パリ, 17e


Place des Ternes

ref. 117002

"界隈ではスリル、ロフトでは快適さとすばらしい優雅さ"

パリ, 17e

アパートメント Place des Ternes - パリ

  • 面積
  • ご利用人数
  • ダブルベッドルーム
  • シングルベッドルーム
  • 100 m²
  • 4
  • 2
  • 0
  • カテゴリー
  • バスルーム
  • トイレ
  • Luxury
  • 4 階
  • 1
  • 2

 アパートメント

テルヌス地区のパリで最もシックな界隈のひとつにあるこのパリ訪問向けの贅沢なロフトは旧作業場の特徴の上手い再利用を心得ていて、思い切りの良い、モダンな外観の魅力的なデュプレックスに変わりました。

下のフロアからアパートに入ると、広々としたリビングルームがあります。左側には、上階につながる階段の下の廊下がダイニング=キッチンにつながっていて、突き当たりにトイレがあります。

上階には寝室が2室と浴室があります。

リビングルームにはすばらしいコンテンポラリーな堂々とした暖炉があり、大きな中世の暖炉の大きさとうまくコントラストをなしています。豪華な金属の防火壁で装飾されています。暖炉の前にはグレーの色合いの快適なソファが2つ向き合って置いてあり、緑青を生じた美しいコーヒーテーブルが各側にあります。そこに心地よい分厚いカーペットが敷かれています。まるで芸術家のスタジオのように、鉄の棒で区切られたすべての高さの大きな窓を通じて、リビングルームには光が差し込みます。産業向けのデザインとタッチがあるボルトのついた金属の中にここで見つかる露出した梁の良さが分かるでしょう。

階段の下を進むと、ダイニング=キッチンがあります。リビングルームと同じようにブラウンとグレーの色調のエレガントな部屋になっています。キッチンはフル装備。リビングルームのコーヒーテーブルのように、ダイニングルームのテーブルは厚い木材で作られていて、美しい縞模様があります。テーブルの上の部分には、見てわかるフィラメントのエジソン電球のオリジナルのサスペンションがあって、シックな産業の世界を思い出させますが、このパリ訪問向けの贅沢なロフトにうまく調和しています。

上階に行くための穴が貫通した金属の手すりの階段は、製造工場を想起させます。階段ホールの吊るされた球の照明器具が丸っこい形で全体を柔らかい雰囲気にしています。

上階にはうれしいサプライズが。階段上の右側には最初のダブルベッドルームがあります。壮大なガラスの屋根のおかげで光がフロアに入り込みます。パリでは珍しく、それで広々とした空をじっくり眺めて、夢に誘い込んでくれます。この部屋の横では、壁沿いに2つの窓でさらに補強されていて、ひとつは踊り場、もうひとつは下にリビングルームを見渡すことができます。厚い露出した梁は木製でより温かい雰囲気を醸し出しています。

とてもホッコリとした2番目のダブルベッドルームには大きなベルックスの窓があって、タイルの間の木製のデバイダーがあるオリジナルの横長の天蓋で踊り場と仕切られています。ここでもボルト留めされた目立つ金属の梁があります。

最後に、屋根の下の浴室はマーブルプリントのブラウンとグレーの美しい色合いで落ち着いた雰囲気を深めています。シャワーとバスが備わっています。

寝室 & 浴室

このパリ訪問向けの贅沢なロフトに備わっているもの:

  • ダブルベッド(160 x 200)付きの寝室 2室
  • シャワーと浴槽付きの独立した浴室 1室
  • 上階の浴室にあるトイレ 1つ
  • 下階にある独立したトイレ 1つ

近郊

このパリ訪問向けの贅沢なロフトの地区は19世紀以降、首都の最もエグゼクティブな界隈のひとつ。アパートメントに細心に維持されている産業デザインは17区のこの分野の歴史とうまく一致していますが、建物は、1887~1889年に自身の名前を付けられた有名な塔の建設向けにギュスターヴ・エッフェル自身が作業員の住居として建てたものです。

実際に、複数の車メーカー、車体メーカー、馬具製造業者は20世紀初旬に自動車の歴史のまさに初期段階に定住したのはこのセクターにあります。現在でも、Charles Pozzi(フェラーリとマセラティのディーラー)やNeubauer(ジャガー)などの複数のラグジュアリーカー・ディーラーがグーヴィオン=サン=シール大通り沿いにあります。

大通りには、ナポレオン皇帝下の法務官、ローラン・グーヴィオン=サン=シールという名前がつけられています。ロシア戦闘の間に、法務官の杖を手に入れました。

このパリ訪問向けの贅沢なロフトに面する通りを快適に歩きましょう:長い間、その華やかさで知られているプレーヌ・モンソー。19世紀に建てられた豪華なマンションに複数の有名人が住んでいます。例えば、rue Fortuny8、9番地のパリ風のマンションの正面を眺めることができます。この通りにはしばらくの間、エドモンド・ロスタン、サラ・ベルナール、マルセル・パニョルが住んでいました。

Rue Bayenには小さな木陰のある広場があって、緑を楽しむことができます:青いスギ、カバノキ、球果植物、花壇があるSquare Olave and Robert Baden Powellは、ちょっとした休憩や美しい日にピクニックをする完璧な場所になっています。広場はスカウティングの設立者に敬意を払って最近名づけられました。

ヴィラール大通りにあるJean-Jacques Henner Museumを見逃すことはできません。美術館は19世紀のフランス人画家の作品に力を入れていて、モンソー公園北のすばらしい建物にあります。

このパリ訪問向けの贅沢なロフトの地域は洗練されたレストランも多数あります。

ヘリオポリス通りにあるイタリアンレストラン・ダ・ウゴは長年にわたって常連客がいて、褪せることなく、主にカリブ海の家庭料理で成功しています。反対側の食事ところにはDSカフェがあり、「ヘルシーでグルメな食堂」があり、「スーパーフード」ファンに多数のベジタリアンやヴィーガン/ヴィーガン食のオプションを提供しています。

シックでコンテンポラリーなセッティングには、グーヴィオン=サン=シール大通りのル・モンテクリストがパリのブラスリーの伝統で洗練された料理を提供しています:鯛、アンコウ、サーモンステーキ、ラム、グリルビーフ、自信を持って作ったすばらしいクラシックをここで見つけることができます。レストランの下では14~21時にティ=フーカールームがオープンしています。

最後は、ルヌキャン通りのメゾン・ロスタン。最高のシェフの料理を味わいましょう:foie gras de canard poché dans un consommé corsé、homard bleu confit dans un beurre noisette、そしてデザートにはハバナたばこで作られたクリスピーなシガーやヘネシーコニャック・ムース。すべて斬新です。 

場所&アクセス


Access & Interests

輸送機関 距離 ラインの番号
メトロ(地下鉄) 4 分 Porte de Champerret 3
  7 分 Porte Maillot 1
  10 分 Ternes 2
RER (パリ高速鉄道) 11 分 Porte Maillot C
バス 1 分 Porte de Villiers PC1, PC3
  6 分 Pereire - Porte Maillot 43
  6 分 L'Yser et la Somme 93, 163, 164

サービス


こちらのアパートでは以下の電化製品やサービスを取り扱っております。 :

装備

  • エアコンのリモコン (2)
  • ステレオ (6)
  • テレビ (2)
  • ブルーレイプレーヤー (2)
  • 扇風機 (2)
  • 乾燥機能つき洗濯機 (1)
  • べビーベッド (1)
  • アイロン (1)
  • アイロン台 (1)
  • 掃除機 (1)
  • 冷蔵庫 (1)
  • 食器洗い機60センチ (1)
  • 2口ハロゲンレンジ (1)
  • ガスクッカー(コンロとオーブン) (1)
  • 電子レンジ (1)
  • 電動コーヒーメーカー (1)
  • ネスプレッソマシーン (1)
  • やかん (1)
  • トースター (1)
  • ヘアドライヤー (1)
  • タオルヒーター (1)

サービス

  • ベッドルーム数 (2)
  • バスルーム数 (1)
  • トイレ数 (2)
  • 電話 (1)
  • WIFIインターネット (1)
  • エアコン (1)

料金/空室状況


ご到着日を選ぶ ご出発美を選ぶ お客様のご滞在



Step 1 Step 2 お客様のご料金

ご到着日を選ぶ ご出発美を選ぶ からまで

-宿泊費
-一泊の平均額

評価


アパートの平均的な評価

8

を基にした 1 レビュー

評価: 1
並び替える