パリ旅行者向け短期賃貸アパートの紹介


Hometownのコンセプト

Hometownはパリ旅行者向け短期賃貸アパートを提供しております。パリ中心で素敵なアパルトマンを賃貸しながら、ホテルのサービスをお楽しみいただけます。
 

パリでアパートを賃貸

全てのアパートは有名街に位置しており、地区によりエッフェル塔、サクレ・クール、またはノートルダム教会などまでは歩いていくことができます。各アパートのインテリアは有名な建築家からデザインされており、パリらしいパリジャン雰囲気でごゆっくりお過ごしいただけます。
 

Hometownのパリアパルトマン 

パリの地図上にある青い印がアパートの所在地です。
印をクリックして頂きますと、アパートの内部写真がご覧になれます。
こちらの素敵なパリジャンアパルトマンでお待ちいたしております。忘れられないすばらしい思い出を作っていただけることでしょう。
Saint Nicolas des Champs

パリ, 3e


Saint Nicolas des Champs

"驚きの眺め - 完璧な場所にあるすばらしいアパートメント"

パリ, 3e
Saint Thomas d'Aquin

パリ, 7e


Saint Thomas d'Aquin

"左岸の桁外れの近郊にある抜群のアパートメント"

パリ, 7e
Sainte Croix de Paris

パリ, 3e


Sainte Croix de Paris

"パリのマレの中心にあるのに落ち着いた広々としたフラット"

パリ, 3e
Notre Dame de Paris

パリ, 5e


Notre Dame de Paris

"ノートルダムが通りのすぐ突き当たりにあるカルチェラタンの良い場所にあるすばらしいパリジャンアパートメント"

パリ, 5e
Jardin des Plantes

パリ, 5e


Jardin des Plantes

"スペースは驚き。とても独特でグループにピッタリ"

パリ, 5e
Hôtel de Ville

パリ, 4e


Hôtel de Ville

"すばらしい場所、大きな部屋にモダンなキッチンとバスルーム"

パリ, 4e
Colonnes de Buren

パリ, 2e


Colonnes de Buren

"こんないい場所はない!ルーブルまで徒歩でたったの5分"

パリ, 2e
Jardin des Rosiers

パリ, 4e


Jardin des Rosiers

"素晴らしいロケーション。外に出るとすぐにたくさんレストランとショップがある"

パリ, 4e
Palais de Chaillot

パリ, 16e


Palais de Chaillot

"パリのシャンゼリゼ通りのすぐ近くの広々とした贅沢なアパートメント"

パリ, 16e
Jardin du Luxembourg

パリ, 6e


Jardin du Luxembourg

"サン・ミシェル地域からさほど離れていない豪華なアパートメント"

パリ, 6e

最新ニュース


HomeTown パリ blog offers you a selection of articles devoted to the destination パリ, its news, culture, activities and of course, its people

グルメ

クロワッサンとペーストリー:パリのベスト・ベーカリー

1 月前 - Julie D.

パリ滞在のすばらしい楽しみのひとつは、通りをブラブラして思わず小さな近所のベーカリーに入ること。食欲をそそる焼き立てのパンの匂いや、外はカリッ、中はとろけるこんがりと焼けたクロワッサンのバターの香りに引きつけられます。 パリのペーストリーやベーカリーは恐らく最も訪問される典型!2014年まで、どのベーカリーが7月に休暇を取るか、どのベーカリーが8月に休業許可があるかという決定権は県にあったことを知っていましたか?多種多彩な罰の下で不可侵の杖なく、フランス人、さらにパリジャンを去る方法はありません… 美しい軽い伝統的なバゲットをかぶりつく、またはシンプルながらもすばらしいペーストリーを楽しむことはなんて素敵なんでしょう!- 新しいファッションストアからではなく、ミニマリストの見た目がアートギャラリーに感化される場所:このシックな場所では、目と味蕾と同じぐらいに洗練されたごちそうを味わえます。 パリのベスト・ペーストリーを数件紹介しましょう… まさにパリ風:Boulangerie Alexine 小さな近郊のベーカリーから始めましょう。通りの角に良きせぬ時に発見するようなベーカリーです。古風な方法で、AlexineベーカリーにはFacebookもウェブサイトもなく、ソーシャルネットワークの手助けなしで評判が作られています!おいしいパンやおいしいペーストリーの好きな人から高く評価されていて、いつでも満員です。 発見されるためには、誰がすばらしいパン作りで満足させて、誰がその場所での注目を見つけ出すかというパリのベーカリーのノスタルジックな喜びを見つけることです。 Alexine bakery - 40 rue Lepic, 75018 – メトロ アベス駅 一番のライジングサン:パティスリー・サダハル・アオキ 誰が信じたでしょう?日本のペーストリーシェフがフランス人 - そしてサダハル・青木のパリのショップへ長旅をしてやって来るその他すべてのファンを魅了しました。ショップは禅の見た目があり、美しいキャンディやケーキをうっとりと眺めることができます。「メイクアップ」というニックネームのチョコレートは色で慎重にアレンジされた小さなスティックの形です。食べるのがもったいなくて、眺めるだけの人もいます。ずらっと並んでいて見るだけでも楽しいです。 ケーキを無視することはできません:完璧な三角形が驚きの色合いを一層引き立てています。抹茶はスポットライトにあって、オリジナルの創作に滑らかなパウダーの味わいを添えています。極東のペーストリーの別の材料もあります。小豆がケーキ、タルト、ミルフィーユの中に入っていて、フランス菓子への取り入れ方を心得ています。 ペーストリー・サダハル・アオキ - 35 rue de Vaugirard, 75006 – メトロ レンヌ駅またはサン・プラシード駅 - その他のショップ: 56 boulevard de Port-Royal, 75005; 25 rue Pérignon, 75015; 103 rue Saint Dominique, 75007 - 月曜・祝祭日定休日、火曜~土曜 11 ~19時、日曜 10~18時 最もノルマン風:Aux péchés normands フランスのペーストリーにはバターが必要。たっぷり、たくさんのバター。バターがなければ、クロワッサン、ブリオッシュ、楽しみがありません:ノルマンディのサインの下のベーカリーとペーストリーは幸先の良いもの… パリの伝統的なベーカリーは美しい古風なセッティングのノスタルジックな雰囲気を楽しませてくれます。ミルフィーユ、ペーストリー、フォンダンクロワッサン(もちろんバターたっぷり!)に大喜び。正午にランチのために立ち寄ることもできます。大きなバゲットサンドイッチやキッシュ(チキン、ほうれん草サーモン)があり、もちろん、空腹でなくてもかじれるフィセル・オ・ゾリーブのようなパンがあります。 グルテンフリーのパンやペーストリーの種類が豊富です。 Aux péchés normands - 9, rue du Faubourg du Temple, 75010 – メトロ レピュブリック駅 - 月曜~金曜 午前6時~午後8時。土曜・日曜定休日 最もブルトン:メゾン・ジョルジュ・レルニコル ブルトンバターはノルマンバターと同じぐらい価値があることは認めなくてはなりません… 競争は非宗教的で、勝者を明確にすることは難しいことです!ノルマンバターを使ってとてもおいしいクロワッサンを作ると、ブルトンバターを使うのはケーキだけになります:クイニーアマン。外側がカリッとして、中がふんわりとしたこのおいしさをまだ知らない人にはとてもラッキー。ここで初めて味わうことができるのですから! ジョルジュ・レルニコルが名物を作りました。小さな形で「クイニェット」と名前を変えたクイニーアマンはペーストリーの流行としてすぐにマカロンを押し退けるでしょう。クイニェットは甘かったり、塩味だったり、たくさんのフレーバーがあります:オレンジ、ラズベリー、ピスタチオ、ラムレーズン – そしてもちろん塩バターキャラメル。 しかし、リヴォリ通り店はグルメのパラダイスでもあります。セルフサービスのチョコレートであふれた引き出しが無限にあります。チョコレートの大胆な創作は言うまでもなく、エジプトのスフィンクス、ゴシック教会は最小のガーゴイルを再現していて、ドラゴンは実物よりももっとリアルです。 ジョルジュ・レルニコル・ハウス 14 rue de Rivoli, 75004 – メトロ サン・ポール駅 - 132 Bd Saint-Germain, 75006 – メトロ マビヨン駅またはオデオン駅 - 7 rue de Steinkerque, 75018 – メトロアンベルス駅またはアベス駅 最高のメレンゲ菓子:オウ・メルヴェイユ・ドゥ・フレッド こちらは別の地域の名産物:ブルトンでもノルマンでもなく、メルヴェイユは北フランスやフランダースのペーストリー。カリカリッとしたメレンゲに生クリームを載せてキャラメルチップ、プラリネ、チョコレートに巻かれています。よだれが出るのを止めることはができません… フェデリック・ボーカンがメルヴェイユを作り、その質に妥協しません。パリのペーストリーショップにはベルギーやフランダースのおいしいクラミック、レーズンブリオッシュもあります。 メルヴェイユはとても人気なことにご注意ください。長打の列を避けるために週末にパリのこのショップに行くのは避けましょう。 オウ・メルヴェイユ・ドゥ・フレッド - 24 Rue du Pont Louis Philippe, 75004 – メトロ サンポール駅 - 別にパリに数店舗構えています、ウェブサイトをご覧ください。 最もベル=エポック:オ・プティ・ヴェルサイユ・ドュ・マレ 時代のセッティングがあるパリのすばらしいベーカリー:我々のすべての望みは満たされること!マレではベーカリーは1860年から存在します。どこを見ていいのか分かりません。露店は魅力的ですが、ガラスのタイルに絵画が飾ってある時代の天井は美しいものです。 このプティ・ヴェルサイユの長はフランス最高のワーカーであるChristian Vabret。クリスピーなバゲットでも抜群のピスタチオクロワッサンでもクオリティがそこで待ち構えています。 オ・プティ・ヴェルサイユ・ドュ・マレ - 27 rue François Miron, 75004 – メトロ サン・ポール駅 - 月曜~土曜 午前7時~午後8時、日曜定休日

さらに読む
クロワッサンとペーストリー:パリのベスト・ベーカリー

クロワッサンとペーストリー:パリのベスト・ベーカリー

グルメ

パリでブランチをする場所:首都最高のブランチの場所

1 月前 - Julie D.

パリのどこでブランチをしますか?日曜のメガ・ブレックファスト、アメリカの発明は大西洋を渡って長く経ち、パリジャンの習慣にうまく確立されました。実際にもっと喜ばしいことに、「パリジャン」の半狂乱の週の後は、寝坊して首都最高のブランチのひとつを楽しんではいかがでしょうか? 時間を取って温かいコーヒーをすすり、しぼりたてのオレンジジュースで味蕾を目覚めさせる…そしてアボカドトーストやエッグベネディクトの助けを借りてアメリカ時間で落ち着きましょう。食欲を失くすベーコンの山や底なしのミューズリには戻りません。 それからは小さなカクテル、ミモザ、ベリーニ、グラス1杯のシャンパンを飲むことを大目に見ましょう。結局、日曜日です。少しぐらい楽しまなくては! パリのブランチに、パリジャンが認めた5つの素晴らしい場所の概要 日本風のブランチ:キヌガワ 日本食は「朝食」向け?いいですよね!伝統的なブランチにはトーストやスモークサーモンマフィンは必須ですが、おいしいお刺身を入れて、コンセプトを広げましょう。日曜には、キヌガワ・ヴァンドームではよだれが出そうなブランチ弁当を提供していています。 レストランは建築家のジルとボアシェが巧みに装飾し、禅が漂い、洗練されたミニマニズム。細板の壁のダークウッドは日本の障子の家を思い出させ、ブロンドウッドのベンチには洗練された共鳴があります。 この癒しのセッティングで落ち着いて、オリジナルの料理を堪能します。ハマチの柚子ソースカルパッチョ、照り焼きソースのビーフフィレ、うなぎのお寿司。 キヌガワ・ヴァンドーム - 9, rue du Mont Thabor, 75001 パリ - Tel. : 01 42 60 65 07 – メトロ テュイルリー駅 - 日曜はブランチのみ 正午~午後2:30、レストランは毎日営業 12時~14:30、19:30~23時。 ブランチ グルテンフリー:ビオ・スフェール・カフェ 残念ながらバゲットをかじる、またはクロワッサンを楽しめずにパリ訪問を決定しなければならないと考えた人に:ビオ・スフェール・カフェは絶対に全くグルテンフリーの救世主。 女主人のシルヴィは常習的な完全主義者。最高の人たち(ラデュレとアンジュリナ)の中で訓練し、コーヒーに取り入れる前に何か月もの間、レシピに取り組む。彼女はグルテンにアレルギーはないが、グルテンなしで再現しようとする最高のパンとペーストリーの味わいを参照として維持しています。結果はフワフワのパンとこんがりと焼けたクロワッサンの出来上がり。もう束縛されているように感じません! コーヒーは小さく、品質への配慮はすばらしく、場所の名声は確固たるものであることに気をつけましょう:これがサンデーブランチの予約が欠かせない理由です。シルヴィのクロワッサンが楽しめるのはブランチだけ…ブランチは「決まったメニュー」方式を取り入れています。塩気のあるプレート、甘い物のプレート、フルーツジュース、ホットドリンクです。 ビオ・スフェール・カフェ、グルテンフリーのペーストリー 7, rue de Laborde 75008 Paris - Tel.: 01 42 93 45 58 – メトロ サントーギュスタン駅またはミロメニル駅 - 日曜のブランチ 午前11:30~午後3時、予約のみ。ペーストリー・ティールームの営業時間は月曜~金曜 正午~午後6時、土曜 正午~午後10時 – 閉店1時間前にサービス停止します。 ニューヨークスタイルのブランチ:ジョー・アレン 1972年以来、ジョー・アレンはニューヨークのブランチのカラーを作ってきました。アメリカ料理にまだあまり馴染みのないフランス人にハンバーガーを提供した最初の人のひとりでした。そして現在に至っています。アートのルールで伝統的なブランチを楽しみたい場合には、もちろんレアールへ行きましょう。 スクランブルやベネディクトなどのすべての形の卵料理、パストラミサンドイッチ、ラベルルージュ・チーズバーガー、伝統的なバターミルクパンケーキ、すべて揃っています。ニューヨークスタイルのチーズケーキは厳密に言えばブランチメニューではありませんが、デザートメニューで目を細めることは禁じられていません… ジョー・アレン - 30, rue Pierre Lescot 75001 Paris - Tel.: 01 42 36 70 13 – メトロ エティエンヌ・マルセル駅 - 日曜のブランチ 11~16時、土曜のブランチ 12~16時 - レストランの営業は月曜~水曜は正午~午前0:30、木曜~土曜は正午~午前1時、日曜は午前11時~午前0:30。 美術館のブランチ:ムッシュー・ブル・オ・パレ・ド・トーキョー レストラン、ムッシュー・ブル・オ・パレ・ド・トーキョーではミモザ、ブラッディマリー、ベリーイン、シャンパンがブランチメニューを導いています。しかし「ヘルシー」なジュースは除外されていません:良心を取り入れて、カクテル デトックス・ケール、セロリ、アップル、レモンやクラシック:キャロットジンジャーを注文することもできます。 残りのブランチメニューに失望しません:その名に恥じないブランチを促進するすべてを見つけることができます。ベーコンチーズバーガー、アボカドトースト、スモークサーモン、パンケーキ、フレンチトースト、ベネディクトエッグ。数枚のサラダの葉っぱで満足するようなコンテンポラリーアート美術館ではない(お好きなものを!)ことに安心します。 しかし創造物の最高の場所のひとつにいるので、クラシックに限定されません。ココナッツ・キューカンバー・パッション・シーブリーム・セビチェやトリュフパスタグラタン(アメリカ料理好きな方は、この偽名で有名なマカロニ&チーズを認識するでしょう)にも誘惑されましょう。 ムッシュー・ブル, オ・パレ・ド・トーキョー - New York Avenue 75116 Paris - アルマ・マルソー駅 - Tel.: 01 47 20 90 47 - 土曜・日曜のブランチ 正午~16時、レストランは毎日営業。ランチは正午~14:30。夜は19~23時。 アルザスタッチのブランチ:カフェ・ミラベル カフェ・ミラベルではペーストリーシェフのMarion Goettléが親しみやすいくつろげるセッティングで務めています:外観をリフレッシュさせた古いパリ風カフェ。アルザスで最高のスターレストラン数件で勤めた後、現在ではすばらしい料理を作ります - エピックブランチ。 少し判定しましょう:アペリティフとしてカクテルの後にはグアンチャーレまたはスモークサーモン付きスクランブルエッグ、それから手作りペーストリーの後にthe granola and the invigorating bettelmann with quetschesが続きます。 冬の寒い日なれば、豊富なブランチを楽しんで暖炉の横で温まりましょう… カフェ・ミラベル -  16, rue de la Vaquerie 75011 Paris – メトロ ヴォルテール駅またはフィリップ・オーギュスト駅 - Tel.: 01 43 79 27 46 – ブランチ土曜・日曜 11~16時。ティールーム・ペーストリーショップは、水曜~金曜は午前8時~午後6時。土曜・日曜は午前9時~午後6時。

さらに読む
パリでブランチをする場所:首都最高のブランチの場所

パリでブランチをする場所:首都最高のブランチの場所

ライフスタイル

映画好きな人のためのカルチェ・ラタンの映画館5件

3 月前 - Julie D.

 カルチェ・ラタンに映画館が多い理由は?  カルチェ・ラタンは、地域と異なっています:5、6区ほぼ全域に広がっています。1250年のソルボンヌ大学の設立以来、大学の歴史ある地域は、今日でもパリの学生の生活の活気あふれる中心地です。 映画好きな人の歴史的なホールに加えて、1960年代にはカルチェ・ラタンに映画館が数件開き、一部は20世紀初期まで営業していました。May 68に従った知識人の騒動で、映画館はただの娯楽ではなく本物の芸術として、そして、ニューウェーブの名声でサーフィンをして社会観察や転換の方法としてよく見られるようになりました。 シネマ・アートハウス、作家の映画、委託映画:ボヘミアンな知識人と芸術の中心の中核であるカルチェ・ラタンはもっと問いかけます。事実は言うまでもなく、もっと単調で、学生は授業の合間 ― または授業をさぼる時に空き時間があります… そこで、学生の道のりを通って暗い教室を散歩して、カルチェ・ラタンの精神が何であるかを大きなスクリーンで発見しましょう! シャンポ シャンポは、これ以上の紹介が必要ないほど、シャンポリオン通りとエコル通りの角に堂々と建っています。1938年にオープンし、火事から助かって、大動員が救う前には閉鎖の危機がありました。1938年にパリ市議会が映画館と元の外観を作り、保護のために史跡として分類されています。 1941年の火事は、独創的な発明の場所でもありました:「レトロ反射作用」は、スクリーンに反射される鏡の上の画像を企画する潜望鏡を使用します。このプロセスはとても小さな部屋でも映画企画を可能にしますが、恐らく「反射」の起源で、シャンポリオン通りの別の映画館の名前、「ルフレ・メディスィ」と、現在ではパンテノンのフィルム・ライブラリーに生まれ変わった「シネルフレ」書店の名前で見つけます。 シャンポは映画製作者の映画館で、ニューウェーブの殿堂です:フランソワ・トリュフォーはそこで終日過ごしたことを認めました。あっという間に7番目の芸術の聖人となったこの小さな映画館によく来たのはトリュフォーだけではありません:ルルーシュ、ゴダール、シャブロルは常連でした。 シャンポは、作家や動向に忠実な主要な回顧のサイクルを好み、同じテーマの映画が夜中から夜明けまで続けて放映される「シャンポ・ナイト」を開催します。 ル・シャンポ -  51, rue des Ecoles, 75005 – メトロ クリュニー・ラ・ソルボンヌ駅またはモーベル・ミュチュアリテ駅、もしくはRERリュクサンブール駅 カルチェ・ラタンのフィルモテック クエンティン・タランティーノは、パリに来るたびに、カルチェ・ラタンのフィルモテックに来るというウワサがあります…アメリカの監督は、変装のギフトがあるに違いありません。だってその大きなサイズでは匿名が容易ではありませんから! マリリン・モンローとオードリー・ヘプバーンのサインの下に2つのくつろげる部屋があり、知識人の近郊の従来のスクリーンを存分楽しめます:作家の映画、すばらしい監督の回顧、あまり知られていない映画のフェスティバル、トルコ映画、クルド映画、ハンガリー・レバノン・フィンランド・ウクライナの映画。折衷主義は合言葉で、多様な時代やジャンルの映画を上映します。でも、遅刻して来る人はご注意:広告の間にそっと到着できるとは覆わないでください。フィルム・ライブラリーでは何もありませんよ! カルチェ・ラタンのラ・フィルモテック- 9, rue Champollion, 75005 - メトロ クリュニー・ラ・ソルボンヌ駅またはモーベル・ミュチュアリテ駅、またはRERリュクサンブール駅 ルフレ・メディスィス 1964年にオープンした旧劇場のルフレ・メディスィスは、カルチェ・ラタン最古の映画館のひとつです。シャンポやフィルモテックのように、シャンポリオン通りにあるので、授業の合間に時間を潰しにやって来るソルボンヌ大学の学生の隠れ家にもなっています。映画館には部屋が3つあります:メディスィ3では、まだ夜型の人の劇場だった時代のマルチカラーのステンドグラスの窓を見逃さないようにしましょう。 芸術の部屋の厳格さのために、映画はオリジナルの言語で上映され、監督やチームと一緒に討論や会合に言及せずにすばらしい監督に向けての特別な回顧があります。ルフレ・メディスィスはフェスティバルも主催します:ポーランド映画フェスティバル、Cinerilフェスティバル、映画フェスティバル - アムネスティ・インターナショナルと人権。毎年、カンヌ映画祭が終わると、ルフレ・メディスィスで、まだあまり知られていない監督を発見できる「ある視点」セレクションを見つけます。 逆に、ルフレはシンプルでなじみやすい学生のカフェです。セッションの前または後に、ルフレに来て世界を再現して、自尊心のあるパリの学生のようにビールをすすります。 ルフレ・メディスィス3, rue Champollion, 75005 - メトロ クリュニー・ラ・ソルボンヌ駅またはモーベル・ミュチュアリテ駅、またはRERリュクサンブール駅 エスパス・サン=ミシェル カルチェ・ラタンの映画館の古参、エスパス・サン=ミシェルは1911年以来、映写室として運営しています。レスパス・サン=ミシェルは、フランス、外国人作家による映画に最高位を与えており、近郊の他の映画館がすばらしいクラッシックを奨励しています。レスパス・サン=ミシェルは、新人の導入も求めています。 ここでも、映画ファンの間で長くてクレイジーな会話を促すようにすべて行われます。Les Affichesバーレストランはフレスコや映画の写真、映画コレクションの一部のオリジナルポスターへのその名前に「50年代」の特徴があります。 最後に、「クラブ」は地下の奥まった場所に隠れた心地よいスペースです:映画に行く人や映画の人の間の会合を歓迎します。討論の間、撮影中の上映やショートフィルムに。 エスパス・サン=ミシェル - 7, place Saint-Michel, 75005 – メトロ サン=ミシェル=ノートルダム駅 シネマ・ラ・シェフ –リュザージュ・デュ・モンド モンターニュ=サント=ジュヌヴィエーヴの反対側にあるシネマ・ラ・シェフはソルボンヌ大学の活動範囲ではありませんが、カルチェ・ラタンにかなりまだ定着しています:サンシエ通りのソルボンヌ・ヌーヴェル大学が近くにあります。 鍵はオリジナルの物語があります。近郊の最も「Mai 68」映画かもしれません:1969年に設立され、開設したばかりの真新しい大学から生徒が参加しました。1970年代には、独立系映画と上映が続きますが、映画室は1980年代には低迷しました。1990年代には、アフリカ人とアフロアメリカン映画の財産をすべて促進するためにImages d'Ailleursの名の元で、アフリカの映画製作者が引き継ぎ、フランスはその後に活気を発見しました。 現在では、ラ・シェフはパリで唯一の連合の映画館で、世界中の映画を上映して確約した精神を持ち続けています。特によそではなかなか見られない映画や現代社会の社会・環境問題を反映した映画を上映しています。 ラ・シェフ - リュザージュ・デュ・モンド - 34, rue Daubenton, 75005 – メトロサンシエ=ドバントン駅  

さらに読む
映画好きな人のためのカルチェ・ラタンの映画館5件

映画好きな人のためのカルチェ・ラタンの映画館5件

すべてのニュースを見る