクラシックなパリの夜。パリが荘厳で贅沢な場所である中心には、フラミンゴが飾られた親しみやすいバージがセーヌ河沿いを散歩している人にリラックスできる憩いの場を提供します。構造を尊重してユネスコ世界遺産に分類されていて、タパスや薪で焼く有名なピザを堪能しつつロゼワインを飲む人もいれば、ダンスパーティの時にリズムの波へとダンスフロアを楽しんだり、2つのサッカーの試合の間のポップロックコンサートの音に乗っている人もいます。コツを得ましょう。夕日は後ろに沈みますが、それは知られていることです(ひとりにならないように計画しましょう…)。

ローザ・ボヌール・シュル・セーヌ - Port of the Invalides, 75007 パリ

営業時間 :

  •  バージ: 日曜日:11:30 ~ 22:30、月曜・火曜:正午~22.30 、水曜:正午~0:30、木曜~土曜:正午~1:30
  •  テラス: 毎日正午~夜中(天候次第)
  •  ピザ: 水曜~日曜のランチとディナー

パリのセーヌ川岸には歩行者がいる

マクローでシーサイドの雰囲気

船の準備完了!別の岸、別の雰囲気、浮かんでいるバーレストラン、レ・マクローは5月1日にテラスを再オープンしました。10月まで海の雰囲気を運んでくれます。サン=ルイ島を見渡しながら、毎週招待したDJと共にレストランが提供する音楽の雰囲気、高いテーブルとソファは、ゲストに現代風と温厚な確実性を絶妙に融合して提供します。ブルターニュの新鮮な牡蠣、ユー島の貝やスモークフィッシュを堪能することができます:一言でいえば、プラタナスの木の下のこの美しいバージで夜を過ごしましょう。ちょっとバケーション気分。シーフートを味わった後にはカクテル。ダンサーが夜中の2時まで出航して、ハウスボートはクラブとなるので、夜が終わるまでボートをお楽しみいただけます。

レ・マクロー - Quai de l'hôtel de ville, 75004 パリ

営業時間: 火曜~金曜: 17:00~ 2:00、土曜:12:30~2:00、日曜:12:30~21 :00

プチ・バンで大きな文化の融合

「バージ」とは実際には呼べないお気に入りのボートを入れて、ちょっと一杯食わせましょう…でも自然で日焼けすることなく、セーヌ川で日向ぼっこをする回り道の価値があります。アンコール・ウールーの建築家集団がデザインし、都会の環境に停泊されたプチ・バン バージは「浮かぶ文化施設」と定義されています。この小さな船のプログラム全般(出航したことはありません)は、2011年にLa Guinguette Pirate協会のクリエーターの発案から生まれました。協会は1995年にセーヌ川の所有権を手に入れた最初の文化的関係者のひとつで、コンサートホールに遺産のボートを修復しました (Pirate GuinguetteとBatofar)。

プチ・バンは社会・文化・経済を一緒にもたらす最初のアイデアを維持してまま…川岸を楽しむ喜びです。この場所はいわゆるオフロードスペースで、ビブリオテーク・フランソワ・ミッテランのたもとでおいしい食事をしてドリンクを飲み、音楽を聴き、展示会を称賛して楽しむことができます。パリ13区の本物の文化の中心、プチ・バンは新進芸術家のコンサートに450名収容することが可能で、レストランには70席あって、さまざまな影響を受けた季節の料理を発見できます。この心地よい場所の他の魅力的な所:ループトップテラスと水生園はカラフルなランタンの下でパリの夏を楽しむ理想的なセッティングを提供しています。

プチ・バン - 7 Port de la Gare, 75013 パリ

営業時間: 火曜・水曜:18 :00~夜中、木曜~土曜:16 :00~2 :00、日曜:16 :00~夜中

La fête dans Paris by night sur la Seine

Marcounet乗車で誰もが言う「アイ・ラブ・ユー」

歴史あるパリの右岸に戻り、マリー橋のたもと、市庁舎とサン=ルイ島の間にある1925年に建てられたハウスボートMarcounetはウッディ・アレンのParis by nightや50年代のハリウッド映画にゲストを夢中にさせます。実際にすべてそこにあります:セーヌ川とその島々、真っ赤なダンスパーティ、ポップやブルースのコンサート。小さなワインバー、小さなジャズクラブ、悪くないボボ、完璧なカクテル。フランスの首都のエピナルのイメージで遊ぶのにすばらしいパリジャンの場所。190名まで収容できる美しいテラスの準備が整ったら、Marcounetは「氾濫」して、テーブルに変わった木製のパレットの波止場に水が流れます。コンサートのために予約された橋の控えめな雰囲気は、パリの舗道にある夏のアペリチフのお祝い騒ぎとは対照的。中のように外でも、人は温かくてすぐに自宅にいるように感じます…サンデー・ブランチに戻って来てもいいほど、いかがでしょう?

Marcounet バージ - Port des Célestins, マリー橋のたもと, 75004 パリ 営業時間:午前10時~夜中

Marcounetでのリラクゼーション

La Balle au Bondでパリの魂をとらえる

夕日を称賛しながらルーブルと向かい合ってパリで一杯飲みましょう。人々が求めているものは?これは伝説のポンデサール界隈で La Balle au Bondバージが提供しているもの。プチ・バンとして、大衆はセーヌ川の岸によるにリラックスするためにやって来ます。コンサート、展示会またはその他文学的な会議の豊富なプログラムの場所を堪能することで楽しみはさまざまです。料理の祭典としては、オープンエアの大きなテラスまたは中のリビングルームで、もっぱら新鮮な食材を取り入れた融合と季節の料理を味わうことができます。特に場所が良く、白いボートはパリで最もエンブレム的ないくつかの地域の一部に広がることができます:テュイルリー、ルーブル博物館、カルチェ・ラタン、少し離れたパリのノートルダムなど。

The Ball at the Bond - Port des Saints-Pères 3 Malaquais wharfの反対側), 75006 パリ営業時間: 水曜~日曜:11:30 ~19:00