パリ旅行者向け短期賃貸アパートの紹介


Hometownのコンセプト

Hometownはパリ旅行者向け短期賃貸アパートを提供しております。パリ中心で素敵なアパルトマンを賃貸しながら、ホテルのサービスをお楽しみいただけます。
 

パリでアパートを賃貸

全てのアパートは有名街に位置しており、地区によりエッフェル塔、サクレ・クール、またはノートルダム教会などまでは歩いていくことができます。各アパートのインテリアは有名な建築家からデザインされており、パリらしいパリジャン雰囲気でごゆっくりお過ごしいただけます。
 

Hometownのパリアパルトマン 

パリの地図上にある青い印がアパートの所在地です。
印をクリックして頂きますと、アパートの内部写真がご覧になれます。
こちらの素敵なパリジャンアパルトマンでお待ちいたしております。忘れられないすばらしい思い出を作っていただけることでしょう。
Opéra Garnier

パリ, 2e


Opéra Garnier

""

パリ, 2e
Square Emile Chautemps

パリ, 2e


Square Emile Chautemps

""

パリ, 2e
Centre Beaubourg

パリ, 3e


Centre Beaubourg

""

パリ, 3e
Hôtel des Invalides

パリ, 7e


Hôtel des Invalides

""

パリ, 7e
Jardins du Trocadéro

パリ, 16e


Jardins du Trocadéro

""

パリ, 16e
Notre Dame de Paris

パリ, 5e


Notre Dame de Paris

""

パリ, 5e
Place du Tertre

パリ, 18e


Place du Tertre

""

パリ, 18e
Village Saint Paul

パリ, 4e


Village Saint Paul

""

パリ, 4e
Arènes de Lutèce

パリ, 5e


Arènes de Lutèce

""

パリ, 5e
Champs Elysées

パリ, 17e


Champs Elysées

""

パリ, 17e

最新ニュース


HomeTown ブログはパリ、そのニュース、文化、アクティビティ、そしてもちろんパリに住む人々に関する記事のセレクションを提供します。

ナイトライフ

パリの中心で夜に侵入

2 月前 - Pauline P.

熟練の宵っぱりさん、観光客が寝ていて通りが静まり返っている時にパリを発見するという夢がありますか?建物に影を落として、神秘的な見た目を与える暗闇に魅惑されますか?それなら、夕暮れにドアを開く私たちの最高のモニュメントと変わった場所についてきましょう。 サクレ・クール寺院 モンマルトルにそびえ立つサクレ・クール寺院は、パリのノートルダムに次いでフランスで二番目に最も訪問されるカトリックの建物。絶えず朝6時から夜10時半まで開いていて、白い丸天井とインテリアのフレスコ画は、光によって夕方に大きく見えます。夜に聖堂を訪問すると、眠っていても輝く首都の桁外れの全景を楽しめるでしょう。カトリック教徒の方は、サクレ・クールの聖堂は、続ける祈りのリレー経由で出入りすることもできます。聖堂内の受付に収容される忠実な信者は次から次へと夜中に祈るために続きます。 ルーヴル美術館 違う角度からルーヴル美術館の名作を発見するためには、水曜と金曜の夜の夜間開催を活用しましょう:新しいガイドツアーが準備されていて、最適な状態の元でコレクションを見ることができます。 夜のセーヌ川 川船クルーズが首都のどの訪問にもクラシックなもののひとつならば、夜にパリをクルージングすると、橋やイルミネーションが施されたモニュメントがある都市の違う外観を提供します。パリは巨大なシネマの装飾の面を持っています。 パリの at the time of crime 暗い小道、陰気な広場、狂暴な通り。「Paris à pas contés」が開催する夜間ツアーの間にパリの別の顔を発見しましょう:犯罪のパリ。このオリジナルの恐ろしいガイドツアーでは、天空下のルーヴル、シャトレ、シテ島の近郊に感服させてくれて、忘れられたあさましい事実を発見させてくれます。 ランジスの国際市場 フランスの美食を愛する人にとって、ランジス市場はパラダイス。こんなに幅広い新鮮な生産物を提供できる世界唯一の市場です:魚、肉、乳製品、チーズ、果物、野菜、切り花、市場のエリアの230ヘクタールの所からすべて毎日トラックで運ばれます。ランジスでは、毎年食物だけで150万トン、そして3,200万の花が切られます。このとても特別で専門的な世界は、現在では朝5時に開始する訪問のために一般の人々にもドアを開いています:肉、乳製品、果物、野菜、切り花の大型テントを訪ねて、元気づけるブランチでしっかり浸かって仕上げましょう。独特な体験! パリの大学都市 パリの大学都市は見る価値がある、知られていない場所のひとつ。世界のさまざまな場所からやってくる生徒を歓迎するこれらの大学の住宅のお陰で、首都に招待されてきた全世界です。スウェーデン、日本、アルゼンチン、インド…パビリオンは楽しい建築の融合と共にやってきます。一部の家はル・コルビジェやジャン・プルーヴェといった著名な建築家が建てて仕上げました。都市は、昼も夜もガイドツアーを準備しています。夜の暗闇のおかげで、一部の家の正面に作られた工夫は、著名なアーティスト、以前の居住者、そうでない人の歴史を発見ように誘い込み、その作品は場所のヒューマニストの精神をなおもはぐくみます。サンゴール、サルガド、コルタサル、日本の画家である藤田嗣治と会いながら。

さらに読む
パリの中心で夜に侵入
ニュース

年末のお祝いのパリのマジカルな雰囲気

2 月前 - Pauline P.

年末のお祝いが近づいていて、首都はきれいに飾られています。もっとマジカルなすばらしいクリスマスのためにパリが提供すべきものを発見しましょう。 夢のようなイルミネーション 光の都市は年末にはもっとその名前にふさわしくなります。日暮れ時に散策するとマジカルな旅へと連れて行ってくれます。私たちの魅力的な旅程に従いましょう: 大通りから歩きます:ギャラリー・ラファイエットのデパートメントストアとプランタンは、毎年、イルミネーションを施した正面と何百ものあやつり人形とロボットをディスプレイした窓で、老若問わずに何人も驚かせます。本物のアートワークである20メートルの高さのクリスマスツリーがあるので、ギャラリー・ラファイエットの中を見逃さないようにしましょう。 贅沢な仕出し屋がお祝いのごちそうを並べて競っているトロンシェ通りからマドレーヌ広場まで下りましょう。 マドレーヌ寺院を後にした後は、ロワイヤル通りを進み、贅沢なブティックがあるイルミネーションが施された小さな通り「ビレッジ・ローヤル」を逃さないようにしましょう。 さらに下ると、上からパリを発見してもらうために、観覧車があなたを待っている有名な「コンコルド広場」に到着します。シャンゼリゼ、チュイルリー、ルーブルの全景はすばらしいのですが、上に上がるととても寒いのでしっかり防寒対策をして行きましょう! 散歩はシャンゼリゼ通りの大きなクリスマスマーケットで締めくくって、世界で最も美しい通りのイルミネーションを眺めましょう。 クラシックな旅程ですが、クリスマスの最高のパリジャンの精神を見つけることができるものです。 お祝いの博物館 ホリデーシーズンに逃したくないふたつのイベント グラン・パレの身廊は、毎年桁外れなイベントを開催します。2年のうち、一度は屋根付きの楽しいフェアへと変わります。大観覧車、メリーゴーランド、その他のアイコン的な乗り物は、建築の名作である有名なグラン・パレの天蓋の下で催されます。翌年には身廊は巨大なアイス・プレイス になり、世界う。最大の室内アイスリンクを主催します!夜間開催の間には、一段と魔法の楽しめるイベント… 2016 年 le Grand Palais des Glaces 12月14日~1月2日 すでに話しましたが、私たちはベルシー近くにあるミュゼ・デ・アート・フォランの大ファン。18世紀から今日に至るまでの壮大なアートコレクションが集まる唯一の機関は年末だけ。予約なしで、一般の人々に開かれています。別の時には乗り物に乗って家族と楽しみましょう… Festival du Merveilleux 2016年12月26日~2017年1月2日 おいしい贅沢な楽しみ 寒い中、長く歩いた後には、暖まるためにグルメブレイク以外はないですよね。瞳を喜ばせるためにパリの豪華な場所でおいしいティータイムを過ごせば、これらのすばらしい建物のお祭り気分でクラクラするでしょう。 ペニンシュラで:この豪華な場所のクラシックなティータイムは、休暇中は「クリスマス・ティータイム」に変わります。ジャズオーケストラと子供のコーラスがこのすばらしい贅沢で包み込むような時間に加わり、ミニャルディーズ(プチサイズのお菓子)、桁外れの素材、珍しいお茶はあなたの味蕾を喜ばせるでしょう。15~18時、おひとり様55ユーロです。 シャングリラで:100%ヴィーガンティーで100%おいしい。これはパリのシャングリラパレスのオリジナル。動物性たんぱく質は一切使用していませんが、味わいが口の中で弾けます。ペーストリー3つ、ビスケット、ミニサンドイッチにはディルマのスリランカティーがついています。15:30~17:30、おひとり様45ユーロです。 ブッダバーで:ミニトリュフバーガー、フォアグラケーキ、スモークサーモンブリオッシュ。これがクリスマスのティータイム用にブッダバーが提供する塩味の洗練されたエントリー。それから快適なバー、ル・キャトルの雰囲気の中で2種類から選べるおいしいペーストリーがあり、ホットドリンクが1杯ついています。日曜以外の毎日15~18時。おひとり様28ユーロ。

さらに読む
年末のお祝いのパリのマジカルな雰囲気
カルチャー & アート

パリ、キャバレーの首都

3 月前 - Pauline P.

 グラマーとお祭り的な精神のシンボルは、フランスの首都に結びついています。パリのキャバレーは、ここでは世界中の観光客の夢を叶えます。レビュー、バーレスク、サーカス、マジック…誰にでも何かがあります。共通点は:みんな一緒に楽しんで不思議で自分たちを満たす幸せ! パラディ・ラテン  最古のパリのキャバレー 1802年にナポレオン・ボナペルトに設立されたパラディ・ラテンは、当時首都で最も人気の場所でした。その歴史はパリの文化生活に密接に結びついています:多くのアーティスト、知識階級、政治家、ジャーナリストがそこに行きました。バルザック、デュマ父子、メリメも常連でしたが、パリの景色の象徴ギュスターヴ・エッフェルが火事の後にこのキャバレーを再建して、同時に 1889 国際博覧会のためにアイコン的なエッフェル塔を建てました。1894~1977年の長い期間の建物の閉鎖と放棄の後、パラディ・ラテンは再び生まれ変わって、音楽ホールのレビュー、曲を交えたショー、マジック、サーカスの芝居を開催しています。キャバレーはデビューの輝きを回復して、多くの観衆を以前よりも魅了しています… The Paradis Latin, 28 rue du Cardinal Lemoine 75005 Paris.食事は20時、ショーは21:30 ムーラン・ルージュ, ベル・エポックから今日まで モンマルトルの丘のふもとの19世紀終わりから祝賀とアートの場所であるムーラン・ルージュは、贅沢なマジックとサーカスのナンバーで1889年にショーを作り直しました。それからレビューがデビューし、フランスのシーン最高の有名人たちがムーラン・ルージュのステージで成功を始めて確立しています:グール、ミスタンゲット、モーリス・シュヴァリエ、後にエディット・ピアフ、イヴ・モンタン、シャルル・アズナヴール。このキャバレーはプライベートのショーにイギリス女王を迎え、ガラ・ソワレを増やして最高の海外スターを招待しました:ライザ・ミネリ、レイ・チャールズ、エルトン・ジョンはこの神話のシーンで演奏しました。現在に至るまで続いている神話には定期的に海外で制作するレビューと、絶えずなおもアイコンであるフレンチカンカンがあります。 The Moulin Rouge, 82 Boulevard de Clichy, 75018 Paris.食事は19時、ショーは21時または23時 リド, シャンゼリゼ通りのきらめきとグラマー 世界で最も美しい通りであるシャンゼリゼ通りには1946年にリドがオープンしました。それから贅沢な衣装とそこで上演する才能あるダンサーは世界中のすべての観客の目を奪っています。ブルーベルガールズ会社は本当の神話となりました:ダンサーたちは長い脚があって(ここで統一させるために身長が最低175㎝なければならない)、伝説的な優雅さがあり、毎晩桁外れの演出を提供します。200㎏の羽飾り、アイスシンク、1年に30万ボトルのシャンペン…リドはテンプル・オブ・エクセスで、すべての観客を喜ばせて驚かせます。 The Lido, 116 Avenue des Champs-Élysées, 75008 Paris。食事19時、ショーは21時または23時 クレージー・ホース, パリのストリップショーのグラマー シックなエロティシズムの本当の殿堂クレージー・ホースは50年代に作られ、キャバレーのジャンルを新しくして、磨かれて洗練された美学とストリップショーのアートを融合しました。まばゆいヒール、フリンジのついたウィッグ、大胆なつけまつ毛。クレージー・ホースのダンサーが影と光の雰囲気に引き込みます。ゲストスターが定期的に招待されて参加し、ショーをもっと忘れられないものにしてくれます。 The Crazy Horse, 12 Avenue George V, 75008 Paris 

さらに読む
パリ、キャバレーの首都
すべてのニュースを見る